2012年 05月 26日

百年一日

逃避癖がさらに悪化してきた結果,ネットサーフィンに割く時間が増えているのですが,
西条公威女史が断筆宣言をしてサイトを閉鎖しているのを発見し,正直驚いています。
過去に一時閉鎖された際には無事再開されましたので,今回も再開を祈るばかりです。


西条公威女史の作品については,その見かけの強烈さから魅力を語るのが容易でなく,
また残念ながら広範な同意を得られるものではないであろうことも明らかであったため,
文章にするのを先送りにしていたのですが,これを機に少しまとめてみたいと思います。

一般的な評としては,彼女の作品はは「痛い」との括りで語られる事が多いと思いますし,
決して間違いではないのですが,これだけでは西条作品の特質を捉えたことにはならず,
むしろ「痛い」とされる他の作品と共通性があるという誤解を招いてしまうように感じます。

欲望・衝動・暴力を,真正面から,しかし一歩突き放して(濃密だがどこか冷やかに)描く,
独特な鋭利さと,男性向けエロにも近いリアルな不品行の描写とが絶妙に溶け合う共存。
登場人物達がその情動にどこまでも忠実でありながら,自らがタブーを犯している事実を
厳然と自認している(諦念または罪悪感)ために生まれる,独特の緊張感,背徳感と高揚。
全ての要素が強烈なパンチ力をもって読者に迫り,「痛み」を感じさせるのだと思うのです。

別な面から見れば,キャラの設定,世界観,描写(特にエロ)において,手加減することなく
書きたい/書くべきものを書いている訳ですから,読者を選ぶのは間違いないでしょう。
(だからといって高尚だと言うつもりはありません。むしろ一面で下品であるとも言えますし)
私自身,高校生のときに初読した際には全く作風を受け付けなかったのも事実です。


よく比較に挙げられる(西条女史は不満だそうで)のが木原音瀬,榎田尤利の両名ですが,
私の読んだ作品を見る限り,西条作品とは目指すものが全く違っていることは明らかです。
両名の作品中の価値観等は,あくまで「こちら側の常識」に基づく画一的なものに過ぎない
見世物主義であり,「異常」「禁忌」を当事者として内側から描いたものではないですから。

個人的な感覚ですが,榎田作品でも「痛さ」はキャラクターをテンプレから脱出させるため,
そしてその葛藤等を描くことで話に一応の深みがあるよう錯覚させるためのものでしょうし,
初期を除く木原作品に至っては,奇矯で歪んだキャラクターが理不尽な言動を取ることが
むしろ「売り」になってしまっている(主客が転倒している)ように思えてならなかったので。

(とはいえ,榎田作品は『永遠の昨日』で食傷気味になり避け始め,ジャンルで買ってみた
 『Largo』も違和感が拭えず,信者の激しさにドン引きして4作しか読んでいないほか,
 木原作品も初期の5,6冊は好きでしたが,キャラの痛さが単なる作話上のツールへ
 なり下がり,意味づけに乏しい卑屈さ,妬み,暴力等をテンプレ的に描くだけになった上
 (特に刑務所シリーズ),やはり信者の激しさにドン引きして読まなくなっているので,
 その後に変化した可能性は否めませんが,西条作品と交錯することはないかなと。)


上記の評からも明白な通り,私は西条作品をその醜悪な面も含めて愛してやみません。
「壊れた」人や世界を描くことは,ともすれば自らが正常であることを再確認するためだけの
低俗な見世物主義に陥りがちですが(残念ながら一部の木原作品などに顕著なように),
西条作品は,常識とは,タブーとは何かをしっかりと踏まえながら,その枠を平然と乗り越え
「こちら側の常識」を揺さぶってくる凄味があり,読者としてただ感服するばかりなのです。

西条作品では,登場人物達は善悪や正否は別として自らの生き様を貫くことになります。
「エス」のように登場当初から突き抜けているキャラクターは蠱惑的な魅力を放ちますし,
自らの情動に衝き動かされ最後にタブーを乗り越えるキャラクターたちの姿もまたリアルで,
圧倒されると共に,いつか自分も同様に堕ちてしまうのでは・・・との恐怖にも襲われます。

換言すれば,西条作品の持つ「痛さ」は,単に登場人物や世界観から「痛さ」にとどまらず,
読み手側の足元を揺さぶり,依って立つ価値観を疑わせる鮮烈なパンチとしての「痛さ」,
自らの在り様を根底から問われる「痛さ」であるとも言えるのではないでしょうか。


また長々と需要の乏しい文章を書いてしまいましたが,奇特な読者子におかれましては,
ぜひ西条作品を一度手に取ってみていただきたいと切に希望するばかりであります。
作品に無料で気軽に触れることができる場としても,サイトの復活を祈るばかりですが・・・。
(完全な男性向けエロ小説も掲載されていましたのでその点でも読み手は選びますね・・・)

最後に再開への期待と込めてサイトへのリンクを貼っておきます。→ 硝酸銀シャワー
[PR]

# by bonniefish | 2012-05-26 17:36 | 長文雑想 | Comments(0)
2012年 04月 18日

タイトル一覧(小説編)

というわけで今度は小説編です。コミック以上に作家買いの傾向が露骨ですね。
新規はひのもと,森田の2冊のみですし,夏乃と楠田の2人以外は全て作家買いです。
小説は昨年8月の記事に書いたとおり鷺沼やすな作品と渡海奈穂作品の2冊しか
こちらでは読めていないので,読書への渇望はより強いかもしれません・・・。


かわい由美子『月一滴』
ひのもとうみ『ソネット』
一穂ミチ『meet, again』
一穂ミチ『off you go』
一穂ミチ『シュガーギルド』
一穂ミチ『窓の灯とおく』
夏乃穂足『茜色デイズ』
橘紅緒『オーバーザレイン』
栗城偲『スイート×リスイート』
栗城偲『君の隣で見えるもの』
森田しほ『罪の海に満ちる星』
成宮ゆり『ワガママな独占欲』
西条公威『造花の解体』
朝丘戻。『星を泳ぐサカナ』
渡海奈穂『その親友と、恋人と。』
渡海奈穂『先生はダメな人』
渡海奈穂『追いかけようか?』
渡海奈穂『恋でクラクラ』
楠田雅紀『史上最悪な上司』
[PR]

# by bonniefish | 2012-04-18 09:27 | 小説感想 | Comments(0)
2012年 04月 18日

タイトル一覧(コミック編)

というわけで購入した801コミックの一覧は下記のとおりです。
なるべく購入量を抑えているので8割以上くらいが固定作家さんな気がします。
というか全くの新規開拓は5冊(永野,青井,大沢,野本,鈴目)しかない気が・・・。
作家買い(作品コンプリート)をしている人も多いですが,複数買っているにも拘らず
作家買いではない人もいるので,自分でも基準は良く分からないところもあります。

タイトルを並べていると,読みたいという衝動が久しぶりに高まってきましたが,
送ってもらっても荷物になるだけなので,まだしばらくはお預けですね・・・。


RINO『10年たっても愛してる?』
あべ美幸『SUPER LOVERS 3』
あべ美幸『SUPER LOVERS 4』
あべ美幸『初恋』
スナエハタ『とろける半熟友情クエスト』
ぢゅん子『傘の下ふたり』
トワ『秘密にスキャンダル』
ナナキシコ『なつこいしっぽ』
雨隠ギド『悪人を泣かせる方法』
雲之助『きみに注ぐ』
雲之助『こっちにおいで』
雲之助『男の子と恋』
永野クロエ『午睡の森で、』
乙里玲太朗『ぐる〜〜っと3回まわって!』
乙里玲太朗『上からエロ執事様』
乙里玲太朗『僕ら、我慢できないの!』
菊屋きく子『ひみつの棘』
菊屋きく子『間違いだらけの愛情表現』
三池ろむこ『ふつりあいなチョコレート』
三池ろむこ『ゆうぐれのまち』
山本小鉄子『ほんと野獣 5』
秋葉東子『俺を愛してもいいんだぜ? 1』
青井陽『花かぐわし』
大月クルミ『6LDK〜大型犬が入居しました』
大月クルミ『恋ひ恋ひて』
大沢あまね『ベランダでランチ』
藤谷陽子『るったとこだま3』
楢崎壮太『Go for it!! 2』
楢崎壮太『アオイコイ』
氷室桜『キミのとりこ』
平喜多ゆや『恋の微熱がさめなくて』 
野本なぎな『ストロボスイッチ』
倫敦巴里子『或るミステリ作家とその担当編集にまつわる記録』
鈴目ゆら『年下男子は待てができない』
[PR]

# by bonniefish | 2012-04-18 09:22 | 漫画感想 | Comments(0)
2012年 04月 18日

親不幸な話

すっかり更新もご無沙汰で,訪なう方もほぼ0になりましたが,自己満足企画ということで。

いよいよ帰国が遠からぬ話となってきまして,諸々の事務作業が始まっているのですが,
そうするともたげ出すのが逃避癖と言うのは海外生活を経ても全く変わらないようです・・・。

ふとした思いつきで,当地から通販で購入して実家に送りつけている書籍の実情について
調べてみましたので(購入履歴って便利ですね),更新を兼ねて挙げてみたいと思います。

昨年7月某日から本日までの購入冊数・・・224冊
内訳(購入点数が多い順):
一般コミックス・・・74点
ライトノベル・・・47点
801コミック・・・34点
801雑誌・アンソロ・・・26点
一般小説・・・21点
801小説・・・19点
一般アンソロ・・・3点

予想より点数が多く,また一般コミックやライトノベルの冊数が多いことにも驚いています。
極力手を広げないようにしているのですが,それでも好きな作家の新刊を押さえるだけで
こうなってしまうのかなと。また中には百合ものや801作家の作品も含まれていますし。

またやはり801系,特に小説の購入点数が減っているのは顕著というほかないなあと。
以前なら月に10冊以上買うことも珍しくなかったのですが,自他の変化は激しいですね。
コミックは大分選別を厳しくしているので月4冊ペースというのはまあ妥当な所かなと。

801雑誌やアンソロは,渡米を機に『GUSH』や『BE×BOY』等の購読を辞めたのですが,
月刊の『Dear+』,いつの間にか隔月刊になった『Canna』,隔月刊の『Rutile』,
季刊の『小説Dear+』『CRAFT』を押さえるだけでそれなりの点数になってしまうようです。
ちなみに一般アンソロというのは何を隠そう百合系の新書館『ひらり、』でございます。

まあいずれにしても三十路を大きく回った者の買物としては微妙なものがありますし,
斯様な物が月2回ペースで送りつけられてくる実家の両親からしたらたまらないでしょう。
私が不在なので私の部屋に一応まだ空間的余裕があることと,両親ともに絶対に
勝手に包装を解かない性格であることがまだ救いかもしれませんが・・・。

これも良い機会ですし,震災を受けて給料が大幅に下がったこともありますので,
今後はさらに購入対象を絞っていきたいものですが,はたしてどうなるやら・・・。

801系の購入作品については,次の記事でタイトルだけですが一覧にしたいと思います。
[PR]

# by bonniefish | 2012-04-18 08:40 | 801雑記 | Comments(0)
2011年 08月 25日

訳あって異国にいる

すっかりご無沙汰しておりますが,奇特な皆様に向けて一応のご連絡をいたしたく。

諸事情がありまして,私は今禄を食みつつも米国中西部の空の下におります。
諸々の制約から,「その日,僕たちの爪と歯は。」と「放課後は秘密のふたり」のみを
持ち込む予定だったのですが,幸いにも在米中も801環境には恵まれそうでして,
諸々の幸運ににただ感謝するだけの毎日です。持って生まれた幸運だけは多いようで
我が人品の貧しさに鑑みるとただただ申し訳なく思うばかりなのですが・・・。

環境の激変を前にして,管理が困難であった一部書籍の処分を始めたのですが,
業はやはり深いようでなかなか売却や処分への思い切りをつけるのが難しく,
しかも一部の新刊についてはいまだに購入を続けていますので(実家に送付),
出国中も楽天の「プラチナ会員」が余裕で維持できそうな状況です(笑)。

自分が環境の変化に(経験したことがないことに)弱いことに驚いていますが,
ともあれ,生活が落ち着けば余暇はむしろ増えるものと予想されますので,
ここを閉じることなく何某かを記載していきたいとは思っております。
・・・最近私事での筆禍が多いので気をつけたいところですが・・・。
[PR]

# by bonniefish | 2011-08-25 13:30 | 身辺雑記 | Comments(0)