<   2010年 08月 ( 2 )   > この月の画像一覧


2010年 08月 07日

綺麗なだけではいられない

前の記事でいろいろ書きましたが、今はもう微熱と腹具合程度に治まっております。
それでも3日に2ロールのペースでトイレットペーパーがなくなりましたが(苦笑)。


さて、病床で読み返したのが、以前感想を書くと予告した朝丘戻。の『君に降る白』。
私の把握する限り彼女の初のハッピーエンドもので、昨夏出た4年ぶりの単行本です。

コバルト文庫からぱたりと姿を消し、復活かと思った携帯小説も次作が続かず、
このまま商業から、下手をしたら801業界から姿を消してしまうかと思っていた所、
思いもよらずダリアから新作発売と聞いて喜び勇んで本書を読んでからもう1年近く。
ましてやそれがハッピーエンドだったのですから読後の満足感はひとしおでした。

対人関係に臆病な主人公のぎこちない言動の中に滲む恋情がうまく描かれていて、
描写力に裏打ちされた切ない系の雰囲気は流石で、しかもそれが行き過ぎておらず、
これは作者の元からの筆力とと、復帰作ゆえ現れた筆や話の運びのぎこちなさとが、
うまいこと主人公の心理や言動とマッチしているせいもあるなあと思いました。

終盤で相手を慮った主人公により相手は一旦引き下がるので、これまでの経験から
このまま別れて終わるのだろうなあと思っていたら、主人公が知人から助言を受け、
さらには次章で自分から相手に会いに行くことを決意するという前向きな展開に。
思えば別れのシーンで主人公側から縋るような科白が出たのが伏線だったわけで。
再会の場面でも一波乱あり、主人公はさらに一歩踏み出して両思いとなるのですが、
この場面での相手の語る言葉の数々は作者の真骨頂で、その秀逸さに感嘆しました。

先ほどぎこちなさの点に触れましたが、本作で一番ぎこちないのはエピローグ部分。
おそらく作者にとっても初の甘々な後日譚なわけですから、何か色々ぎこちない。
主人公の科白が幼児化したり、地の分に擬音やオノマトペが増えたりするのですが
これまたできたての二人のベタな雰囲気にマッチしていて大変によろしいかなと。
作者の照れあるいは不慣れさが作品に直結しているようでほほえましい限りでした。


この辺りの作者と作品の繋がり具合を見るにつけ、本作で初めてハッピーエンドが
書かれたのは、作者自身の変化によるものではないかという推測が働くわけでして。

恋愛への理想や希望が純粋すぎて作中ですら他者と共有できないレベルだったのが
恋愛の持つ幼児的、動物的な部分、情動の醜悪さや悪感情のぶつかり合いなどの
具体的で生々しく、美しくない側面と、それすら凌駕する相互承認の幻惑的な甘さ、
これら清濁を作者自身がようやく併せ呑むことができたのではないかとも感じました。
もちろん旧作の玻璃を八重に編んだような硬質な恋情の描写も素晴らしいのですが、
成就せぬがゆえに美しいものに固執することには賛同しかねるものがありまして。

過去は切ない系のまま突っ走って、両思いであっても別れるという展開がお決まりで、
決して悪くはない(初期作品は素晴らしいエンディングだと思いました)ものの、
あえてハッピーエンドを避けているような作為的な感が気になっていたのですが、
本作のようなハッピーエンドの作品を読んでみると、作者の筆力の確かさと共に
やはり主人公たちが両思いとなる方がこの作者の物語としても自然だと思いました。
(ただ本作は初の試みかつブランク明けもあってか結構急展開での着地でしたが。)

そうすると、この数年間(携帯小説からでも2年)のブランクは、作者にとっても
意義のあるものだったのだろうと思い、新作を待っていた甲斐もあったと思います。
恥を忍んで告白しますが、私は上記の携帯小説を読むためにコバルトの携帯サイトに
日参していた時期がありまして・・・。期待に違わぬ出来だったもので年甲斐もなく。
ちなみに媒体が媒体ゆえなかなかアクセスする気にならず、一読するまでは
いわゆる他の「ケータイ小説」同様の記号群だったらどうしようかとビクビクでしたが。


実は次作の『猫のためいき。』も購入してあるのですが他の積ん読本に埋もれていて
読了はしばらく先になりそうです。楽しみは後に回す性格というのも難儀ですね。
[PR]

by bonniefish | 2010-08-07 12:28 | 小説感想 | Comments(0)
2010年 08月 06日

みたび平和?な夏

今の職場に入った年、当時の部長に「30年近く勤めていて一番楽な年だ。」と言われ、
動き出した制度改革の中で迎えたはずの昨夏は「去年よりもっと楽だ。」と苦笑され、
新部長の下で3年目の夏を迎えましたが、相変わらずも平和な夏休みを迎えております。
流石に今年は昨年よりは忙しいですが、それでも均せば総じてヒマと言うほかなく・・・。

現在の職場で「宿題」なく夏休みを迎えられるのはそれなりの僥倖だとは聞くのですが、
3年続けてそれを引き当てる悪運も、鍛えられない初任を終えた後の姿もおそろしく。
仕分けられないか不安になりますが、今の職場は聖域化しているので大丈夫でしょう。
それでも流石に夏休み期間が3週間というのは維持できなくなるかもしれませんが。
前の会社もTOPIXの癖に至ってのんきでしたから、仕事運は良いのかもしれませんね。


さて、宿題のない夏休みを迎え、実家の漫画を倉庫に押し込もうとしたのですが、
あにはからんや、鳥刺しに潜んでいたカンピロバクターにより数日が消し飛びました。
なんだか酒を飲むようになってからカキをはじめ色々当たるようになりましたが、
食の好みの変化のせいなのか、三十路を超えた身体が悲鳴をあげているだけなのか。

まあ日頃の行いの報いなのだろうと粛々と休養して積ん読本を消化していましたが、
ノロのときとは違い吐き気も不快感も弱く(ただ熱は一時40℃近くなりましたが)、
何だか妙に中途半端な感じです。体形のせいもあり無駄に基礎体力があるせいか。
医者に行ったときにも「39℃超あるようには全然見えない。」と呆れられましたし。


本当に小ネタですが、個人的に少し残念なことがあったので書きとめておこうかと。
創刊当初から買い続けている『Dear+』のほか、『小説Dear+』、文庫、コミックス、
さらに最近は『Wings』に『KAGUYA』と、私が最も買っている出版社といえる新書館。
擁する作家陣に好みの人が多く、質の高い作品が多いのが購入の理由なのですが、
それを支えているのが優秀であろう編集陣であることは言うまでもないでしょう。

私が新書館の編集方針あるいは編集者の優秀さ、又は濃やかさを感じていたのは、
コミックスの最後の雑誌4誌(『Wings』『Dear+』と各小説誌)の紹介欄でした。
上記の各誌につき1/4ページづつを使って、執筆陣のうちそれぞれ主だった5名の
(小説ならよく組む絵師)イラストを掲載し、他の執筆陣を文字で紹介するものです。

ただ特徴的だったのは、もしそのコミックスの作者が当該雑誌に執筆していた場合、
必ずその作者のイラストを掲載し、しかも必ず冒頭に位置づけてくれていたんですね。
しかも掲載元の雑誌についてはそのコミックスのイラストを入れると言う凝りよう。
つまりコミックスの作者ごと、さらには一冊ごとに広告をそれぞれ作っていた訳です。
時期によって掲載陣の入れ替え等も必要ですしそのついでだったのかもしれませんが、
それにしても各コミックスごとに広告欄をカスタマイズする芸の細かさがあったのです。

読者は基本的にその作者が好きでその単行本を買っている訳ですから、広告欄でも
その作者がトップに取り上げられているのを見ればやはり嬉しくなるものですし、
何より作者自身絶対に悪い気持ちはしないでしょう。心遣いが染みるはずです。
私自身初めて気づいた際はかなり驚き、まさかと思って他のコミックスを確かめ、
嬉しさと感嘆の思いを深くし、改めて新書館という出版社が好きになったのでした。
コミックス最終ページの広告欄という、目を留めない人も少なくないであろう場所に
それなりの細かい手間をかける心配りや、それを当然あるいは良しとする社風に。

ただ昨年ころから、広告欄のフォーマットのみならず編集方針が変わったようで、
雑誌は801なら『Dear+』系の2誌に、イラストは9名を(おそらく)人気の順に
掲載するようになってしまい、少し以前の方針を惜しむ気持ちを感じていました。
それでも作者のイラストは必ず掲載しているところに心意気を見ていましたが。

そして、最近のルーキー作品においては、雑誌紹介欄すらなくなっていまして、
広告は帯に『Dear+』の表紙イラストと執筆陣を載せるのみとなりました。
ちなみに、4誌広告のころから、執筆陣については五十音順となっており、
コミックス等の作者の名前もその順に従って掲載されている形が続いていました。
平喜多ゆや『ミラクルだとか恋だとか』の帯もこの形態で作成されています。

ところが、先月発売されたかづきあつし『溺れるほどに愛しくて』を読了したところ、
ついに帯の広告で紹介される執筆陣までが人気順での掲載に変わっていまして、
新人ゆえに作者の名前は一番最後にまるで付け足しのように書かれていたんですね。
私はかづきあつしのファンではありませんが、思わず残念な気持ちになった次第です。

もちろん新人の名前を雑誌広告の中に入れているわけですから、作者や読者への
配慮がなくなった訳では決してないのですが、上述したこれまでの濃やかな心遣いと
比べてしまうとどうしても劣るというか意識が変わってしまったような気がして。
売り上げと言う金科玉条への目線が不可欠であると言うことも分かりますから、
売れ線の真逆を行き書籍以外の売り上げに貢献しない者が何を言う立場にもなく、
ふと個人的に気づいて覚えてしまった感傷を書き連ねてみました。お目汚し失礼。


先ほど書きかけた朝丘戻。の感想は別の記事で。日付はバックデートしました。
[PR]

by bonniefish | 2010-08-06 23:50 | 801雑記 | Comments(0)