Ethos-Annex

tanbi3.exblog.jp
ブログトップ

<   2008年 08月 ( 10 )   > この月の画像一覧


2008年 08月 31日

8月も逝きて

これで今年もはや2/3が過ぎたんですね・・・。年齢の所為か月日が経つのが早くて。
日柄から来る郷愁の中で『文学少女』シリーズの最終巻を読んで感慨に耽ってみたり。


【ウンポコ vol.14】 ジャンル的にも内容的にも感想を挙げる意義を毎回疑うなあ・・・。
◎:池田乾『戦う! セバスチャン』: ちょっとセバの単純凶暴化は気になるものの,
                      使用人ズのあり得ない活躍ぶりには笑えたので。
   須田さぎり『薔薇色の目眩』: 何と言うかこれはもう設定の勝利だよなあ・・・。
   志々藤からり『イカサマアシスタントへの道』: 誇張とはいえPCネタには爆笑。
〇:堀江蟹子『QPing』: ミルちゃんの凶悪ぶっちゃけっぷりには笑ったが・・・。
   鈴木有布子『犬行』: 犬の愛らしさも良いが自己戯画化ぶりが絶妙で楽しめる。
   杜康潤『坊主DAYS』: 段々笑いのコツを掴んで来て読みやすいし面白いかと。
   なきりあやこ『奥様はヲタク』: 品格だの本懐だの言うより一万倍は面白い気が。
△:桑田乃梨子『楽園番外地』,佐久間智代『お好み株食堂』,TONO『生きてゆく私』,
   くつきかずや『ネタも休み休み言え!』,宮原るり『となりのネネコさん』,
   マシュー正木『FAMILY CRUNCH』,羽崎やすみ『おまかせサイコBOYS』
▽:門地かおり『僕の彼女は女子が好き』,嬉野君『旅に出ないと死んじゃう病が』,
   荒川弘『百姓貴族』,阿部川キネコ『ほわグラ』,高群保『たもちーの動物小国』

他の16作品はスルー。ヒット率はコメディ(6/13)ギャグ(4/10)エッセイ(9/12)。
全体のスルー数や率は変わらないものの,今回はコメディでも5割を切ったのが何とも。
[PR]

by bonniefish | 2008-08-31 23:59 | 漫画感想 | Comments(0)
2008年 08月 29日

京都の夜は更けて

今日はやることなすこと全てが裏目に出る最悪の日でした。致命傷は免れましたが・・・。


【Dear+ 7月号】 スルーは減ったのに薄味なのは山中ヒコの話が終わったからか・・・。
◎:一之瀬綾子『俺式恋愛計画』: 恋愛としてきちんとしたHappy Endに敬意を表して。
〇:夏目イサク『タイトロープ』: なんちゃて任侠ネタじゃなければかなり好みなんだが。
   二宮悦巳『ももいろ倶楽部にようこそ』: 上手いし笑えるけど、話は転がらないの?
   かずきあつし『ぼくらのルール』: 可愛さとエロに全力投球をされてはねえ・・・。
△:松本花『がっこうのせんせい』: ようやく前振りが終わったようで。どう転がす?
   立野真琴『今宵は君と血のキスを』,鳥人ヒロミ『彩おとこ』
▽:阿部あかね『水平線の上でダンス』,橋本あおい『唇とコーヒー』,
   藤川桐子『この部屋で、僕らは。』,山田ぼたん『さんさんスイートホーム』
スルー:志水ゆき『是-ZE-』,梅太郎『ファントム・ペイン』,
     南野ましろ『なんとなく大丈夫』,高橋まーさ『キャンバス・ライフ』
[PR]

by bonniefish | 2008-08-29 23:48 | 漫画感想 | Comments(0)
2008年 08月 24日

出立の前に

これから機上の人となるのでこんな時間に更新。考えて見れば飛行機も1年ぶりです。


【GUSH 7月号】 こちらも非常連の作家が良いかと。てかまともに読んでる連載が少ない。
◎:山本小鉄子『ほんと野獣』: この人は最近エロに開眼している気がするんだが・・・。
                   相変わらず面白いが攻の性格が変わりすぎなのは微妙か。
   倫敦巴里子『ほろにが君』: 受の複雑な心境も兄弟の可愛さも話の展開もお見事。
〇:タカハシマコ『光線追跡』: 心情描写は可愛くて上手いがキャラも話もやや唐突かと。
   サガワミカ『最高で最低のサービス』: 言葉責めを超えたいじめっ子属性は嫌いで。
△:楢崎ねねこ『運命なのさ』: このシリーズは色々悪ノリになってしまっている気が。
▽:高永ひなこ『恋する暴君』,霧島珠生『そーゆーコトにしておけば?』
  越智千文『彼のドルチェ』,羽崎やすみ『学園ルンバ』
スルー:天城れの『俺様のトリコ』,水野透子『蜜と十字架』,かんべあきら『龍絡の華』,
     祐也『英国式、十六夜綺談』,金沢有倖『神の子~セブンス~』,
     綺月陣『龍と竜~銀の鱗~』,トジツキハジメ『ウサマン』
[PR]

by bonniefish | 2008-08-24 10:15 | 漫画感想 | Comments(0)
2008年 08月 23日

相性の悪い街

今日は下北沢に行ったのですが,出先に落し物をしたことに帰宅してから気づき落胆。
どうもこの街では忘れ物をしたり友人等と気まずくなったり迷ったりと碌な事がなくて。
ごみごみした所に人が多いのが嫌いな上,若者やファッションの街という縁遠さもあり
5年間通学していた駅から2駅という近さなのに在学中2回しか行っていないくらいで。
しかも暫くは都合が合わず取りに行けないので,微妙な不便さを強いられそうです。

とはいえ目的のライブは素晴らしいもので大満足なのですが。次回が待たれます。


【MAGAZINE BE×BOY 7月号】 新規の2人が読めた辺り少しは今後期待できるか?
◎:ヨネダコウ『感情スペクトル』: キャラの立ちっぷりと感情描写の切り取り方は流石。
                    最後まで盛り上げたのも良いが終わりがやや唐突か。
   岩本ひなぎく『おうじと』: 独特のほのぼのさというか可愛さに射貫かれた感が。
〇:舟斎文子『性悪な僕たちは』: 2人の関係は良いが背景が微妙すぎ(DVが無意味)。
△:大和名瀬『野獣で初恋』: 話は良さげだがこの濃い絵がなあ。丸い頃は良かったが。
   野垣スズメ『彼は退路を断たれた』: この人は学園もの向きだと思うんだがなあ。
   山田ユギ『一生続けられない仕事』: プロットはしっかりしているけどネタがねえ。
   杉原チャコ『天使×恋の事情』: ネタの微妙さを看過できないのは自分だけなのか?
   和泉棒子『もしも、だったら、好きだから』: 受の可愛さとあけすけなエロさは買い。
   仲郷たけこ『わんにゃん日和』,田中鈴木『アイツの大本命』
▽:志野夏穂『倉科先生の受難』,三島一彦『ラバーズドール』,
   町屋はとこ『ねかせないで』,中村かなこ『世界が終わる7日前』
スルー:遙々アルク『猿喰山疑獄事件』,環レン『おじさまの愛人』,石原理『犬の王』,
     九州男児『部長の恋』,かゆまみむ『団地ヅマ観察』
[PR]

by bonniefish | 2008-08-23 23:59 | 漫画感想 | Comments(0)
2008年 08月 22日

再読ラッシュ

といってもここ1年ほどの作品中心ですが。最近小説は当たりが増えている気がします。


【BOY’S JAM vol.12】 何だか萌えも性欲も両者の関係も凄く表層的に捉えてる気が。
〇:阿久津柑子『着せ替えコニシ君』: また微妙なネタと展開だが,絵とエロが好みで。
   牛乳リンダ『あたたかい場所』: きちんとした話とHがあったのはこれくらいじゃ?
   葛ノ葉王子『隣人チェイサー』: 大学の設定には?だが年の差の描写は良いので。
   韻かむろ『通りすがりのロマンス』: 却って珍しいくらいに王道な展開だなあと。
△:山田酉子『イケナイ百合薔薇』: 相変わらず男性向けエロの要素は満載ですなあ。
   凪まゆこ 『女子(?)高生は好きですか?』: ベタに突き抜けているなあとしか。
   谷村カヲリ『ミステイク』: 前回の濃さから一転してソフトに纏めた辺りが。
   橋本あおい『ああだこうだと言うよりも』,桜木あやん『絶対学ラン』
▽:柚摩サトル『君に会うまでデリバリー。』ヤマびっこ『変わってお庭番』,
   BENNY’S『どっちがいいの?』,井ノ本リカ子『セックス フレンド』
スルー:真行寺ツミコ『リヒテンシュタイン博士の憂鬱なる問診に関するレポート。』,
     わたなべともみ『愛の三本勝負』
[PR]

by bonniefish | 2008-08-22 23:59 | 漫画感想 | Comments(1)
2008年 08月 21日

痛飲の興

一念発起して感想を10本以上書いて見ました。それでも1ヶ月以上遅れていますが。
という訳でしばらくは確変状態で更新してみます。ただ旅行先では更新不能かなと。


【ルチル vol.24】 冒頭のユニット,第2弾らしいが編集も作家も一体何がしたいんだ?
◎:有間しのぶ『青い芝生と甘い水』: 高校生2人の関係が深まり遂に両思いになるまで
                       心情をきっちり描写してくれるとはねえ。脱帽です。
   秋葉東子『人はそれを恋とよぶ』: 感情の掛け違いっぷりとギャグの混淆はさすが。
   三池ろむこ『キラキラ』: この攻と受の間の雰囲気描写はまさに面目躍如でしょう。
〇:山本小鉄子『あの日のきみを抱きしめたなら』: エロと進行の絡め方は中々かなと。
   木々『ラヴ ミー テンダー』: いやあこのカップリングという展開は予想外で面白い。
   一之瀬綾子 『ゴーゴー僕たち』: 無難にここはGW的に楽しめば良い気もしてきた。
△:望月朝斗『MiDNight Walker』: やはり設定が大きすぎて消化不良感が否めず。
   九號『ACID TOWN』: 伏線も多そうで今後には期待大だが話が進まないとなあ。
   万福雪太『星月夜のメロディ』: 導入の仕方や受の乙女っぷりは気になるがまあ。
   佐倉ハイジ『赤い目をした少年は』,テクノサマタ『草の冠 星の冠』,
   富士山ひょうた『瞳の追うのは』,松本ミーコハウス『店長くんの気持ち』
▽:田中鈴木『夢中ノ人』,吹山りこ『薔薇色呼吸』,日高ショーコ『花は咲くか』
スルー:ヤマダサクラコ『薔薇とライオン』,金田正太郎『マハラジャと私』,
     梅太郎『パパおかえり』,桃月はるか『世界は僕らのために』,
     語シスコ『ハートに風穴』,ホコ『ランドリーム』
[PR]

by bonniefish | 2008-08-21 23:59 | 漫画感想 | Comments(0)
2008年 08月 20日

一応職場復帰

この夏休みの最後の3日間は部屋の本の整理か801感想の纏め書きをする予定が
冷房に中ったのか何もする気が起きずひたすら寝るか本を読むかで終わることに。
改めて自分のニート体質を再確認することに。wiki見るだけで数時間過ごせるとは。

久しぶりに桜桃書房のアンソロ『GENEROUS』を読み返して郷愁にひたってみたり。
Lee(浅見侑)の研究者カップルものとかうぐいすみつるの『サイレン』シリーズとか
続きを読みたいor単行本化して欲しいものも少なくないですが,叶わぬ夢ですなあ。


【Dear+ 6月号】 ・・・この雑誌で冒頭から4連続スルーをする日が来ようとはなあ。
◎◎:山中ヒコ『初恋の70%は、』: キスでも気づかず,裏話を聞いても好い奴止まりで
                      直に告白され逃げられかけて漸く赤面する・・・
                      この天然大型犬ぶりの見事な描写は昇天ものかと。
◎:木下けい子『巡り合うよベイビィ』: この展開がご都合にならないキャラ描写が見事。
   右往左往『スロウラブ』: やっぱり手を繋ぐかどうか等で悶々とする話は良いなあ。
〇:かずきあつし『甘々日和』: 雰囲気は良さげなのでもっと話や心情に動きがあれば。
   松木加斎『その海のマチエール』: ようやく受の可愛さが理解できてきた感が。
△:松本花『がっこうのせんせい』: 悪くは無いけどやはり単行本化のおまけ的かと。
   二宮悦巳『ももいろ倶楽部にようこそ』: てか3ページってどういうことかいな?
   立野真琴『今宵は君と血のキスを』,印東サク『春まで待って』
▽:こいでえみこ『鎖でつないで』,美寿生『金魚七鱗-きんぎょしちりん-』
スルー:扇ゆずは『レオパード白書』,志水ゆき『是-ZE-』,
     梅太郎『ファントム・ペイン』,門地かおり『生徒会長に忠告』,
     高橋ゆう『勝手にしやがれ!!』,南野ましろ『なんとなく大丈夫?』
[PR]

by bonniefish | 2008-08-20 23:59 | 漫画感想 | Comments(0)
2008年 08月 08日

祝杯モード

大きな懸案について双方当事者を説得して合意が得られたので,作業量が1/3に。
とりあえず予定通りの夏休みを迎えられそうです。いまだにノープラン状態ですが。


【小説Dear+ ハル】 急に掲載作のレベルが一段下がったような気がするが気のせい?
月村奎『秋霖高校第二寮リターンズ』:▽ 最後まで恋情は描かず家族ネタですか・・・。
久我有加『君を抱いて昼夜に恋す』:〇 狼的な攻は良いんだが設定を描けてないのが。
玉木ゆら『ブライダル・ラバー』:△ 話は悪くないんだがどう見ても恋愛に軸足が無い。
いつき朔夜『征服者は貴公子に跪く』:△ 一昔前のシンデレラストーリーだなあとしか。
河本テツ『レンズ越しのディスタンス』:▽ 攻の心情が見えないしネタもネタバレも唐突。
盾島はじめ『二人のジレンマ』:△ 色々と近視眼的でぎこちなく暑苦しいのは若さゆえ?
加納邑『先輩と……秘密の放課後』:スルー トンでもぶりに眼が滑って断念。
カトリーヌあやこ『サッカーおばかさん』:スルー
草刈シノグ『ソライロ飛行機』:△ 絵も雰囲気も好きなんだが話や小道具に無理が・・・。
窪スミコ『Solomon's』:〇 受を子持ち主婦に馴染ませるのは読者の出産願望の表出?
[PR]

by bonniefish | 2008-08-08 23:59 | 小説感想 | Comments(0)
2008年 08月 04日

五臓六腑を駆けてゆく

やはりトップに長く置いておきたい記事でもありませんので,連日ですが更新をば。
夏バテするより先に飲み過ぎるのが問題とは自覚しつつも麦酒の美味さに抗えず。


【GUSH 6月号】 割に読めたから特別定価でも良いが,3ヶ月経ってもCDは開けず。
◎:日の出ハイム『微炭酸恋愛』: 進行が雰囲気頼りだが,2人の関係の描写は見事。
   山本小鉄子『ほんと野獣』: 設定勝ちの話だと分かってても描写も上手く楽しめる。
   ぢゅん子『王様ウィスパー』: 高校生らしい突き抜け感と微妙なエロさがツボで。
〇:楢崎ねねこ『高橋家の受難』: 改めて見るとトンでも設定だし本誌で番外編ノリか。
   山田史佳『ステップバイステップ』: 微妙に煩い絵&ワンコ系が意外と好みだったり。
   むつきらん『かけひきDROPS!!』: 無難なネタを小奇麗な絵でまとめているので。
△:宮下キツネ『ゼロ地点の二人』: やはり妙なショタ色が抜けず浮いてるなあ・・・。
   羽柴紀子『ファイナル・カウントダウン』: 設定が良く読めたが眼は何とかならんか?
   七織ニナコ『その手を離さない』: 話の間延びと既存作家絵の影響がどうもなあ。
▽:越智千文『彼のドルチェ』,高永ひなこ『恋する暴君』,えとう綺羅『咲くラブ』
×:緋色れーいち『パーフェクト×××』,柊のぞむ『カボチャ王子』
スルー:かんべあきら『龍絡の華』,かのこゆり『極上エクスタシー』,
     トジツキハジメ『ウサマン』,羽崎やすみ『学園ルンバ』
[PR]

by bonniefish | 2008-08-04 23:59 | 漫画感想 | Comments(0)
2008年 08月 03日

黒い悪魔がやって来て

昨夜,深夜一人フローリングの居間に短パン姿で寝転がってテレビを見ていたところ,
Tシャツの胸元で何か動く物が見えたような気がしました。初めは蚊だと思いましたが,
次いで体の下になっていた右のすねに動く物が当たる感触を感じたので,見てみたら,
なんとかなりの大きさの黒い悪魔が右のくるぶしの辺りの床を走っていたのです・・・。

もう驚きのあまり年甲斐も無く飛び上がりましたよ。初めに見えたのは触角だった訳で。
まあそこで体を洗いに行くよりも殺虫剤で屠る方を優先する辺りが年なんでしょうかね。
多分ホウ酸団子を食べて弱って出てきたのでしょうが,見事殺虫剤の餌食となりました。
その後はすぐシャワーを浴びなおし,右足を中心に洗ったことはいうまでもありません。

そういえば一昨年前辺りにも,真夜中に居間で奴を素足で踏んだことを思い出しました。
水を飲みに居間に踏み込んだ途端,右足の指の付け根の辺りに蠢く感触がありまして,
慌てて飛びのいて電気をつけてみると,よろよろと逃げていく中規模の奴の姿が・・・。
この時は酔いもあってそばにあった新聞紙で叩き潰してから足を洗いに行った記憶が。
偶然踏みつけるのも相当な運の悪さですが,つぶさなかっただけマシなのでしょうかね。

あんまりといえばあんまりな体験のあまり思わずこんな記事を書いてしまいましたが,
別に我家に奴らが巣食っているのではないんですね。出現頻度はかなり低いですし。
ただたまに襲撃された場合にはコアな出会いをしてしまうようです。くわばらくわばら。


【MAGAZINE BE×BOY 6月号】 毎度ながら厚くなっても読む所は増えないなあ。
◎:桑原祐子『自動昇降恋愛-恋する10秒前-』: 虚構の量が絶妙で萌えを楽しめた。
〇:サガミワカ『恋人と住みたい部屋』: トンデモ展開気味だが初々しい受に免じて。
△:舟斎文子『言葉のない僕たちは』: ごちゃごちゃして描きたい事の焦点が見えない。
   大石なつき『まっしぐら君と我が道GO』: パワーと雰囲気は良いが纏まりが弱い。
   国枝彩香『50×50』: 上手いが色々悪ノリ気味なのがなあ。完全なギャグなの?
   いちのせ葵『君のすべてを見せて』: 完全な「やおい」だがそれなりにバランスが。
▽:不破慎理『マーキナ・アンゲルス』,如月弘鷹『ウチの探偵知りませんか?』,
   高峰顕『スウィートライフ』,宮本明來『北風と太陽』,瀧ハジメ『Sensitive 30』,
   町屋はとこ『ねかせないで』,真田和史『妄想の奇跡』
スルー:藤崎こう『キング&プリンス』,遙々アルク『猿喰山疑獄事件』,
     陣内みるく『オトナのおやちゅ』,亜樹良のりかず『はちみつdarling』,
     猫又しょう『君の犬になってあげる』,みささぎ楓李『鬼畜眼鏡』,
     タカツキノボル『奥さんの妄想的日常』,九州男児『部長の恋』,
     かゆまみむ『団地ヅマ観察』,腰乃『嘘みたいな話ですが』
[PR]

by bonniefish | 2008-08-03 23:59 | 漫画感想 | Comments(0)