<   2008年 07月 ( 8 )   > この月の画像一覧


2008年 07月 30日

盛夏

世間は既に夏休みのようでして,職場が学生などで混雑してやや困惑気味です・・・。


【小説Dear+ フユ】 ここまで中身の話に季節感が無いってのも珍しいんじゃないか?
岩本薫『プリティ・ベイビィズ』:スルー 冒頭の「スイーツ」の解説にもうドン引き。
渡海奈穂『すきまのココロ』:〇 でも高校生の日常メインで全然恋愛を描いてないよなあ。
月村奎『秋霖高校第二寮リターンズ』:▽ 妙な当て馬出して同じネタでグルグルされても。
うえだ真由『イノセント・キス』:△ 微妙に昼ドラっぽい感じがなあ。大人の弱さも微妙。
一穂ミチ『オールトの雲』:◎ 心の柔らかい部分を文章に載せられる貴重な人だと思う。
                  恋情の過程を描かず背景描写で済ませているのが惜しい。
新堂奈槻『one coin lover番外編 タイミング』:◎ こういう無表情な主人公は好みで。
                                ネタは微妙だが受周りの描写が◎。
久我有加『あなたの色に染まります』:▽ シチュの説明とエロシーンだけとは同人か?
カトリーヌあやこ『サッカーおばかさん』: スルー
月本てらこ『性旬トロンプルヰユ』:◎ 攻くんの単純お馬鹿っぷりにただただ悶絶です。
かずきあつし『がまんがまん』:〇 橋渡しは頼まれるのに親しくないって関係は?だが。
窪スミコ『Solomon's』:〇 ほぼ唯一の季節ネタ。無難に笑えるなあと。
[PR]

by bonniefish | 2008-07-30 23:59 | 小説感想 | Comments(0)
2008年 07月 27日

傾眠

久しぶりに金曜は朝まで騒いでいたので,土曜日が一日潰れるのは分かるのですが
日曜日までひたすら寝こけるとは・・・。色々と予定が狂いましたがまあそれはそれで。

そんな中でも久しぶりに新井理恵を読み返して予期せず訪れた郷愁に浸ってみたり。


【小説Dear+ アキ】 10ヶ月遅れ・・・。まあ単行本は1年以上放置してますからねえ・・・。
松前侑里『もしも僕が愛ならば』:〇 最近展開が速いし詰め込み気味な気がするなあ。
                      身勝手な攻に惚れる話も悪くないがややマンネリか。
岩本薫『プリティ・ベイビィズ』:スルー 「なんちゃってセレブ」の寄せ集めはもうダメ。
久我有加『厄介な男』:▽ 続編でも世界が広がらないのが×。当て馬テンプレだけでは。
砂原糖子『虹色スコール』:◎ この攻はかなり鬱陶しい気もするが,揺れる心情描写は
                  毎度ながら見事だし,エロをここで止めたことには敬礼。
いつき朔夜『スケルトン・ハート』:〇 JUNEっぽく硬い熱を秘めた文章は良いんだが,
                      張型が出てきてドン引き。色々勘違いしてないか?
五百香ノエル『PRIDE』:スルー 結局トンでも設定が筆力や淫猥さを凌駕していて挫折。
碧井アオ『十二月のバカ』:△ お馬鹿さ,女々しさが微妙に行き過ぎていて引いた感が。
渡海奈穂『縛られたいの』:〇 これもトンでも設定だけどまあエロ話だし筆力はあるので。
カトリーヌあやこ『サッカーおばかさん』:スルー
月本てらこ『性旬トロンプルヰユ』:◎ 2人のぎこちなさがもう気になって溜まりません。
                       本作はトンでも癖も控えめだし展開が楽しみです。
窪スミコ『Solomon's』:〇 ページ埋めなのは分かるが探しにくいなあ・・・。
[PR]

by bonniefish | 2008-07-27 23:59 | 小説感想 | Comments(0)
2008年 07月 15日

続く狂宴

流石に2人でウィスキー1本半はやりすぎですね・・・。1日たっても内臓が重いです。


【ウンポコ vol.13】 随分久しぶりに門地を読んだなあ。女性主人公だと読めるのか?
◎:池田乾『戦う! セバスチャン』: ツネッテの暴走振りに大爆笑だが,他のキャラが
                     性格全開で茶々を入れまくる辺りもたまりません。
   須田さぎり『薔薇色の目眩』: ストーリーの中に3,4段落ちがあるのはなかなか。
〇:堀江蟹子『QPing』: 正直田中さんネタは嫌いなんだよなあ。最後のパパは爆笑。
   志々藤からり『イカサマアシスタントへの道』: 自己中天然ドリーマーにただ失笑。
   三池ろむこ『おむさが』: やっぱり4コマ8ページくらいで描いた方が良いんじゃ?
   鈴木有布子『犬行』: 構って攻撃ぶりや謎の耳攻撃など飼い主冥利に尽きるなあ。
   佐久間智代『お好み株食堂』: 突っ込み所もあるが素人の代弁ぶりは良いなあと。
△:桑田乃梨子『楽園番外地』,杜康潤『坊主DAYS』,TONO『生きてゆく私』,
   くつきかずや『ネタも休み休み言え!』,宮原るり『となりのネネコさん』,
   マシュー正木『FAMILY CRUNCH』,羽崎やすみ『おまかせサイコBOYS』
▽:門地かおり『僕の彼女は女子が好き』,久世番子『ひねもすハトちゃん』,
   荒川弘『百姓貴族』,阿部川キネコ『ほわグラ』,高群保『たもちーの動物小国』

他の15作品はスルー。ヒット率はコメディ(8/13)ギャグ(4/10)エッセイ(7/12)。
次号付録が手拭いってセンスも脱帽だが,ギャグの感覚がここまで違うのは何故だ・・・。
[PR]

by bonniefish | 2008-07-15 23:59 | 漫画感想 | Comments(0)
2008年 07月 12日

決意はすれど

来週の三連休で部屋の大整理をする,と宣言して外堀を埋めてはいるのですが・・・。


【CRAFT Vol.36】 『セブンデイズ』の載せ方とか見るに,編集部に原稿収集力がない?
◎:ヨネダコウ『どうしても触れたくない』: 受の告白シーンの苦さもまた魅力だなあ。
                          当て馬の置き方も最後の余韻も素晴らしい。
   菊屋きく子『やましいからだ。』: 受の設定と描写には悶絶です。攻がどう化けるか?
〇:古街キッカ『ブラザー・コンプレックス』: 攻が作風と恐ろしくマッチしているなあ。
   宝井理人『セブンデイズ:10』: このタイプの攻に人間味を出されると弱いなあと。
△:山本小鉄子『チュチュンがチュン』: 展開次第では嵌りそうだが受の魅力が掴めず。
   藤たまき『蛇崩、交差点で』: ちょっと設定が色々過剰かなあと(10年越しとか)。
   宝井理人『セブンデイズ:9』: 一番肝心な山場なのに当て馬がメインっぽく見える。
▽:木下けい子『幾千の夜』,槇えびし『きみにあげる。』
スルー:井上ナヲ『てのひらふたつ分の恋』,真生るいす『満員御礼』
[PR]

by bonniefish | 2008-07-12 23:59 | 漫画感想 | Comments(0)
2008年 07月 10日

遠き休肝日

流石にに13日連続飲みというのは人生初ですね。肝臓が重い錯覚が取れません・・・。


【Dear+ 5月号】 やはりこの雑誌にはついつい過度に期待してしまっているなあ・・・。
◎◎:山中ヒコ『初恋の70%は、』: 受の懐き方は反則でしょう。直情系ワンコですか。
                      攻が情動を急激に高めていく様子もリアルで絶品。
◎:珠莉朱夏『ことのは』: 受の乙女っぷりは苦手なんだがお馬鹿含みの懊悩は好みで。
〇:木下けい子『巡り合うよベイビィ』: 社会人は微妙だけど高校生描くのは上手いなあ。
  一之瀬綾子『俺式恋愛計画』: 途端に急展開ですがこれはこれで唐突だなあとしか。
  二宮悦巳『ももいろ倶楽部にようこそ』: 話を進めるのかと思いきや斜め上か・・・。
△:佐倉ハイジ『走る夜の街』: 段々キャラがやっつけになってる気がするんだが・・・。
  韻かむろ『好きになるまで待って』: 色々と微妙に浅い感じがするのは何故だろう。
  上川きち『恋の死角』: 勘違い&思い込みで暴走されるとなあ。萌えはあるんだが。
  神楽坂はん子『この美しい世界に』: 話は上手い人だと思うが変なリアルさがなあ。
  松木加斎『その海のマチエール』: 正直この二人での展開は絵柄的にキツイ・・・。
  橋本あおい『かよわきエナジー』,鳥人ヒロミ『彩おとこ』
▽:福山ヤタカ『罠の向こう側』,遠藤ざざ『恋が花咲くその瞬間を』
スルー:門地かおり『生徒会長に忠告』,花村イチカ『君は甘い甘い甘い甘い』
[PR]

by bonniefish | 2008-07-10 23:59 | 漫画感想 | Comments(0)
2008年 07月 06日

畏友との逍遥

京都に友人を訪ね,出町柳をベースに鞍馬・貴船・宇治など未踏の地を散策しました。
充実した週末でしたが,思った以上に日焼けとマメと筋肉痛に困らされそうです・・・。


【JUNK!BOY はるやすみ号】 本誌よりはマシと感じる自己の好みの異質っぷりに眩暈。
〇:夏河シオリ『情熱ルール』: この初期設定から恋情をしっかり描くとは意外だった。
   笹村剛『いっしょにいとけ!』: 恋愛というより双方が勝手に恋情を抱くだけじゃ?
△:サガミワカ『ドラマチック・マエストロ』: ツッコミ所は多いが慣れとは恐ろしい。
   南条つぐみ『恋愛ステイタス』: 話も可愛さもエロもやっつけ感が否めないかと。
   十峰くうや『カメレオンゲーム』: 設定頼りの話でなければ隠れた色気も生きるか。
   七織ニナコ『おとなりさま』: 絵も話も微妙に不安定だなあ。課長は無理がないか?
   天禅桃子『sweep!』: 受は女々しくないけど,典型的な女の子の夢な話だよなあ。
   たりらびー『神の子羊』: 持ち味のファナティックなエロに合わない設定だなあと。
   羽曳野メオ『普通じゃないから!!』,南月ゆう『ジョーカーと甘い蜜』
▽:志摩京祐『乙女男子妄想らいふ』: このあざとさに萌えられれば楽だろうねえ・・・。
   三島一彦『アンラッキーストライク』,鈴原ひろの『そこはお伽の国』
×:みなみ遥『JUNK!BOYS』,真田和史『今日もなお執事』
スルー:水野透子『南の国の王子様』,御景椿『ワクワクみみランド』
[PR]

by bonniefish | 2008-07-06 23:59 | 漫画感想 | Comments(0)
2008年 07月 03日

活発化

外部の専門家にお願いしていた調査結果がでまして,結論は予想通りだったのですが,
その取り扱いでこれから一苦労ありそうです。全て終わるのは夏休み明けですかねえ。


【MAGAZINE BE×BOY 5月号】 定点観測目的で買ってる人が一番多い雑誌じゃ?
◎:麻生海『ふれるちかさで』: 幼なじみのベタなネタを王道で描ききられたからには。
〇:杉原チャコ『天使×秘密の事情』: アイドルヲタなんて設定にしてくれなければ・・・。
  唯月一『江崎家へようこそ』: 何の外連味も無く描かれると回避できないんだよなあ。
  まさお三月『明日も他人』: 顔のアップを3分の1にして展開を詰めて欲しいかと。
△:町屋はとこ『ねかせないで』: 萌えはあるんだが絵も展開も微妙。一度原作つきで。
  立野真琴『ミューズの学園で逢おう』: 改めて読むとかなり寒い設定なんだよなあ。
  舟斎文子『走り続ける僕たちは』: なんでこんなキワモノなネタに走るんだ・・・。
  仲郷たけこ『わんにゃん日和』,伊井トモ『赤い糸』
▽:志野夏穂『倉科先生の受難』,やまかみ梨由『囁くのはその指』
スルー:みささぎ楓李『鬼畜眼鏡』,梅太郎『夢をみる病』,九州男児『部長の恋』,
     遙々アルク『猿喰山疑獄事件』,かゆまみむ『団地ヅマ観察』,
     藤崎こう『キング&プリンス』,ヤマシタトモコ『さようならのお時間です。』
[PR]

by bonniefish | 2008-07-03 23:59 | 漫画感想 | Comments(1)
2008年 07月 01日

またぞろ多忙

といっても今度は宴席でして。流石に7連続では楽しむばかりでもいられないかなと。
最近微妙に馬脚が顕れているor余裕が無い状況ですから舌禍が恐ろしくて(苦笑)。


【GUSH 5月号】 この号は楽しめた作品とスルーの二極化が目立った感じかなと。
◎:深瀬紅音『ないないづくし』: 攻の嫌味にならない爽やかさに珍しくやられた感が。
   砧奈々『悪い子のためのわすれもの手帖』: 受の描写が浅いが全般に動きが良い。
〇:倫敦巴里子『ネコいりませんか?』: 笑いもあるし偶にはこういうお話も良いかと。
   タクミユウ『見てらんねえよ』: 受がやや女性化したのが残念だが描写は悪くなく。
   葉月ゆい『トクベツトモダチ』: 後半のベタ展開をここで切られてはねえ。勿体ない。
△:みろくことこ『ご主人様によくできた執事』: 理解できる所は面白いんだけどねえ。
   千歳ぴよこ『突然☆彼氏』: マッチョはなりを潜めてきたけどエロは過多だよなあ。
   柚摩サトル『フィジカル・レッスン』: なんだかこの人の描くキャラは上滑る感が。
▽:緋色れーいち『パーフェクト×××』,文月あつよ『ダメなくらいが丁度いい』,
   羽柴紀子『愛犬家はかく語りき』,藤たまき『はるか上空のかまいたち』
スルー:かんべあきら『龍絡の華』,金沢有倖『神の子~セブンス~』,
     祐也『彼と彼の場合~すくすく日記~』,彩葉チヨ『奥サマは勇者』,
     トジツキハジメ『ウサマン』,羽崎やすみ『学園ルンバ』
[PR]

by bonniefish | 2008-07-01 23:59 | 漫画感想 | Comments(0)