Ethos-Annex

tanbi3.exblog.jp
ブログトップ

<   2008年 03月 ( 2 )   > この月の画像一覧


2008年 03月 16日

Double Punches

花粉症気味の所に風邪を引き込みフラフラです。原因が酒席の多さなのがなんとも。
金曜の夕方から悪化して日曜夜には大方快癒するサラリーマン体質が憎かったり。

初の大仕事は論点も出尽くしなんとか片がつきそうです。仕事の奥の深さを痛感・・・。


【Dear+ 3月号】 個別の作品評価の高さほどには満足できていない微妙な感じ。
◎:志々藤からり『遠恋ゴールライン』: 展開はベタ系なのに読後の充足感が高いのは
                        キャラの懊悩が等身大かつ男の子的だからか。
   三池ろむこ『ここからどうする?』: なんか囲碁という設定が浮いてる気もするが。
〇:一之瀬綾子『俺式恋愛計画』: そういや総ホモな漫画なのに違和感が無いなあ・・・。
   二宮悦巳『ももいろ倶楽部にようこそ』: ようやく話に動きが。てかリアル路線に?
   河合英規『Chance!』: やっぱ擬音が全部明朝体の写植ってのには慣れないなあ。
   右往左往『屈折』: 受につけこまざるを得ない程の攻の執着が感じられなかったか。
△:松本ミーコハウス『失恋当番』: こういうとろける系キャラは評価しにくい感じで。
   高井戸あけみ『ホームドラマ』: 恋愛系にもっていくには伏線が足り無さすぎでは?
   こいでみえこ『進入禁止の恋』: 苦手要素が満載なんだが受だけは妙にツボでねえ。
   松木加斎『桜色プレリュード』: ベタ要素を優先しすぎて持ち味が出てない感じが。
   鳥人ヒロミ『彩おとこ』,松本花『がっこうのせんせい』,
スルー:志水ゆき『是-ZE-』,藤川桐子『ツインズ ドルチェヴィータ』,
     門地かおり『生徒会長に忠告』,カマタアツキ『熱愛颱風 La Boon』
[PR]

by bonniefish | 2008-03-16 21:25 | 漫画感想 | Comments(0)
2008年 03月 04日

『未成年。』

この週末は久しぶりに大阪を訪っていました。ハードな日程で正直疲れましたが。

大阪という街に対しては自分なりに有しているイメージがありますが,その一端は,
かわいゆみこ女史の『未成年。』というBL小説によって培われたものであります。
特に冒頭の大阪環状線玉造駅でのシーンが,修学旅行で初めて大阪を訪れた際の
イメージとも相俟って,強く印象に焼きついており,初読当時高校生だった私には,
手の届かない理想郷めいた空間としてのイメージを大阪に対し抱いていたのでした。

その後,私用や仕事で何度も大阪を訪れ,大阪への評価や印象も変わりましたが,
それでも上述の憧れのようなものは実際の街とは遊離したような形で残っています。
いま改めて考えて見ると,私が少年期というものに対して昔から有している憧憬が,
『未成年。』という作品を通して,イメージ上の大阪に投影されたものなのでしょう。

今回の訪問時には『未成年。』を持参し久しぶりに読み返しながら街を回ったので,
虚実皮膜のあわいに漂うような,普段とは少し違った旅を楽しむことができました。
小説の楽しみ方にも色々あるのだなあと改めて感じ,読書意欲も高まりましたが,
まず溜まりに溜まった感想を片付けねばならないことを考えると少し萎えもしたり。


【GUSH 3月号】 期待していたラインナップが微妙だったので少しテンションもダウン。
◎:深瀬紅音『ポケット・センチメンタル』: 土地神視点での後日譚とはたまりません。
                         単行本のおまけにすべきだとは思いつつも。
〇:楢崎ねねこ『運命なのさ』: 攻キャラの魅力が全く見えてこないんだが気のせいか?
   葛井美鳥『四号×警備』: エロ描写は上手いがこの2人が恋愛する理由が弱いかと。
   和倉ゆのこ『そこから先へは入れません』: エピソードと顔のパターンに乏しいか。
△:氷室桜『人生は上場だ』: ちょっと説明臭さやテンプレ化が目立ってきたかなと。
   カムロコレアキ『セカンド』: 雰囲気にやや頼る構成の割に絵が荒れていてはねえ。
▽:岡田冴世『不本意!』,砧菜々『グリーングラスロード』,藤成ゆうき『恋愛必勝祈願』
×:かすみ涼和『EGOISM』,越智千文『キスと蜜月』
スルー:祐也『彼と彼の場合』,金沢有倖『神の子』,羽崎やすみ『学園ルンバ』,
     水野透子『スイート・ハニー・パパ』,新也美樹『うちのダーリン外国人』,
     緋色れーいち『SCOOP!』,真先ゆみ『紳士は愛に欲望を隠す』
[PR]

by bonniefish | 2008-03-04 23:59 | 漫画感想 | Comments(0)