<   2008年 02月 ( 4 )   > この月の画像一覧


2008年 02月 27日

デビュー戦のゆくえ

最初のきちんとした仕事が予想外の方向に転がっていき面倒なことになっています。
いきなりレアケースを引き当てる(しかも前任者から引き継いだ途端問題続発)あたり
将来への暗雲が立ち込めている気もしますが,粛々と処理していくしかない訳でして。
通勤時間の長さと相俟って寝不足生活からの脱却は難しそうです。忙しくはないのに。


【MAGAZINE BE×BOY 3月号】 今号の質・量双方の薄さは特筆すべきではないか?
〇:たりらびー『いじめっこ』: やはり絵柄以外にも読ませる何かは持っている人だと。
                  実験色が作品の興を殺いでるのは投稿作ゆえ不可避か。
   田中鈴木『アイツの大本命』: ギャグ色やブサカワへの追求が過度な気はするが。
   テクノサマタ『ももつめシラップ』: 天性で幼児の不器用なけなげさを描かれては。
△:三島一彦『ラバーズドール』: 展開のワンパターンさは奇抜な設定で誤魔化せない。
   川唯東子『カフェラテ・ラプソディ』: 人格が分離できていないレズっぽさは苦手。
   北上れん『みちづれポリシー』: 古い作品のスピンオフならもっと説明して欲しい。
▽:ヤマシタトモコ『ラブる。』,わたなべあじあ『すきやねん!』
×:山葵マグロ『鎖にキス』,御景椿『よりどり恋みどり!』
スルー:ねこ田米蔵『神様の腕の中』,みささぎ楓李『鬼畜眼鏡』,石原理『犬の王』,
     ホームラン・拳『仲神家の一族』,高永ひなこ『不器用なサイレント』,
     かゆまみむ『団地ヅマ観察』,九州男児『部長の恋』
[PR]

by bonniefish | 2008-02-27 23:59 | 漫画感想 | Comments(0)
2008年 02月 19日

このすべて寒き日の

ここのところ睡眠不足でして,職住近接愛好心と貯蓄精神の狭間で迷走中です(苦笑)。


【ルチル vol.22】 今号は個人的な趣味をおいてもレベルがかなり高かった気が。
◎:平喜多ゆや『ゆびきり』: 冒頭から一目惚れ&即Hという展開にも拘らず,かくも
                 切なさ全開なのはまさに天性。独白を控えれば完璧かと。
   フジサワユイ『帰る場所』: 大変上手くまとまっていて情動もよく伝わってきたが,
                  上手過ぎる所為で訴求力が弱い気がして大変勿体無い。
   秋葉東子『人はそれを恋とよぶ』: 持ち味のノリの軽さと可愛さは大変楽しめたが,
                       設定のベタさと顔のパターンの無さは要改善か。
   有間しのぶ『青い芝生と甘い水』: このカップルのスレなさっぷりも中々ですなあ。
〇:森平夏生『金糸雀』: 普通に2人がすれ違い歩み出す話なら更に良かった気が。
   山本小鉄子『あの日のきみを抱きしめたなら』: 姉の多用っぷりはどうなのかねえ。
△:雁須磨子『かわいいかくれんぼ』: この終らせ方でご都合っぽくならないのが地力?
   テクノサマタ『草の冠 星の冠』: 話を捌き切れていないように見えるのは気のせい?
   小川安積『イノセントブルー』: こんな文字だらけにしてまで小説化すべきなのか?
   一之瀬綾子 『ゴーゴー僕たち』: 毎度ながらノリだけでよく続くし読めるなあと。
   松本ミーコハウス『マネージャーさんの気持ち』,木々『ラヴ ミー テンダー』
▽:ヤマハ有『やさしい大人たち』,吹山りこ『薔薇色呼吸』,田中鈴木『夢中ノ人』,
   古田アキラ『指先から伝わる』
スルー:梅太郎『パパおかえり』,金田正太郎『マハラジャと私』,花田祐実『甘い週末』,
     小石川あお『それは食べてはいけません』,桃月はるか『世界は僕らのために』
[PR]

by bonniefish | 2008-02-19 23:59 | 漫画感想 | Comments(0)
2008年 02月 17日

空回る日々

諸々の至らなさを感じつつも時間だけが過ぎる感じで,焦燥感すら磨耗気味ですよ。
色々と苦手な状況が重なっているのもキツいですが総て身から出た錆ですからねえ。


【CRAFT Vol.35】 今号同様に次号にも厚さとクオリティを期待できそうでありがたい。
◎:ヨネダコウ『どうしても触れたくない』: 2人のすれ違いにこれ程必然性がある話は
                         久しぶりに読んだ気が。信者になりそうだ。
   宮城とおこ『真夏の距離』: 単行本書き下ろし用の後日譚的な話は好きではないが,
                   今回は妙なエロさと力の抜け方が変にツボに来た感じ。
〇:古街キッカ『鉢植えの住人』: 受の恋情の深さや当て馬の苦悩をもっと描かないと
                    これじゃ超展開に近いって。攻の描写も足りない気が。
   宝井理人『セブンデイズ』: ・・・これならいっそ隔号連載にしたらどうだろうか?
   菊屋きく子『あまい日々』: 持ち味の可愛さを年上受に投影するのはやや無茶じゃ?
△:山本小鉄子『チュチュンがチュン』: 原稿半落としの上この展開はちょっとなあ・・・。
   木下けい子『幾千の夜』: これは中3同士の話だったらもっと萌えるかも知れない。
   anya『夜明け前』: 説明を省く系の描写は好みだが流石にもう少し情報が欲しい。
▽:天禅桃子『フラッター』,樹要『インターバル』,雁須磨子『猫が箱の中』
スルー:井上ナヲ『てのひらふたつ分の恋』,真生るいす『満員御礼』
[PR]

by bonniefish | 2008-02-17 23:59 | 漫画感想 | Comments(0)
2008年 02月 06日

舌禍の連発

いきなり円滑な人間関係の構築に失敗しまくっている感じです。知識と自信のなさが
テンパリ感に繋がっているとは知りつつも,長年のツケはひたぶるに重いばかりで。
どうせ開き直って惰性に任せるのが関の山でしょうし,つくづく進歩のない人生かと。


【Dear+ 2月号】 期待どおり楽しめた感じだが,連載の終り方の荒さは気になったり。
◎:志々藤からり『遠恋ゴールライン』: ちょっと前後編にするには話が薄い感じだが,
                        受の成長と懊悩が見える辺りは魅力倍増かと。
   草間さかえ『カオス』: 攻の純情が眩しいし,受の弱さやその受容もリアルで良い。
                ただ「カオス」の部分や転倒前後の展開等はぎこちないか。
〇:西田東『天使のうた』: 展開の突飛さや息子の放置ぶりは気になるが大団円なので。
   高井戸あけみ『ホームドラマ』: ネタが盛り沢山で飽きないのは良いがいつ恋愛に?
△:ひむか透留『甘えたがりでわがままで』: こういう肯定法に縋りたい状況なので。
   二宮悦巳『ももいろ倶楽部にようこそ』: 笑えるけど主人公が板についてない感が。
   吹山りこ『感情観測』: 当て馬が全然処理できてないのが何とも。構成に失敗した?
   RINO『秘密のペット』: 受が白痴でなく絵に動きがあれば悪くないお馬鹿話なのに。
   鳥人ヒロミ『彩おとこ』,ネオ・スナオ『君と大切なもの』
▽:木下けい子『続・ツキヤマ日記』,印東サク『十年たったら』
スルー:石原理『Love or Lost』,門地かおり『生徒会長に忠告』,
     麻生海『隣人はドアを叩く』,藤川桐子『ツインズドルチェビータ』,
     花村イチカ『キミは甘い甘い…』
[PR]

by bonniefish | 2008-02-06 23:59 | 漫画感想 | Comments(0)