<   2007年 07月 ( 5 )   > この月の画像一覧


2007年 07月 26日

効力感の欠缺

また本ブログを開始した頃の精神的状況に近づいて来た気がしますね。進歩の無い。


【GUSH ManiaEX 男子寮】 次号が購入を継続するか否かのターニングポイントかなと。
△:羽柴紀子『まるで,ケダモノ』: 面白くないんだがこのラインナップでは読める方か。
▽:真行寺ツミコ『little by little』: もう少し趣味から離れた設定や話は描けないの?
   乱魔猫吉『宵街逢魔』: ある意味本誌のコンセプト通りの話なんだろうけどねえ・・・。
   あきばじろぉ『放課後,密室にて』,天堂まひる『恋華のゆらぎ』
スルー:天城れの『園長先生のしつけ方』,安南友香子『その声で囁いて』,
     かゆまみむ『愛する気持ちはわかりません!?』
[PR]

by bonniefish | 2007-07-26 23:59 | 漫画感想 | Comments(2)
2007年 07月 24日

復調未だならず

なんだか最近寝支度前に力尽きて寝入ってしまうパターンが多くて・・・。年ですかねえ。


【BOYS JAM! Vol.7】 見た目のエロだけに騙されてラインナップを選んでる気が・・・。
◎:阿久津柑子『夢見る少年』: 冒頭が急だが感情の動きや話の流れもリアルで良い。
〇:遠山マスコ『果てがなくとも』: ベタなりにシンプルにまとまっていて悪くないかと。
   葛ノ葉王子『Migratory Fish』: かなり好みの絵と間だがシリアスの浅さが惜しい。
△:みろくことこ『そーゆーことにしておけよ』: 最後の2ページの受にはただ悶絶で。
   山田酉子『セカンダリ・ビューティフル・シーズン』: なんか絵も話も若干荒くない?
▽:ヤマびっこ『みつめて執事×2』,BENNY'S『忘れないでね』,
   井ノ本リカ子『にげられない』,桜木あやん『兄たちの事情2』,
   柚摩サトル『オトナになったら。』,凪まゆこ『Poor Boys』
スルー:十七星ふき+朝丘夏生『我慢できない MY LOVER』
[PR]

by bonniefish | 2007-07-24 23:59 | 漫画感想 | Comments(0)
2007年 07月 18日

墜落の夏

一念発起を決意しつつ実行に踏み出せずに時を過ごすストレスと裏腹の高揚感に乾杯。


【Dear+ 7月号】 ついにこの雑誌でも冒頭3作品連続スルーですか・・・。なんともはや。
◎:三池ろむこ『ずっと待っていた』: さりげない接触をこんな風にリアルに描かれると,
                      あり得ないとは知りつつも挙措に引き込まれる感が。
〇:夏名イサク『フリーパンチ』: 攻はよく描写できているけど受がどうもちぐはぐな印象。
   草間さかえ『あつくてつめたい』: 相手側の描写は見事だが主人公側は唐突では?
   深海ねね『西園寺君の夏休み-本番?-』: 色々無理はあるがキャラの恋情が絶品で。
△:珠莉朱夏『トリック アンド トリート』: この安直さで策士攻ってあり得ないでしょう・・・。
   南野ましろ『てのひらに、はなのさく』: 珍しく脳内感がなく持ち味が上手く出ている。
   橘皆無『BOYS LOVE』: この後の原作のド安直な展開は一捻りして欲しい所だが。
▽:高橋ゆう『情熱の嵐』,ユキムラ『桃色天狗』,高井戸あけみ『月のマダム』,
   橋本あおい『東雲荘物語・番外篇』,松本花『苺王子』,依田沙江美『よるべなき男』
スルー:真山ジュン『LOVE SEXUAL』,梅太郎『明日、彼のベッドで。』,
     志水ゆき『是-ZE-』,高橋まーさ『溢れるくらいRain』
[PR]

by bonniefish | 2007-07-18 23:59 | 漫画感想 | Comments(0)
2007年 07月 11日

こぼれゆく平穏

自分の性格が後ろ向きであることに基づく諸弊については関係者に相談が出来ないので
却って乗り越えづらいものがありますね。肥大したイドと超自我との不毛なる鬩ぎ合い。


【GUSH 7月号】 作家陣の評価がまあ良い,難あり,スルーに3極化してきた気が・・・。
〇:タカハシマコ『赤苺青苺』: この人では珍しく先輩のキャラが消化不良なのが惜しい。
   楢崎ねねこ『好きでしかたない』: 主人公の心情が弱いなあと。あと小頭化がねえ。
   文月あつよ『ハツキス』: 端々に滲む一杯一杯な感じが自分のツボなんだろうか?
   氷室桜『僕に恋した証券マン』: テンプレを上手く使っているし持ち味も出ていて。
△:葛井美鳥『最愛アンビバレント』: 続編にしては読めるがややトラウマが単純かと。
   柚摩サトル『カウント0』: 攻の精液で受に超能力が一時的に伝染するって・・・。
▽:つげ雨夜『海で待ち合わせ』,羽柴紀子『青春の躓き』,千歳ぴよこ『星空のしもべ』
スルー:祐也『手の中の星』,桜川園子『危険遊戯』,高永ひなこ『恋する暴君』,
     すずはら篠『朔楽屋・湯けむり万華鏡』,かのこゆり『ミニマム・コレクション』,
     羽崎やすみ『学園ルンバ』,あすま理彩『奥様は魔女!?』
[PR]

by bonniefish | 2007-07-11 23:59 | 漫画感想 | Comments(0)
2007年 07月 08日

紫煙ただよう

この週末は知人らと楽しく過ごしつつも,葉巻を数本くゆらさずにはいられませんで・・・。

昨今の迷走し懐古に浸る心に任せて購入し,帰宅後に地味地味と読み進めているのが
『民族対立の世界地図 アジア/中東篇』『欧州・北南米・アフリカ篇』の2冊であります。
著者である高崎通浩氏には,私が高校3年生のときに予備校で世界史を教わりまして
興味深い人物であると思っておりましたので,その縁もあって今般購入した次第です。
まあ人類有史においても十年一日の如き悲喜劇が蜿蜒と繰り返されているのだなあと,
俯瞰するに晴れるような心の一部があるわけでして。世界史に興味がありましたら是非。


【MAGAZINE BE×BOY 7月号】 ×の前2作品をスルー出来ない辺りの駄目さが・・・。
〇:野火ノビタ『欲しいのは望み』: 毀誉褒貶が激しいことも判るが,エゴ含みの情動を
                     描くのはやはり上手いと思う。やや食傷もするが。
△:鈴木ツタ『この世 異聞』: この自慰的な話まだ続くのか・・・。それにしても白い。
   川唯東子『カフェラテ・ラプソディ』: 悪くはないが設定や描き方に微妙な違和感が。
   本庄りえ『指先は恋の味』: テンプレ頼りの急展開はなあ。あとこの止め絵感は何?
   舟斎文子『野良は出て行く何度でも』: 所々に味はあるがどうも同人的な閉塞感が。
▽:南月ゆう『ジョーカーの甘い嘘』,蛇龍どくろ『市立高校ヘタレ部』
×:御景椿『よりどり恋みどり!』,瀧ハジメ『官能マジック』,真田和史『夢の日々』
スルー:こうじま奈月『僕らの王国』,山葵マグロ『ロリポップ・ドラグーン』,
     水野透子『南の国の王子様』,横井里奈『電車内ではお静かに』,
     琥狗ハヤテ『あやしの君の恋煩い』,九州男児『部長の恋』
[PR]

by bonniefish | 2007-07-08 23:59 | 漫画感想 | Comments(0)