<   2006年 01月 ( 20 )   > この月の画像一覧


2006年 01月 31日

ショタ雑想(3)遍歴のようなもの①

松文館が『少年浪漫』に続き『少年愛の美学』まで休刊させるようで・・・。
残るは『ぷち-D』くらいですかね。『好色少年』も次号までは確実に出そうですが・・・。

うろ覚えで書くしかありませんが、このような『ショタ冬の時代』は、商業に限ってみるに
ブームに対応する形で3回目ではないかと思われます(2回目という人が多いかも)。
結果的に全ての動向を見る結果になってしまったのは業の深さというか何と言うか・・・。


私が「Ethos」本館にある次第で801に嵌められ、独り立ち(苦笑)してしまった頃は、
金に任せて相当量の801コミック、小説を買い込んでは濫読する日々を送っていた。
諸々のストレスもあり購買意欲が増大しており、結果的に相当幅広く購入することになり
その中に、初の商業ショタアンソロ(特集除く)『TIP TAP』が含まれていたのだ。

以前に『b-boy vol.17』ショタコン特集(b-boy初)を読まされ、その時は半信半疑だった
自分の中に、ショタ作品への嗜好があることをこの『TIP TAP』で自覚させられ、以降
商業ショタアンソロをかなりの割合で集めることとなる。初期は絵もネタも酷いもので、
まさにやまなし・・・であり、脈絡無いエロとか、デッサンも狂いまくりの作品が多かったが、
『テディ・ボーイ』1巻掲載のくるみぎくるみに動揺を受けたことは記憶しているし、
『Under Cover BOYS』の天竺浪人に感じたエロティシズムの衝撃も鮮明に浮かぶ。

そして97年の第1次出版ブーム。何をとち狂ったか各社が一斉にアンソロを出しはじめ
月に4~5冊はショタアンソロが出るという未曾有の事態が出来した。書き手の不足からか
男性向けエロ作家の流入も多く、また若干向上の傾向が見られた作品の質についても
エロ重視の傾向と粗製濫造により再び低下、食指の動かないアンソロも少なくなかった。
そんななかで『X Kids』が、女性向け作家による、ストーリーを伴うエロをコンセプトとして
売り出され、もっともたちが悪いと思いつつもその刺激により深みにと引きずり込まれる。
また類似のコンセプトで、ショタ初の雑誌『少年天使』が出されたことも特筆すべきだろう。
(一時は兄弟誌の『半熟天使』まで出され、毎月ショタ雑誌が店頭に並んでいた訳で・・・)

このブームは99年初期までにほぼ収束し上記2誌と『ROMEO』を除きほぼ休刊するが
間を空けずに「女性主眼・エロ重視」のアンソロが数誌出され、ショタ再興を予感させた。
玉石混交とは言えストーリーや画力への配慮が見られ、質の向上は明らかであったし。
(新陳代謝の激しい私の本棚で生き残っているのは、この頃からのものが殆んどだし)
しかしこの期待すべき動きは1年と続かず、皆数号であっさり休刊してしまい落胆。
おそらくは(既に一定数を占めていた)男性読者を取り込めなかったからだろうが。

個人的には、業界が息を吹き返した(ように思えた)この99年中盤を「第2のブーム」と
考えているのだが、第1次ブームの最後の残り火とも単なる過渡期の混乱とも言え、
この括りには異論もあるかもしれない。時を同じくして、第1次ショタブームを支えた
『ROMEO』が休刊しており、これをもってブームの終わりと捉える方が良いのかも。
同誌の功績(?)に鑑みればそのような把握も頷けるが、当時の自分としては
第2の山だと捉えていたし、その収束と共に第1次ブームの一つの象徴とも言える
『ROMEO』までもが休刊したことに対する感慨のようなものは大きかったので・・・。

その後も停滞は続き、00~01年は先程の2誌のみが(それぞれ書名は変えつつも)
刊行される状況が続く。『XX』の安定振りは見事で、兄弟誌『X-Boys』も出されるなど
冬の時代において唯一の灯台のごとき存在だった(『少年天使MAX』の話の無さには
不満を覚えつつも買い続けるしかなかったが・・・)。やがて『少天』『X-Boys』も休刊し、
いよいよ『XX』のみが最後の橋頭堡となり、ショタアンソロの運命もかくやと思われた時、
再度ブームに向けての胎動が始まったのである。『D-Pri』『ショタコミ』の登場によって。


長くなったので今日はこの辺で。間違いもあると思いますのでお気づきの方はご指摘を。

今回の参考資料・・・”ショタアンソロジー誌”の変遷
[PR]

by bonniefish | 2006-01-31 23:52 | 長文雑想 | Comments(0)
2006年 01月 30日

明日は試験

なので流石に小ネタ1つでご勘弁を。


私の敬愛する(昨日も使ったな・・・)小説家である鷺沼やすな女史が、日記にて

「素晴らしいと思ったのはこれだけ恋愛を中心に扱いながらキスシーン一つなかったこと。
 驚くべき上品さです。今のBL界に見習わせたいと思いました。昨今のBLは、自分の
 作品を含めて、濡れ場が余りにもふんだんにあり過ぎるのでは……と感じています。」

と書かれているのを発見し、思わず深く頷いてしまった次第でして。
敬愛する方もこのような類似の現状認識を持っていることに心強さと嬉しさを覚えたり。
・・・なんかこういう感覚って(差別的な意味ではなくて)女性的なような気もしますが・・・。

彼女のサイトはこちら→鷺沼企画二番館
旧館時代に若気の至りで掲示板に書き込ませて頂いたのもほろ苦い思い出です(苦笑)。
[PR]

by bonniefish | 2006-01-30 23:59 | 801雑記 | Comments(0)
2006年 01月 29日

久しぶりに本館更新

以前から友人と『墨耽キ譚』という対談企画を開催してネットで掲載しているのですが、
そちらでこの度、私の敬愛する池田乾の『戦う! セバスチャン』を扱うことと相成りまして、
「Ethos」本館にも加除修正の上掲載いたしました。よろしければご笑覧を頂きたく。
なお対談の性質上、メイドであるツネッテをフューチャーしておりますのでご承知置きをば。

http://www.geocities.jp/tanbi_3/bokutan/sebastian.html
[PR]

by bonniefish | 2006-01-29 23:58 | 漫画感想 | Comments(0)
2006年 01月 28日

オーバーペース

流石にこの調子でやっていると奇跡すら起こせなくなりそうですが。以前とは雲泥の差。


畝ちうさ『飛ぶ、夢を見た』 文章・構成〇 恋愛度◎ ネタ◎ バランス〇 好み◎
一気に読み進み読後の余韻を満喫できた作品。と言いつつ個人的な好みな気もするが。
若干文章は硬いし、ネタとなっているパラグライダー絡みの説明や描写も多い。
キャラクターも多いし、恋愛イベントが多発するわけでも描写が尽くされるのでもない。
しかし「空への憧れ」を描き出すことには成功していると思うし、その同じ憧れを通じ
2人の感情が共感しあい求め合う姿や、それぞれの心理的成長などが鮮やかに描かれ、
読んでいて各キャラクターに非常に移入できるし、話の展開にも納得も行くのである。
荒削りな感も否めないが、その点も含めて魅力ある作品に仕上がっているように感じた。

描写を尽くす(紙幅を割く)ことがその対象をリアルに描くことではないということは
常々思っていることだが、本作はその見本のようなものであろう。余韻が堪らないのだ。
読み手の想像力をくすぐる、あるいはその余地を残しながらも必要な所はしっかり描く、
私はそうした作品を求めて止まないし、これこそが読書の至福だと思っているのだが、
近時逆の動きばかりが801に限らず見られ、ただ嘆息するしかないわけで・・・。
さすがに801のエロ描写に関しては看過し難い状況になっていると思うのだが、
縮小する業界の中ではそうした「一定数は確実に売れる」作品がはびこるのだろうか。
[PR]

by bonniefish | 2006-01-28 23:18 | 小説感想 | Comments(0)
2006年 01月 27日

絶妙なるカウンターアタック

例によって逃避と実益を兼ねて、積んであった801やラノベ類をダンボールに収納する等
部屋の掃除を行っていたところ、退社時に同僚の方々から頂いた色紙が出てきました。
そこに踊るは再び学び舎に戻る自分に対しての温かい励ましと応援のお言葉の数々。
・・・このタイミングかよ・・・。胸が痛いというかなんというか、天の配剤なのかしらん・・・。


剛しいら『おもちゃの王国』: 文章・構成△ 恋愛度▽ ネタ▽ バランス△ 好み▽
話の展開についていけないというか、ありえない感が強すぎ。好みが分かれそうな感じ。

嶋田まな海『ヘヴンリー・ブルー』: 文章・構成△ 恋愛度△ ネタ▽ バランス〇 好み△-
メロドラマ風にしては(だから?)悪役が薄いんだよなあ。ある意味酷さは際立つけど。

六堂葉月『この腕いっぱいの愛をキミに』: 文章△ 恋愛度▽ ネタ▽ バランス△ 好み▽
設定の説得力のなさが話全体を安くしている。あとそもそも恋愛感情にならない気もして。

篠原まこと『純愛オモチャ志願』: 文章・構成△ 恋愛度▽ ネタ△ バランス〇 好み▽
お子様向けエロ重視としては上手く書けているけど、この程度でSMを語るとは笑止千万。

新條由貴『背中越しの熱情』: 文章・構成▽ 恋愛度▽ ネタ× バランス△ 好み×
ニートや失業といった背景の妙なリアリティと吹っ飛んだ恋愛(?)のミスマッチさに絶句。
[PR]

by bonniefish | 2006-01-27 23:56 | 小説感想 | Comments(0)
2006年 01月 26日

引きこもる1日

やるべきことが捗らないとつい出不精に。ストレスを食事以外でいかに発散すべきか・・・。


【Dear+ 2月号】 前半にスルーが続くのはなあ。○つけたの多分南野ましろの代原だし。
◎:池田乾『戦う! セバスチャン』: ヨハンネタはやや牽強付会だがキャラは生きてるし。
〇:浜野リカコ『アンチロマンティック』: 間の取り方や些細なやり取りに共感が持てる。
   夏葉ヤシ『君の中にもあればいい』: キャラの幼さを割り引けば心情にも納得が行く。
△:窪スミコ『年上彼氏。』: このキャラ設定には無理が。エロも編集に入れさせられた?
   月本てらこ『惑性.’s』: 思いつきなのか伏線なのか背景が分かり難い。次どうなる?
   松本花『がっこうのせんせい』、藤川桐子『クレシェンド2』
▽:石原理『恋いしいひと』: 絵の乱れが酷くないか? ネタだけで済ますのもねえ・・・。
   西田東『聖なる男』: 最近話に明るさと激情の両方を追求しようとしてコケてる気が。
   吹山りこ『Sparkling Romeo2』、珠莉朱夏『熱情スコール』
×:麻生海『隣人はドアを叩く』: 小説に忠実すぎてテンポが悪い気が。モノローグ過剰。
スルー:門地かおり『生徒会長に忠告』、南野ましろ『はちみつ光線大作戦』
     志水ゆき『是』、えみこ山『懐疑は踊る』
[PR]

by bonniefish | 2006-01-26 23:31 | 漫画感想 | Comments(0)
2006年 01月 25日

「楽しいことなら何でもやりたい」

首が千切れるほど共感したい歌詞ですが、現況に鑑みるに寝言は寝て言えという感じで。


【小説Dear+ フユ号】 唯一の小説誌なので従来テンプレに。粒揃いだが物足りないか。
・松前侑里『月とハニーベア』:▽ 設定とキャラだけの展開では前作ファンしか喜べない。
・いつき朔夜『午前五時のシンデレラ』:△ キャラの行動を裏付ける心理描写が浅い気が。
・うえだ真由『それはそれで問題じゃない?』 :△ 恋情の理屈っぽさと自己中なキャラで。
・久我有加『月も星もない』 :〇 ようやくお笑いと関西弁が背景に納まってくれたので。
・渡海奈穂『神さまと一緒』 :〇 ファンタジー色のせいかこの人にしては恋愛描写が弱い。
・玉木ゆら『元彼カレ』 :△ 文章力はあるが自己中な攻2人に振り回されるだけでは・・・。

・朝丘みなぎ『gift』:◎ 展開に無理なく心情も理解しやすいし人を食った語り口も笑えた。
・門地かおり『第二ボタン下さい』、十波妙子『コヨリせーふくけーかく』: スルー
[PR]

by bonniefish | 2006-01-25 23:59 | 小説感想 | Comments(0)
2006年 01月 24日

日々是鬱日

逃避の対象から先に潰すってのもつくづく後ろ向きですよね(苦笑)。


神奈木智『ブロードキャストを突っ走れ!』: 文章〇 恋愛度〇 ネタ△ バランス◎ 好み〇
脇の兄弟ネタ、分かりやすい展開、業界等が微妙なんだが、読みやすいし楽しめたので。

砂原糖子『斜向かいのヘブン』: 文章・構成△ 恋愛度〇 ネタ▽ バランス〇 好み△
読みやすい佳作だが、リーマンにしては幼さが目立つし、何より設定の吹っ飛び方がね。

坂井朱生『誘惑のプロセス』: 文章・構成△ 恋愛度△ ネタ▽ バランス△ 好み△-
金で買われた相手に惚れる話も多いなあ。エロの多さからして身体に流されただけじゃ?

池戸裕子『部屋の鍵は貸さない』: 文章・構成〇 恋愛度△ ネタ△ バランス〇 好み△+
執着の描き方や話の運びは良いが、展開のくどさと受の内気な受動性が趣味でなくて。

葉澄梢子『練習曲 エチュード』: 文章・構成△ 恋愛度〇 ネタ△ バランス〇 好み△-
これも分かりやすい展開・キャラなんだが、流石に距離の詰まり方がご都合過ぎないか?

樹生かなめ『黄昏に花が舞う』: 文章・構成△ 恋愛度▽ ネタ△ バランス△ 好み△+
ぶっ飛んだキャラの細部描写は見事だが、ここまで他人事だと恋愛小説じゃないんじゃ?

吉田ナツ『ダブル・ベッド』: 文章・構成△ 恋愛度△ ネタ△ バランス◎ 好み△
恋愛をそつなくこなしているようには見えないんだが、良く売れるように出来ているかと。
[PR]

by bonniefish | 2006-01-24 22:57 | 小説感想 | Comments(0)
2006年 01月 23日

身をば用無きものと思いなして

戯れにセンター試験など眺めてみる今日この頃。本末転倒もはなはだしい・・・。


【少年浪漫 参】頻繁な書名変更と編集方針の揺らぎが招いた不幸だと思いたいが。
◎:志摩京佑『かわいい人』: 絵もこなれたし少年同士の掛合いやエロの自然さが良い。
〇:乙里玲太朗『柳澤さんのお仕事』: 構成凝り過ぎな割にエロが唐突なのはどうかと。
   水内繭子『キューティ・ブロンド』: 話をまとめるために展開が急ぎ足なのが惜しい。
△:夏葉ヤシ『待合架国』: こんなにエロを書く人とは予想外だが、絵柄も適材適所かと。
   俊成有人『はじめてのお仕事』、鈴虫ぎょえ『人魚姫の恋』
▽:牛乳リンダ『年上の人』: ここで休刊って・・・。半分落とした結果なんだろうが。
   達波鷹仁『BROTHER×3!! Kisses』: ギャグの好みや萌え所が違いすぎて興味も。
   栗山なつき『愛情料理』、ゆえこ『プレゼント』
×:nicoco『夜半の秘め事』、井ノ本リカ子『ぺたぺた』
スルー:河本ひろし『ボクとあっくん』、水野透子『あまいせいかつ』
  

楢崎ねねこ『いっしょに暮らそ。』: 絵柄◎ キャラ◎ ネタ・展開〇 恋愛度〇 好み◎
恋愛感情に納得が行く話が多いのが良い。独特のおとぼけと無理のない設定も好み。

野守美奈『ベッドの上の天国』: 絵柄〇 キャラ◎ ネタ・展開〇 恋愛度〇 好み◎
ちょっと話ごとに設定に振られている点が惜しいが、各キャラクターの存在感はさすが。

九条AOI『微熱週間』: 絵柄〇 キャラ〇 ネタ・展開◎ 恋愛度〇 好み〇
独自の雰囲気が好みだしエピソードの切り取り方も上手い。ただオフィスで諸肌脱ぐか?

ほづみりや&関涼子『てのひらでキス』:絵柄〇 キャラ〇 ネタ・展開△ 恋愛度〇 好み〇
止め絵感や展開の急さ、話の浅さなどが気にはなるが、妙に個人的琴線に来る感じで。
[PR]

by bonniefish | 2006-01-23 23:59 | 漫画感想 | Comments(0)
2006年 01月 22日

重箱の隅症候群

自分でも全く非生産的であり性格の捻じ曲がった所だなあとはつくづく思うのですが、
他人様の些細な誤りを見るとついつい訂正したくなってしまうという悪癖がありまして。

今回槍玉に挙げようと思うのは、先日追悼文なんぞを書いた『少年浪漫 3』の冒頭作
「画・nicoco 原案・氷華白絽 古語訳・智之」という仰々しいキャストの『夜半の秘め事』。
カラーイラストに適当な文章をくっつけお茶を濁そうとするという良くある安直なネタですが
そこについてる古文が自称監修付きにしてはあまりにあまりだと思われましたので。

本当は全文引っ張って直したいところですが、かったるいし一応著作権も気になるので、
個人的な趣味を超えておかしいと思われる所のみ引用してみようかと。


「その姿おおいに人を惑わさんと思し召され/養父その稚児をば座敷牢にて過ごさせん」
・・・なぜ「思し召され」と敬体をとるか不明。助動詞「む」が意思の意味となるのは一人称。
→「その姿おおいに人を惑わさんと思はれ/養父その稚児を座敷牢にて過ごさせんとす」

「稚児を掻臥せんとす/養父の姿こそと言うべきや」
・・・「養父」の前なのに終止形。「こそ」の結び無く再び「や」を使用。強意の対象も不明。
→「稚児を掻臥せんとする/養父の姿こそあさましと言うべけれ」

「亡き母と似たるる容貌なり/蝋燭の炎たよりて仄見ゆ養父の姿」
・・・存続「たり」の連体形は「たる」。養父にかかるので終止形ではなく連体形。
→「亡き母と似たる容貌なり/蝋燭の炎たよりて仄身ゆる養父の姿」

「あさましければこそ、絶たんとす」「愛しとぞ思ふ心地いとあはれ」
・・・「こそ」の結び。「いとあはれ」と語幹で止めるのは例外では? 「心地」が「あはれ」?
→「あさましければこそ、絶たんとすれ」「愛しとぞ思はるる心地、いとあはれなるものなり」

「然れどもそのことをば言わんと欲すればその時をも失わん」
・・・「も」というが他に失うものなし。言おうとすると機会を失うという論理的な不整合も。
→「そのことをば言はんと欲すれども、言はばその時をこそ失はめ」


まあこれだけ紹介すれば雰囲気は分かるでしょうが、稚児を引き取って犯す話ですな。
直さなかった所にも疑問はありますが、趣味もありますし私にも大した知識はないので。
ただ監修として名前のっけるくらいなら明らかな文法的な誤りは排しておくべきでは・・・?
[PR]

by bonniefish | 2006-01-22 02:31 | 長文雑想 | Comments(0)