<   2003年 04月 ( 2 )   > この月の画像一覧


2003年 04月 11日

雑感

一応更新ペースくらいは上げ気味にしていきたい・・・。

S・稔也の『転校生』は楽しめたと思う。
相変わらずこの人独特のキャラクターとストーリー展開なので
納得できないところも少なくはないのだが、
今回はそう急展開も暴走もなくまとまっていたかなあという感じ。
そもそも小学生同士が・・・と言う時点で萌え出してしまう
私の属性に所以しての評価であろう事は明白なのだけれど。

あとは何冊か読んでるけど印象が薄いなあ。
魔鬼沙夜香の『傍にあるなら、犬のように。』なんかは
展開が読みにくかったという点では印象に残るけれども
奇抜な設定を断章的に描いたことから生じた偶発的効果とも取れるし。
そもそも主人公の心情の書きこみに説得力が足りない気もしたけど。

ああそうだ、藤森ちひろの『無慈悲な夜』にも考えさせられましたね。
まあ内容は良くある強姦→脅迫→蹂躙→恋愛というパターンだけど、
あとがきで「こんなことはありえません」などと自嘲などをしている。
もちろん読んでいるこちらだってそんなことは百も承知だが、
(そもそも検事が捜査対象の関係者を強姦して脅迫するんだから)
ことさらに後書きでこう書かれると不快感を掻きたてられる。

もちろん自分としても歯がゆいものがあるからこう書いたのだろうけど、
ある面においてこれは読者に対する裏切りとなり得るような気がしてならない。
仮にあんな内容でも楽しみ惹きこまれて読んできた読者がいた場合、
あの後書きは非常な冷や水になると思われるからである。
作者である以上、自らの作品についてのうかつな失言は
避けた方が懸命だと思うのだが、妙な後書きが多いなあ・・・。
この間も後書きに唸らされたばかりだし。

いっそ後書きの評論でも始めようかしらん。
まず俎上に上げざるを得ないのが神谷凪であろうことが疑いないので
実行に移す可能性は少なそうだけれども。

(初出:『Ethos』「やおい雑記」。本記事は2006年10月12日に転載されたものです。)
[PR]

by bonniefish | 2003-04-11 14:00 | 小説感想 | Comments(0)
2003年 04月 04日

4月だ・・・

こうして晒しておくことが自分にとっての最大の制裁かしらん・・・。

須和雪里の『モザイクリング』は以外に悪くない感じ。
三角関係の話なのですが、この人独特のテンポで書いてあるし、
展開やキャラの心情の動きが唐突だったりするものの、
なぜか読後感が悪くなかった。恐らくはバカキャラがしっかり書けていて、
かつ残りの2人のトラウマ的な部分をうまく絡めてきたからかな。

しかしツーペアシリーズや『タブー』などでも見せているとおり、
底抜けキャラと奇人系キャラの心の闇を書くのには長けているようで。
好きなんでしょうなあ。たまに読んでみると良い感じでした。

これでも毎週5冊以上買って読んでいるのになあ・・・。
別館*1の方なんか全く手がついてないし。おそろしや。

(初出:『Ethos』「やおい雑記」。本記事は2006年10月12日に転載されたものです。)
*1 別館・・・本人もよく覚えてないのですが(苦笑)、構想だけした個人サイトのことかと。
[PR]

by bonniefish | 2003-04-04 14:05 | 小説感想 | Comments(0)