カテゴリ:801雑記( 59 )


2006年 09月 10日

恐れていた事態が

・・・ライコネンよ、なぜフェラーリに・・・早いチームであることは確かだけど・・・。

旅行はつつがなく済みました。兼六園の代わりに本物の地方名望家を拝む光栄もあって。
自宅敷地内に書庫を置いて移動式書架を設置しているなぞ羨ましくまた頭も下がります。
自分の膨大な漫画や文庫本を全て本棚に陳列したいという夢が一段と膨らみましたが、
宝くじでも当てるしか方法はなさそうで・・・。そもそもの購入ペースも考え直さないとなあ。

最近本屋に行くペースも半減以下になっており(密林の1割還元は結構大きいですよ!)、
実物を確かめずに本を購入することが多くなっているので、若干購入量に保守的傾向が。
経済的には良い事態ですが、掘り出し物に出くわす可能性も下がってしまうのが問題で。
最近買った801漫画の中で気に入っている4冊の内、小鳥初夏『純情でわがままな彼』と
夏目イサク『ダッシュ!』の2冊がストレス亢進時に衝動買いした物である辺りに鑑みれば
やはり趣味上ある程度の投資と冒険は必要であると考えざるを得ないわけでして・・・。

そういや801漫画も10冊以上読了本が溜まっていますね。そろそろ何とかしなければ。
[PR]

by bonniefish | 2006-09-10 23:59 | 801雑記 | Comments(0)
2006年 08月 12日

実行できていないことリスト

これから両親と共に深夜の国道を走破して帰省しますので、その前に覚書をば。
就職活動やらが来週一杯くらいで一段落してくれれば良いのですが・・・。

・溜まっている読了小説(21冊)、コミック(10冊)および雑誌(3冊)の感想UP
・文章をものしておきたい作家(鷺沼女史、西条氏、知人より推薦された嶋田双葉など)
・しつこくショタ論(この間の祭りでのコメントが示唆した辺りを再整理)
・知人とのメールでのやりとりを整理していくつかの雑文に
・サイト時代の記事をblogに落とし込む

ただおそらく一番上だけで今月が暮れるという方に100カノッサという感じですが・・・。
[PR]

by bonniefish | 2006-08-12 23:59 | 801雑記 | Comments(0)
2006年 07月 11日

一応羞恥心もあるので

イレギュラーな更新で下の記事をトップから外してみたり。まあもう手遅れなんですが。
的確なコメントを頂いて改めて考えてみるにになかなか面白いテーマであるような気も
してはきているのですが、話が広がりすぎてとても手に負えそうな問題ではないですし、
身勝手なエゴを書き殴って憑き物が落ちた面もあるので、もう良いかなあと。←自己中

本当はああいう個人的なイタタな感覚を描かない方が良いんだろうなあとは思いつつも、
やはり一人で801を読んでいるとどうしても澱のように溜まってくるものがありまして。
いい年こいて一人だけ腐男子を辞められてないのがそもそもの間違いなんでしょうが。


ペリカン便のおじさんに不審がられるほどのペースで取り寄せた801は以下の通り。
・『MAGAZINE BE×BOY 8月号』(雑誌)
・『GUSH 8月号』(雑誌)
・ユキムラ『嘘つきはだれだ』(コミック)
・一條惺理『寂しがりやな唇』(小説)
・こたにみや『その腕の中の優しい夜』(小説)
・鹿住槇『君は笑顔で嘘をつく』(小説)
・双海眞奈『闇のうつつは』(小説)←これはB/Oで購入。やはり当たりでした。


遠からぬ内に別な所で喋ったナヲコ氏についての言動を纏め直したいと思っています。
読者の皆様方には不評な(苦笑)私のショタ趣味を別な面から説明するのに使えそうで。
[PR]

by bonniefish | 2006-07-11 00:00 | 801雑記 | Comments(0)
2006年 07月 03日

怒涛の注文

1週間足らずで2万を軽く超える購入ペースは駄目大学生~社会人の頃以来ですね。
といっても非801のコミックや小説も結構多い上に、まだ1万円分以上が未発送なので
ここに記すのはそう多くは無いですが、要は無駄にストレスが溜まっている訳でして・・・。
しかも購入してもろ読む時間も無いという罠・・・。通勤ラッシュ時に読めないのがキツイ。

というわけで最近購入した801は以下の通り。まだまだ溜まりそうですね・・・。
・『小説Dear+ ナツ号』(雑誌)
・『ウンポコ vol.6』(雑誌)
・『GUSHmaniaEX 体位』(アンソロ)
・池田乾『戦う! セバスチャン 6』(コミック)
・日下孝秋『ポチの幸せ 1』(コミック)
・高遠琉加『楽園建造計画 3』(小説)
・小川いら『好きと言えなくて』(小説)
・麻崎朱里『夜明けに堕ちる恋』(小説)


前回の記事に補足しますが、両思いで即ベッドインすること自体への抵抗感があることは
確かですが、むしろそれ以上に「まさにその場」という状況の不自然さを強く覚えたなあと。
屋上とかカラボとか教室とかで勢いのままに突入というのはオジサンには付いていけず。
改めて考えるに、特に801漫画での初Hってまともなシチュの方が少ないのかも(苦笑)。
[PR]

by bonniefish | 2006-07-03 23:58 | 801雑記 | Comments(0)
2006年 06月 19日

断罪前の弛緩

過去の結果、今後の勤務先のいずれにも危険な情報ばかり入り鬱は募るばかりですが。
さいたまドライブで深夜豪雨の中の県道を爆走しても生殺しの憂さは晴れませんでして。

とりあえず今週中にマガビーには手を付けておきたい所です。折角発売日に買ったのに。


前回深瀬紅音の感想にも書きましたが、受が女性週刊誌の恋愛特集や占いを見るのって
結構良く見かけますがどうなんでしょうかねえ。自分だって男なのになぜ女性誌を見る?
男性の恋愛対象となる点での共通性は分かりますが、女性向けに編集された記事より
自分の心情の方がまだあてになるんじゃないかと。異性という彼岸では無い訳ですし。

まったく精神的には女性で身体だけ男性というキャラなら納得できる行動ではありますが
そうではない受の行動としてもまま見ますし(そもそも上記のような受は傍流系でしょう)。
この辺の「受」と「女性」との微妙な距離感のようなものに以前から関心はあるのですが、
(おそらくセクシャリティーも絡むでしょうし)業界にコンセンサスがあるのかも微妙そうで。

書き手・読み手共に諸々の事情がある中で無理に共通項を括っても意義は薄いでしょうが
「受」を男女間のどこに位置づけるか(実軸)、及び概念に虚構性をどの程度含むか(虚軸)
この2点で数値化して、複素数平面上で表してみると面白いかなあと最近考えています。
まあ心理面と肉体面の2図が必要になりそうですが(苦笑)。何せ801穴やら裏向きやら。

ちなみにそれぞれの値が-1から+1までレンジを取るとすると、昨今の801の標準像は
肉体面が1/3+iくらい、心理面が-1/2+3/4iくらいかなあと思われます。進む虚構化。
個人的には肉体面が3/4+1/4i、心理面が1/2+1/2iくらいな感じが好みかなあとも。
[PR]

by bonniefish | 2006-06-19 23:59 | 801雑記 | Comments(0)
2006年 06月 09日

約2ヶ月ぶりに

以前よく利用していた書店に出向き、以下のように大量の801本を買い込んでみました。
といっても10冊ですが、これもそろそろ募りだした不安の現れなんでしょうなあ(苦笑)。

・『GUSH 7月号』(雑誌)
・『MAGAZINE BE×BOY 7月号』(雑誌)
・『BOYS JAM! Vol.4』(アンソロ)
・夏乃あゆみ『両想いの確率論』(漫画)
・乙里玲太朗『君のペット』(漫画)
・松前侑里『星に願いをかけないで』(小説)
・久我有加『ありふれた愛の言葉』(小説)
・剛しいら『カフェラテの純愛』(小説)
・成宮ゆり『野蛮な恋人』(小説)
・秀香穂里『禁忌に溺れて』(小説)
[PR]

by bonniefish | 2006-06-09 23:59 | 801雑記 | Comments(0)
2006年 06月 04日

絶不調

木・土・日と引き篭もってみましたが熱が下がらず辟易です。引きはじめから120時間強。
まあ半年ぶりの風邪という時点でほぼ毎月引いてた頃に比べれば大分マシなのですが。
という訳で『そんな奴ァいねえ!!』や『×‐ペケ‐』などを再読する程度の日々であります。

とりあえず801関連では、『MAGAZINE BE×BOY』の再出発が正式に決まったことが
特筆すべき出来事でしょうか。サイトも徐々に充実してきている辺りが喜ばしいですね。
といっても改めてラインナップを眺めるに微妙だなあとは思ってしまうのですが(苦笑)。
鈴木ツタや楢崎壮太が2号連続登場する辺りが期待ですかね。そういや寿たらこは??
[PR]

by bonniefish | 2006-06-04 23:58 | 801雑記 | Comments(0)
2006年 05月 24日

蟷螂の斧折れて

終わった事は振り返らない(振り返れない)ので、ひたぶるに自棄酒に溺れております。
とりあえずは溜まった小説(57冊!)を片付けつつ日銭稼ぎですかね・・・。


最近つれづれに思っていたことで801にも関わるものを一つ二つ。まあ繰り言ですが。

・ここ数年とみに『本音を言った者勝ち』的な風潮がはびこっている気がしてならず、
 社会が社会として機能していくためには「建前」も必要なのかと再実感しております。
 と言いつつなぜ自分が801においては「様式美」や「テンプレ」を受け入れないで
 管を巻いているのか一瞬考えてしまったのですが、別にこれは自己矛盾等ではなく
 むしろ「『欲望の無反省な肯定』への嫌悪」として括れば同じだと気付いた次第です。
 この辺を突っ込んでいくのも面白そうですが、多分根底は同属嫌悪だろうし・・・。

・自分は興味を引かれる小説や漫画があっても、作者の氏素性には興味が行かずに、
 むしろその人が他にどんな作品を書いたか、どのような発言をしているかという点に
 興味が留まるのですが、どうも801読者はそうではないのかなという気がします。
 趣味が合わない場合などは尚更ですが。この辺が女性週刊誌の廃れない理由とも。
[PR]

by bonniefish | 2006-05-24 23:34 | 801雑記 | Comments(2)
2006年 05月 16日

尽くせない人事

むしろ『人災起こして天誅を待つ』とでもいった感じでしょうか(苦笑)。


801は以下の3点が届いていますが、流石に読めていないですね・・・。
・鈴木ツタ『hand which』(漫画)←読了。
・『Dear+ 6月号』(雑誌)←志々藤からり、月本てらこだけ読了。
・いつき朔夜『コンティニュー?』(小説)
[PR]

by bonniefish | 2006-05-16 23:58 | 801雑記 | Comments(2)
2006年 05月 11日

新陳代謝の実例

もう全てがぐだぐだです(苦笑)。


以前801漫画の本棚を晒しましたが、その後2ヶ月の本棚の新陳代謝を纏めてみたので
ネタ切れの現況に鑑み紹介してみようかと。一部まだ評価していないものもありますが。
入れ替えがここまで激しいのは珍しいですね。勉強もしないで何やってたんだか(苦笑)。
ストレスから購入量が増えている上、笑えるものを無意識に求めているかとも思います。

新規追加
・三池ろむこ『願いかなえば』
・せのおあき『僕は僕の道を行く。』『うかつにも程がある』
・佐倉ハイジ『暴れる犬』 
・鈴木ツタ『hand which』
・深瀬紅音『ポケット・センチメンタル2』
・朝丘みなぎ『アンブロシアの誘惑』『アリアドネの緒』
・テクノサマタ『B級天国』『MAGIC CHANNEL』
・二宮悦巳『子供の言い分 ①・②』
・崇津のの『LICK IT UP!』『地獄へ道づれ』
・三島一彦『ラブネコ』『いっそもう、くどきたい!』
・やしきゆかり『都合のいいキミ』

2軍へ移動
・押上美猫『月下華人①~⑤』
・さとうかずこ『ぼくたちの家』『GO!NAKED』『LITTLE 15』『秘密色の空』
・水城せとな『窮鼠はチーズの夢を見る』
・あべ美幸『LOST CHILD』
・野火ノビタ『抱きしめてくれるなら』
・高久尚子『フロムイエスタデイ』
・館野とお子『長い間』
・佐々木久美子『鈴の音がきこえる』
・『ピュアボーイズ vol.3』
・『同人誌コレクション 山田・D・米蔵』
[PR]

by bonniefish | 2006-05-11 23:59 | 801雑記 | Comments(0)