Ethos-Annex

tanbi3.exblog.jp
ブログトップ

2004年 08月 17日 ( 1 )


2004年 08月 17日

夏休みも折り返し

というわけで諸々の追い込みに入らなければなりません。鬱ですが。
このサイトの文章を書くのもへたれながらそれなりに時間を食うものなので、
しばらくは感想も簡略的なものになってしまうと予想されます。ご了承の程を。
却ってストレス発散や逃避のために長文化したりするかも知れませんが。


朝丘戻。『わすれな人。』は兄弟もので、兄を思う弟の恋情を切々と書いている。
片思いの心情を書き込んでいながらも、あまりぐるぐると自意識過剰な感じはせず、
理性と切望との間で焦燥する様子が良く伝わってきて引き込まれるものがあった。
作中で出てくる絵本の話には寓話的な要素が強く、先に読んだ『涙忘恋歌。』が
全体として寓話めいていたことを考えると、そういったものが書きたい作家なのかと
勘ぐってしまう。こなれれば上質な恋愛譚が生まれてくることは想像に難くない。

ただ本作でも最終話でいきなり主人公が記憶喪失になっているというミラクルがあり
あまりに唐突かつ安直過ぎて萎えてしまったことは特筆せざるを得ないわけですが。
どうして素直に話を進めてくれないのか。お約束として読者に展開を読まれることに
抵抗があるのかもしれないが、別に似た話しか書けないような作家でもないのだから
わざわざ訳の分からないひねりなど入れなくても構わないと思うのだが。
読者としては突然那由他のかなたに吹っ飛んでいく話に全く付いていけないし、
却って構成力や作話力に欠けているのではないかと疑ってしまうわけで。
次回作にこそ期待したいと思っていますが、801は書かないのかなあという懸念も。


樹生かなめ『黄昏に花』はやってくれましたね。淡々と全てを受け入れるオヤジ受。
読み始めた時点で45のオッサンの視点で始まっていたのですごいとは思ったが、
枯れた筆致で強引な攻に口説き落とされるを描いていく様には正直笑ってしまった。
私は基本的にこれはギャグとして読んだのですが、正解なんでしょうかねえ。
ただ受の日常生活の描写が妙にリアルすぎるのは801小説としてはどうかなあと。
リストラの悲哀ややる気のないOL達の傍若無人振りなどを801で読まされても
エンターテインメント性は皆無なわけで。何か私怨でもあるのかしらん。
まあ801界の1つの極北を極めた作品として記憶に留めるのが正当でしょう。
リストラされて妻に捨てられてぎっくり腰起こしている受なんて空前絶後でしょう。


剛しいら『青と白の情熱』はBの色が強いか。エロ重視の書き飛ばし系ですね。
唐突な設定と展開で読者の目が眩むうちに序盤で早くも関係が出来上がるのだが、
筆力で相互の魅力や激しい恋愛感情を読者に想像させてしまうため、それなりに
読めてしまうのは流石というか。少し冷静になれば相当無茶な設定と展開なのに。
考えてみれば割と面白かった『顔のない男』も相当にむちゃくちゃな話だったし、
そういう余人が容易に考え付かないような話を筆力で強引にまとめて読ませてしまう
文章の濃密さというのは評価すべきなのであろう。個人的には食傷してきましたが。

(初出:『Ethos』「やおい雑記」。本記事は2006年10月12日に転載されたものです。)
[PR]

by bonniefish | 2004-08-17 01:33 | 小説感想 | Comments(0)