2008年 08月 03日

黒い悪魔がやって来て

昨夜,深夜一人フローリングの居間に短パン姿で寝転がってテレビを見ていたところ,
Tシャツの胸元で何か動く物が見えたような気がしました。初めは蚊だと思いましたが,
次いで体の下になっていた右のすねに動く物が当たる感触を感じたので,見てみたら,
なんとかなりの大きさの黒い悪魔が右のくるぶしの辺りの床を走っていたのです・・・。

もう驚きのあまり年甲斐も無く飛び上がりましたよ。初めに見えたのは触角だった訳で。
まあそこで体を洗いに行くよりも殺虫剤で屠る方を優先する辺りが年なんでしょうかね。
多分ホウ酸団子を食べて弱って出てきたのでしょうが,見事殺虫剤の餌食となりました。
その後はすぐシャワーを浴びなおし,右足を中心に洗ったことはいうまでもありません。

そういえば一昨年前辺りにも,真夜中に居間で奴を素足で踏んだことを思い出しました。
水を飲みに居間に踏み込んだ途端,右足の指の付け根の辺りに蠢く感触がありまして,
慌てて飛びのいて電気をつけてみると,よろよろと逃げていく中規模の奴の姿が・・・。
この時は酔いもあってそばにあった新聞紙で叩き潰してから足を洗いに行った記憶が。
偶然踏みつけるのも相当な運の悪さですが,つぶさなかっただけマシなのでしょうかね。

あんまりといえばあんまりな体験のあまり思わずこんな記事を書いてしまいましたが,
別に我家に奴らが巣食っているのではないんですね。出現頻度はかなり低いですし。
ただたまに襲撃された場合にはコアな出会いをしてしまうようです。くわばらくわばら。


【MAGAZINE BE×BOY 6月号】 毎度ながら厚くなっても読む所は増えないなあ。
◎:桑原祐子『自動昇降恋愛-恋する10秒前-』: 虚構の量が絶妙で萌えを楽しめた。
〇:サガミワカ『恋人と住みたい部屋』: トンデモ展開気味だが初々しい受に免じて。
△:舟斎文子『言葉のない僕たちは』: ごちゃごちゃして描きたい事の焦点が見えない。
   大石なつき『まっしぐら君と我が道GO』: パワーと雰囲気は良いが纏まりが弱い。
   国枝彩香『50×50』: 上手いが色々悪ノリ気味なのがなあ。完全なギャグなの?
   いちのせ葵『君のすべてを見せて』: 完全な「やおい」だがそれなりにバランスが。
▽:不破慎理『マーキナ・アンゲルス』,如月弘鷹『ウチの探偵知りませんか?』,
   高峰顕『スウィートライフ』,宮本明來『北風と太陽』,瀧ハジメ『Sensitive 30』,
   町屋はとこ『ねかせないで』,真田和史『妄想の奇跡』
スルー:藤崎こう『キング&プリンス』,遙々アルク『猿喰山疑獄事件』,
     陣内みるく『オトナのおやちゅ』,亜樹良のりかず『はちみつdarling』,
     猫又しょう『君の犬になってあげる』,みささぎ楓李『鬼畜眼鏡』,
     タカツキノボル『奥さんの妄想的日常』,九州男児『部長の恋』,
     かゆまみむ『団地ヅマ観察』,腰乃『嘘みたいな話ですが』
[PR]

by bonniefish | 2008-08-03 23:59 | 漫画感想 | Comments(0)


<< 五臓六腑を駆けてゆく      盛夏 >>