Ethos-Annex

tanbi3.exblog.jp
ブログトップ
2008年 07月 12日

決意はすれど

来週の三連休で部屋の大整理をする,と宣言して外堀を埋めてはいるのですが・・・。


【CRAFT Vol.36】 『セブンデイズ』の載せ方とか見るに,編集部に原稿収集力がない?
◎:ヨネダコウ『どうしても触れたくない』: 受の告白シーンの苦さもまた魅力だなあ。
                          当て馬の置き方も最後の余韻も素晴らしい。
   菊屋きく子『やましいからだ。』: 受の設定と描写には悶絶です。攻がどう化けるか?
〇:古街キッカ『ブラザー・コンプレックス』: 攻が作風と恐ろしくマッチしているなあ。
   宝井理人『セブンデイズ:10』: このタイプの攻に人間味を出されると弱いなあと。
△:山本小鉄子『チュチュンがチュン』: 展開次第では嵌りそうだが受の魅力が掴めず。
   藤たまき『蛇崩、交差点で』: ちょっと設定が色々過剰かなあと(10年越しとか)。
   宝井理人『セブンデイズ:9』: 一番肝心な山場なのに当て馬がメインっぽく見える。
▽:木下けい子『幾千の夜』,槇えびし『きみにあげる。』
スルー:井上ナヲ『てのひらふたつ分の恋』,真生るいす『満員御礼』
[PR]

by bonniefish | 2008-07-12 23:59 | 漫画感想 | Comments(0)


<< 続く狂宴      遠き休肝日 >>