2006年 02月 17日

ドラマCD 『戦う! セバスチャン2』

漸く入手しましたので早速聞いてみましたよ。相変わらずのハイテンションが堪りません。
ただ若干間がないというか、展開を急いで済ませてしまっているような感じで慌しいのと、
若干描写が省略されていてドラマだけ聞いていても状況が掴みにくい感じなのが残念。
前作はこの辺のバランスも良かったと思うんですが、作り手はスピーディーさを出した方が
面白さが増すと思ったのかな? それとも単に録音スケジュールがきつかっただけ(笑)?
あと正直[deivid]ネタの暴走もどうかとは思うんですが、まあお約束だしご愛嬌か・・・。
あとマイヤー夫人はともかく、前巻で出ていたロベルト&アルベルトがいないのは何故?

使用されたエピソードは、第1話Track1が2巻Ex2、5巻un1~un3(の一部)、2巻#49,
Track2が2巻#50、3巻#68、2巻#51~#52、第2話Track3が3巻#58~#60、
Track4が3巻#61~#63冒頭、Track5が4巻#90~#91、3巻#63続き~#64、
Track6が4巻#92中盤と#93、3巻#64結末、といった感じでしょうかね。
第1巻のCD同様、原作の話をうまいこと組み合わせて一つの筋に仕上げているかと。
まだ小ネタが色々と残っていますし、続編の仕立て方はありそうですがどうなるやら・・・。
[PR]

by bonniefish | 2006-02-17 23:59 | 801雑記 | Comments(0)


<< "I'm s...      分かりきったことでも >>