2008年 05月 07日

なんだかんだと

まただいぶ間が空きましたが,ひとえに週末の多忙さゆえということで如何ともし難く,
とりあえず今後のリカバーに期待ですかね。大分既読雑誌も溜まってしまいましたし。

実家の図書の大整理を8割方終えたところで全作業をストップさせてはや3ヶ月以上,
これによりネット環境等が整いきらないところにも原因があることは把握しています。
一応買ったことくらいは書いてからダンボールにしまいたい801本が百冊弱はあれば
逃避癖が出るのもやむなく・・・は無いですよね。別室で就寝して片付けますか・・・。


【GUSH 4月号】 急に分厚くなっても読むところはそれほど増えないという罠・・・。
◎:有藤えみ花『扉を開けたら』: エロが多い割にストーリーや心情でも肝を押さえて
                    あるから流さずに読めた。顔アップの多用が珠に疵。
〇:タカハシマコ『トイレの王子様』: ちょっと設定に凝り過ぎて話が薄いのが惜しい。
   氷室桜『人生は上場だ』: 後編は上手く進んだしHへの流れやエロさも良いかと。
   楢崎ねねこ『運命なのさ』: 恋情が育つ部分が弱いんだよなあ。多作ゆえなのか?
△:越智千文『彼のドルチェ』: 設定の出し方の方向性は好みなんだがぎこちないか。
▽:文月あつよ『ダメなくらいが丁度いい』,霧嶋珠生『そーゆーコトにしておけば?』
×:青山あると『HERO!』,梶本潤『正しい夫婦生活』,羽崎やすみ『学園ルンバ』,
スルー:祐也『彼と彼の場合』,岡田冴世『不覚!』,桜川園子『危険遊戯』,
     かゆまみむ『熱愛ラプソディー』,かのこゆり『子供の寝てる間に』,
     吉條ナツル『Only Miracle』,真中ココ『名探偵明峰氏の華麗なる日常』
[PR]

by bonniefish | 2008-05-07 23:59 | 漫画感想 | Comments(0)


<< ようやく      なんやかんやで >>