2008年 04月 13日

なんやかんやで

期末期初と職場も慌しいうえに生来の逃避癖に苛まれ,さらには酒席も多い中で,
週末は週末で畏友らと様々に親交を深めたりあるいは惰眠を貪るしかない状況下,
すっかりこちらを放置してしまいました。4万アクセスの日をあっさり看過しましたし。

とりあえず流石に1ヶ月は空けたくないですし,雑誌は相変わらず読んでいるので
偏頗しつつも更新は続けていきたい所存ですが,諸事情がそれをどこまで許すかは
正直微妙かもしれません。本当はやらないといけないことがごまんとありますし。
しかし最近一番時間をとられているのが『最果てのイマ』FV版という駄目っぷりも。


【MAGAZINE BE×BOY4月号】 ていうか『BL名作選』付きですかそうですか・・・。
◎:中村かなこ『苺の家』: 2人の交流が深まる部分を描き急いでいるのが残念だが,
                恋情を意識してからの懊悩の切り取り方は悪くないかと。
〇:まさお三月『明日も他人』: 色々引っ張りすぎとは思うが山場なので取りあえず。
  河井英槻『王子と乞食』: 描かれる人間模様は面白いが,色々混線しすぎでは?
△:町屋はとこ『ねかせないで』: 巻頭からこの微妙さってのはなあ。浅いのか?
  楠木潤『極上ジレンマ』: ショートとして読めばまあ。ただこれで恋とはなあ。
  猫田リコ『リンリンととがった黒い耳』: 話の吹っ飛び方が相変わらずというか。
  北上れん『みちづれポリシー』: 恋情が所与でHに至らんならそりゃゆったりだわ。
  山田ユギ『一生続けられない仕事』: 悪くないとは思うんだが微妙にズレる気が。
  立野真琴『ミューズの学園で逢おう』: 変に現実ぽさが混じると全体が崩れるなあ。
  舟斎文子『すぐに手が出る僕たちは』,野火ノビタ『帰って来たひとさらい』
▽:タカツキノボル『奥さんの妄想的日常』,真田和史『妄想の奇跡』,
  門地かおり『秋霖』,水城せとな『ブレックファスト』
スルー:ねこ田米蔵『神様の腕の中』,御景椿『黒い純愛』,青色イリコ『純情生物』,
     石原理『犬の王』桑原祐子『地球発、愛を叫べ』,瀧ハジメ『恋する引力』,
     亜樹良のりかず『はちみつdarling』,九州男児『部長の恋』,
     かゆまみむ『団地ヅマ観察』,腰乃『嘘みたいな話ですが』
[PR]

by bonniefish | 2008-04-13 23:59 | 漫画感想 | Comments(0)


<< なんだかんだと      Double Punches >>