Ethos-Annex

tanbi3.exblog.jp
ブログトップ
2006年 02月 10日

落涙の軌跡

逃避を兼ねてあちこち巡っておりましたら、偶然に「読んで泣いた/涙ぐんだ801本」
という企画を見つけまして、これは良いとばかりに本棚を漁ってみた次第であります。
もっとも覚えている限りですので、実際はもう少し多いかもしれませんが・・・。
大まかに時系列順に、◎は結構泣いた、〇は涙が出た、他は目が潤んだ作品です。


小説
麻生雪奈『制服』◎
菅野彰『ただでさえ臆病な彼ら』
     『17才』
不破飛鳥『パールグレイ・ムーン』
須和雪里「いつか地球が海になる日」(『タブー』)〇
かわいゆみこ『未成年』〇
桜木知沙子『消えないで』〇
鷺沼やすな『夢の卵』◎
睦月朔子「この貧しき地上に」(『ミルキーウェイ』)◎
      『愛しいひと』〇
吉田珠姫『春ものがたり』◎
三浦煌(榊花月)『マーガレット』〇
神谷凪(榊花月)『スイマー』
倉科るり『最後の夏休み』〇
ふゆの仁子『トリプルキャスト(3)』〇
つきひろともる『くちびるで月に触れて』
海賀卓子『メイプルシロップ・パンケーキ』
なかはら茉梨『半分だけの星』
双海眞奈『恋と少年』
湊川理絵『素直になれなくて』
泉田はるき『強気のウソでささやいて』
朝丘戻。『春恋。』
渡海奈穂『放課後は秘密のふたり』

漫画
黄毛あつき『子供の情景(1)』◎
矢神しいの『君の病 僕の未来』


10年半で25冊とは、多いような少ないような・・・。ただ殆んど学生時代に読んだもので、
社会人になってからは2冊だけ。学生時代は年5~6回は801で泣いてたのか(苦笑)。
分類してみればやはり学園ものが多いですね。移入しやすいor憧憬ゆえでしょうか。
内容としてはトラウマ・悲恋・死別といった辺りが多いですが、やはり支えは筆力かと。

漫画は小説ほどには脳内で世界を作りこめないためか2冊に留まりましたが、
『子供の情景』は本格的に801に嵌るきっかけとなったものです。涙滂沱だった記憶が。
そういえば小説はベスト20との重複が8冊ありますが、これも多いのか少ないのか・・・。
[PR]

by bonniefish | 2006-02-10 23:58 | 小説感想 | Comments(0)


<< 『子供の情景』      ネタ切れ近し >>