2007年 10月 27日

開き直りか諦念か

まあ鬱々としながらも日々を過ごしておりますが,かくも変われぬ我がありようには・・・。


【ウンポコ vol.11】 面子も固定化してきたし,しばらくはこのままの感じで行くのかな?
◎:池田乾『戦う! セバスチャン』: 少年時代ネタはもう一捻り欲しいが怪談ネタは流石。
                      各キャラが酔って一層身も蓋も無くなって大変良い。
   堀江蟹子『QPing』: ラジオネタも醤油ネタも濃く突き抜け過ぎていて笑うしかなくて。
〇:須田さぎり『薔薇色の目眩』: 設定を詰めすぎな気もするが転がし甲斐がありそうだ。
   志々藤からり『イカサマアシスタントへの道』: 絵心が全く無くても楽しめるのが良い。
   三池ろむこ『おむさが』: 面白いのは確かだが,この人は4コマ向きな気がするなあ。
   TONO『生きてゆく私』,久世番子『番線』,佐久間智代『お好み株食堂』
△:桑田乃梨子『楽園番外地』,なきりあやこ『奥様はオタク』,杜康潤『坊主DAYS』,
   くつきかずや『ネタも休み休み言え!』,宮原るり『となりのネネコさん』
▽:荒川弘『百姓貴族』,阿部川キネコ『ほわグラ』,井ノ本リカ子『リカ子スタイル』,
   マシュー正木『FAMILY CRUNCH』,高群保『たもちーの動物小国』,
   羽崎やすみ『おまかせサイコBOYS』,BENNY’S『転校生が行く!!』
他の13作品はスルー。ヒット率はコメディ(6/11)ギャグ(4/9)エッセイ(10/13)。
読む作品もスルーする作品も固まっていて感想を上げる意義が薄いなあとも感じたり。
[PR]

by bonniefish | 2007-10-27 23:59 | 漫画感想 | Comments(0)


<< 恒例の悪循環      断橋近し >>