2007年 08月 02日

いかんとも

ブログ開始時というより就職活動時の感覚に近い気すらする始末で。やはり進歩の無い。


【ウンポコ vol.10】 楽しんで読むようにはなったがやはりコメディがネックだなあ・・・。
◎:池田乾『戦う! セバスチャン』: そういやベタなのに本編ではパラレルワールドは。
                      扱ってなかったのね。次に引っ張っても面白いか。
〇:堀江蟹子『QPing』: 祝単行本化。コアな軍事ネタもママの老化対策ネタも黒くて。
   久世番子『番線』: 今回は国会図書館という興味深い話だし結構笑えて面白かった。
   志々藤からり『イカサマアシスタントへの道』: 毎度ながらのぶっちゃけ振りが良い。
   鈴木有布子『犬行』,TONO『生きてゆく私』,佐久間智代『お好み株食堂』
△:三池ろむこ『おむさが』: シュールすぎて(?)狙いが良く分からないとしか・・・。
   桑田乃梨子『楽園番外地』: この足踏み感は何? 作者が話を持て余してるのか?
   なきりあやこ『奥様はオタク』,羽藤アキコ『野獣ノート』,テクノサマタ『生活と私』,
   くつきかずや『ネタも休み休み言え!』,宮原るり『となりのネネコさん』
▽:荒川弘『百姓貴族』,杜康潤『坊主DAYS』,阿部川キネコ『ほわグラ』,
   マシュー正木『FAMILY CRUNCH』,高群保『たもちーの動物小国』,
   あまりそうし『スペースボンバー』,羽崎やすみ『おまかせサイコBOYS』
他の13作品はスルー。ヒット率はコメディ(5/10)ギャグ(3/8)エッセイ(11/14)。
ここまでコメディやギャグのセンスが違うのは編集方針との差なのか性差なのか・・・。
[PR]

by bonniefish | 2007-08-02 23:59 | 漫画感想 | Comments(0)


<< 『蒼空の憂いを描いて』      効力感の欠缺 >>