2007年 06月 30日

ストレスとプレッシャー

なかなかここを更新できない状況についてつれづれなるままに自己分析してみるに,
自分の中のストレスとプレッシャーのあり方が関係しているのではと思い至りまして。
更新に対してはストレスは+方向に,プレッシャーが-方向に働くようで,現在のように
進路選択というプレッシャーに襲われているとどうしてもサボりがちになってしまうかと。

まあ火曜日で一段落しますし,6月発売のマガビーやガッシュ,ディアプラについても
ようやく読了しましたので,月遅れに近い状況からくらいは早めに脱したいかなと。
ただテープ起こしという厄介な作業があるほか,週末が割に忙しいのでどうなるか・・・。


【ルチル vol.18】 最近読んでいて一番充実感を感じるがそれはそれで思う所もあったり。
◎:山本小鉄子『あの日のきみを抱きしめたなら』: 連載初回として理想的な提示では?
   三池ろむこ『キラキラ』: この人の描く互いの心が引き寄せられるエピソードは絶品。
   有間しのぶ『青い芝生と甘い水』: 毎度ながら高校生のけなげさを上手く描くなあと。
〇:さかもと麻乃『好きなので』: 脇キャラの暴走は難だが受攻間のもどかしさがよくて。
   フジサワユイ『意気地なしの恋』: 受は最高だが攻が。年上設定も彼女も不要じゃ?
   木々『ラヴ ミー テンダー』: ふと初めて読んでみだらこのエピソードは面白かった。
   シマダマサコ『69』: 幼馴染サッカー少年の外見と中身のズレっぷりがドツボで。
△:テクノサマタ『草の冠 星の冠』: 下手に連れ帰されるよりマシかと思ったダメ人間さ。
   佐倉ハイジ『赤い目をした少年は』: とりあえず笑ったし味も出てるがやっぱ手抜き?
  小川安積『イノセントブルー』,富士山ひょうた『ディア・グリーン 瞳の追うのは』
▽:高井戸あけみ『眠れぬ夜のために』,臼土きね『アキとクニチカのはなし』,
   古田アキラ『指先から伝わる』,奥田七緒『与える男。』
×:トジツキハジメ『ゲーマーズハイ』,吹山りこ『薔薇色呼吸』,
   松本ミーコハウス『テレビくんの気持ち』,弁天頼人『ほんとうはやさしい』
スルー:田中鈴木『転校生・神野紫 それからふたりは』,梅太郎『パパおかえり』,
     嘉原沙也『いましめと愛の契り』,南野ましろ『真綿の王国』
[PR]

by bonniefish | 2007-06-30 23:59 | 漫画感想 | Comments(0)


<< 紫煙ただよう      回復運転 >>