2007年 06月 25日

回復運転

流石に感想が1月遅れというのは頂けませんね。なかなか気力が向きませんでして・・・。


【Dear+ 6月号】 実は今号では月本てらこの萌え紹介漫画が超絶なまでに悶絶もので。
           全般に絵の荒れが目立つ人が多かったが,なんなんだろうか・・・。
◎:夏目イサク『春なので』: お約束とはいえ受の分かり難い可愛さの描写にやられて。
                 不器用同士が暴発する際の衝動の純粋さが好きなのかと。
   深海ねね『雨上がりをあげる』: 受のお馬鹿ヤンキーのステロさも攻のへたれ度も
                     あり得ないが,それにも萌えてしまう業の深さで・・・。
〇:窪スミコ『merry merry』: 絵がへたれ少女漫画化してる?過去ネタの扱いも甘い。
   橘皆無『BOYS LOVE』: ・・・この人にショタを描かれたら確実に悶死するなあ・・・。
△:三島一彦『恋愛経験熱望中』: テンプレ感は減ったがどうも話もキャラも浅い感じで。
   佐倉ハイジ『投げやりの夜』: いくらなんでも話が無さ過ぎるし絵も乱れすぎでは?
   ひむか透留『キスとタバコとコーヒーと(ビーカー入り)』: 幼いし本編が微妙だしなあ。
   木下けい子『恋なんだ!?』: リクエストは描き難かったのか展開がぎこちない感じで。
▽:高井戸あけみ『月のマダム』,松本花『苺王子』,ユキムラ『桃色天狗』,
   遠藤ざざ『死んでも言えない。』
スルー:志水ゆき『是─ZE─』,藤川桐子『ツインズドルチェヴィータ2』,
     門地かおり『生徒会長に忠告』,梅太郎『明日、彼のベッドで。』
[PR]

by bonniefish | 2007-06-25 23:59 | 漫画感想 | Comments(0)


<< ストレスとプレッシャー      『その日,僕たちの爪と歯は。』 >>