Ethos-Annex

tanbi3.exblog.jp
ブログトップ
2007年 06月 17日

『その日,僕たちの爪と歯は。』

心身のみならずブログの調子も悪いということで長期のインターバルを頂いていましたが
さすがにそろそろ生存証明くらいはすべきかと思いまして。ただ書くネタもないのですが。


忙しなく疲れ果てた心身を癒すため,暇を縫って久しぶりに鷺沼やすなの表題作を再読。
硬質に研ぎ澄まされた水晶のような文章が青少年の熱波のような情動の奔流を綴る時,
主人公に寄り添う私の目の前に広がるのは総毛立つ程に魅力的な世界とリアルな感覚。
無駄が全く無い筆の運びによって冒頭から根こそぎ作品世界に引き込まれているのに,
その中で繰り広げられるストーリーも登場人物の造形も言動も目映い程に素晴らしくて。

ちなみに,全てが魅力的な本作品の中で,私が何度読んでもただ悶絶されられるのは
真昼の腕の疵跡を撫で上げた際に藍内が理性を失う程の興奮に襲われるシーンです。
この本はなぜ文庫化されないんでしょうかねえ。ネタが社会的に微妙な所為かしらん。

ついでに佐藤亜紀女史の『雲雀』を堪能しつつ読了し,おまけに『天使』を読み返したため
大分調子も戻ったかなと。とりあえずディアプラとルチルの感想は早急に挙げますので。
[PR]

by bonniefish | 2007-06-17 23:59 | 801雑記 | Comments(0)


<< 回復運転      裁断のとき >>