2007年 05月 27日

たまさかの休日

久しぶりのアウトドアだったのですが,全身の皮が面に行ってる分腕の日焼けが酷くて。


【GUSH 6月号】 好きな面子が多かった割にこの満足度の低さは何なんだろうか・・・。
◎:山本小鉄子『ほんと野獣』: この受が極道という設定には無理がありまくりだが,
                   受の懊悩の描写は見事だしカップル描写にも萌えて。
〇:みろくことこ『ご主人様のよくできた執事』: 脳内な感じが薄れてるのは良いかと。
                             攻を奇人にする必要はないのでは?
   深瀬紅音『恋はすぐ隣』: このシリーズはほのぼのとした中に熱情が滲む辺りが
                  良いのに,絵の退化や体に走る展開は何とかならんの?
△:楢崎ねねこ『好きでしかたない』: この竜頭蛇尾はいくらなんでもなしでしょう・・・。
▽:高永ひなこ『恋する暴君』,大和名瀬『便利屋さん』,四位広猫『レンアイレシピ』,
   はしだ由花里『カブキ』,蓮見桃衣『なつめくんの純情』
スルー:祐也『手の中の星』,桜川園子『危険遊戯』,羽崎やすみ『学園ルンバ』,
     トジツキハジメ『千一秒物語』,妃川螢『この愛、売ります』
[PR]

by bonniefish | 2007-05-27 23:59 | 漫画感想 | Comments(0)


<< 悩みは尽きねど      目映き曙光 >>