Ethos-Annex

tanbi3.exblog.jp
ブログトップ
2007年 05月 08日

うたかたの宴

流されるままの遊興も悪くは無いですが,身体的にも財政的にも楽ではないですね・・・。


【Dear+ 5月号】 友人と話していてこの雑誌の信者ゆえに評価が甘いことに気付いたり。
          あと列挙はしませんでしたが二宮悦巳のショートの上手さに悶絶。
◎:三池ろむこ『近く、近く』: 設定への甘えやモノローグの過多が気にはなるが・・・。
〇:夏目イサク『春なので』: 上手いんだがシリアスと笑いが微妙に馴染んでいない感が。
   一之瀬綾子『俺式恋愛計画』: 皆さん「隠れた自己犠牲の露見」が本当に好きねえ。
   夏葉ヤシ『ヒメゴトは学校で』: 筆力もついたし普通の少女漫画描けば良いんじゃ?
   吹山りこ『ソワソワのウズウズ』: この人の幼稚さではなく女々しさが苦手なのか。
△:佐倉ハイジ『投げやりの夜』: いくらなんでも投げやりだし恋愛から遠すぎでは?
   遠藤ざざ『メイプルシロップ』: 男性向けエロを真似てもキャラも台詞も浮くだけ。
   橘皆無『BOYS LOVE』: この人が描くと結構読めるが高校生に見えないのは何故?
   印東サク『気になるヒト 嫌いなヒト』: 設定も展開も好きだが絵や間が微妙かな。
   福山ヤタカ『春を愛する人は』: 脱力系の可愛さと脳内っぽさは切り離せないのか。
▽:依田沙江美『よるべなき男』,鳥人ヒロミ『彩おとこ』,奥山修『LOVE≧ダチ』,
   こいでみえこ『おはようのキスをして』,梅太郎『明日、彼のベッドで。』
スルー:門地かおり『生徒会長に忠告』,南野ましろ『キャラメル・ハードボイルド』
[PR]

by bonniefish | 2007-05-08 23:59 | 漫画感想 | Comments(0)


<< いつもながらの      再び日常へ >>