2007年 04月 01日

凋落の足音

ついに飲み会で失態をやらかしまして,いい年こいて酒に負けるとは遺憾の極みです。
身裡の黒さが許容量を超えまして,私的に発散しておくことの重要さを再確認しました。

あと『鉄人28号 白昼の残月』を見て「ショタコン」と連呼する高見沢嬢に思い切り脱力。


まんだ林檎『LOVE SONG』: 絵柄〇 キャラ〇 ネタ・展開△ 恋愛度△ 好み〇
結構微妙な展開やキャラが多いのは件のエッセイからも推し量るべきところだが,
エロ面と恋愛とも言えない微妙な感情は中々かと。ただ男の嫌な点もリアルで・・・。

日下孝秋『からめ手で口説いて』: 絵柄〇 キャラ〇 ネタ・展開▽ 恋愛度△ 好み△+
エロビで罠にかける展開とか社長の頓狂な設定やキャラなど「日下節」全開ですなあ。
信者がつくと自作のパロディ的なノリで話を作っても良くなるから厨っぽくなるのか?

木下けい子『蜜色パンケーキ』: 絵柄〇 キャラ△ ネタ・展開△ 恋愛度△ 好み△+
独自色や萌えが薄いせいか割と食傷しやすい印象を受けたり。へたれ攻だけではねえ。

神葉理世『キャラメリゼ!』: 絵柄〇 キャラ〇 ネタ・展開△ 恋愛度△ 好み△+
キャラやネタのズレっぷりがかなり微妙だとは思うんだが,匙加減が合うのか知らん。

神葉理世『美談の殿堂EX』: 絵柄〇 キャラ〇 ネタ・展開〇 恋愛度△ 好み〇
設定をネタとしてスルーすれば話もキャラも面白いんだが,恋愛として無理がある点も。
[PR]

by bonniefish | 2007-04-01 23:59 | 漫画感想 | Comments(0)


<< かろうじて      寝酒のつれづれ >>