2007年 02月 17日

休養というか

雨天のせいもあり一日ごろごろするうちに過ぎてしまいました。本も溜まっているのに。
そんな時に限ってYahoo!動画で『スプーンおばさん』を見つけて見入ってしまい・・・。


【ルチル vol.16】 今回もかなりの読み応えで満足だが、三池ろむこはどうしたの?
◎:秋葉東子『秘書の恋』: この受は好み的に微妙だが攻の無骨さや笑い所がツボで。
   有間しのぶ『青い芝生と甘い水』: ちょっとネタを詰めすぎだが若さの眩しさが良い。
   福山ヤタカ『イチゴイチエ』: こういう話に弱い辺りに我が出るが、視点が良いので。
〇:山本小鉄子『あしたのきみはここにいない』: 大人の弱さや狡さが意外と好ましく。
   テクノサマタ『草の冠 星の冠』: テンプレなんだがこの切なさにはやられるなあ。
   弁天頼人『むすんで ほどいて』: 受のわがままっぷりが見事で絵柄を克服できた。
   一之瀬綾子『ゴーゴー僕たち』: 話も進まず似た展開なのに妙に読めるのは何故?
△:吹山りこ『薔薇色呼吸』: お子様でなよなよ系の話から脱却する気はないのかねえ。
   日高ショーコ『花は咲くか』: どうもキャラの魅力が見え難い。オッサンと無愛想?
   富士山ひょうた『瞳の追うのは』: 展開がなさ過ぎ・・・隔月刊化がきついのか?
   シマダマサコ『69』: ボケ振りは良いが思わせぶり(になってない)展開がどうも。
   あきよし菜魚『水面に三日月』: 詰め込んだ要素の所々に無理を覚えるのが惜しい。
▽:小川安積『イノセントブルー』、フジサワユイ『嵐を呼ぶ転校生!』、
   古田アキラ『指先から伝わる』、湯之原 百『宇宙人とオレ』
スルー:桃月はるか『ときどき、世界は美しい』、木々『ラヴ ミー テンダー』、
     南野ましろ『真綿の王国』、田中鈴木『転校生・神野紫』、
     梅太郎『パパおかえり』、嘉原沙也『いましめと愛の契り』
[PR]

by bonniefish | 2007-02-17 23:59 | 漫画感想 | Comments(0)


<< 明日で一区切り      昼酒の向こうに >>