2007年 02月 05日

溶け崩れる生活

そろそろ遠足気分を捨て去って、諸々の現実に目を向けなければならないのですが・・・。


カムロコレアキ『誘惑しないとダメですか?』:絵柄〇 キャラ◎ ネタ△ 恋愛△ 好み△
展開の浅さや強引さはかなり気になるが、キャラのお馬鹿さや動き方とかは割と好みで。

藤川桐子『クレシェンド』: 絵柄〇 キャラ△ ネタ・展開〇 恋愛度〇 好み△+
心情の拾い方は良いがキャラに意外と自己中な言動が多い辺りが。さりげにご都合だし。

菅野彰&二宮悦巳『花屋の二階で』: 絵柄〇 キャラ〇 ネタ・展開〇 恋愛度△ 好み△+
大変上手にシーンを切り取り持ち味を生かし再構成しているんだが、ちょっと後ろ向き。
もうこれは原作の設定なり展開なりの問題なんだろうけど。総ホモの浪花節だからなあ。

藤谷陽子『シャンプー』: 絵柄〇 キャラ◎ ネタ・展開△ 恋愛度〇 好み〇
妙な色気や衝動のリアルさを感じさせる作風はかなり好み。全般に受の描写は上手い。
それに反して攻の言動の描き方が下手なのは何故だろう。勢い任せな話も多いしなあ。

月本てらこ『惑性.’s』: 絵柄◎ キャラ◎ ネタ・展開〇 恋愛度〇 好み◎
よくもまあ好きなものだけを詰め込んだなとは思うが、テンションの高さに寄り切られて。
時折見せるシリアスの味(油断していると挟まる一言とか)も良いし、何より絵が好みで。
展開の組み上げが不得手そうなので、ショートや原作つき作品とかを描いて欲しいかも。
[PR]

by bonniefish | 2007-02-05 23:59 | 漫画感想 | Comments(0)


<< 糊塗の限界      体調不良 >>