2007年 01月 27日

刹那の快楽

・・・毎夜飲み歩いてばかりではいけませんね。感想のストックが増えないですし・・・。


【MAGAZINE BE×BOY 2月号】 表紙裏の『乙女ロードクッキー』での脱力が全てか。
〇:三島一彦『プチプリ』: 設定を前提とすれば巧いし萌えなんだが小学生攻はどうもね。
   本庄りえ『銀蝶奇談』: 展開や会話の流れに比べ恋情の進展が急なのが惜しいか。
△:高永ひなこ『不器用なサイレント』: 恋情の深まりもキャラの成長も期待できなくて。
   志野夏穂『倉科先生の受難』: バランスの良い作品と思うが興味が持てず。猫萌え。
   楢崎壮太『その目で語れ』: キャラの魅力が薄いのは描き込みが浅いからかなあ?
   不破慎理『SPICY HOT』: 微妙な所の設定の甘さがベタな印象に繋がってしまい。
▽:北上れん『シグナルレッドベイビー』: この父親の幼稚さは何とかならんのか?
   国枝彩香『空の裏側』: 受の荒みぶりがリアルすぎて同情や移入を拒んでいる気が。
   瀧ハジメ『スノードロップ』: 突然の告白が読者の妄想を誘うのは解るが唐突過ぎ。
   みささぎ楓李『野獣主義』: 作者は楽しいだろうが展開無茶だし顔の大ゴマ多いし。
梅太郎『あの日僕らは校庭で』、仲郷たけこ『わんにゃん日和』
スルー:山葵マグロ『ロリポップドラグーン』、蓮川愛『恋愛操作』、石原理『犬の王』、
     御景椿『怪盗ドラッガーズ!』、環レン『セニエール・エ・ヴァサル』、
     九州男児『部長の恋』、遙々アルク『ビター×スイート』
[PR]

by bonniefish | 2007-01-27 23:59 | 漫画感想 | Comments(0)


<< ようやく一区切り      それなりに多忙 >>