2007年 01月 10日

東横インからこんばんは

・・・いや、年末に飛び込みで泊まった際にいろいろとリーズナブルだなと思いましてね。
ただ部屋にパンフや本を置き「内観」なる自己啓発を礼賛し紹介しているのはどうかと。

批判を書いたら来訪者が増えるあたりを鑑みるにやはり物見高い方々が多いようで・・・。


山田ユギ『夢を見るヒマもない』: 絵柄〇 キャラ◎ ネタ・展開△ 恋愛度〇 好み〇
メインカップルの出来上がり方や機微は流石なんだが設定に振り回されている面も。
あとは展開が途中で断絶する辺りや妙なありえない淫乱な先輩の話とかがネックに。

なると真樹『恋人たちは進化する』: 絵柄〇 キャラ◎ ネタ・展開〇 恋愛度△ 好み〇
大変懐かしい作品を購入。てっきり最後まで収録されていると思っていたので幻滅も。
明るくかつ少年らしい行動や心情が描かれる辺りは流石で笑いつつもしっかりと読めた。

U-K『スペシャルな僕ら』: 絵柄〇 キャラ〇 ネタ・展開◎ 恋愛度△ 好み◎
女性向けショタでエロに特化した作品としては金字塔ともいえる作品集をようやく入手。
身も蓋も無い描写も多いしポルノチックなんだが妙なエロさと明るさが絶妙なバランスで。

村上左知『キミのとりこ』: 絵柄〇 キャラ〇 ネタ・展開〇 恋愛度△ 好み△+
古き良き時代の『友情の延長的なやおい』が詰まった作品群で懐かしさを強く感じるが
初期作品ゆえに脱テンプレを仕切れていない面や設定の幼さが目に付いてしまって。

吉田チエ『夏色なキミ』: 絵柄〇 キャラ〇 ネタ・展開△ 恋愛度△ 好み△+
アニメ絵とエロの混淆で馴染みやすいだろうが個人的には中途半端さも感じてしまって。
エロなりギャグなりのいずれかに突き抜けてしまえば大変燃える作家だとも思うのだが。
[PR]

by bonniefish | 2007-01-10 23:55 | 漫画感想 | Comments(0)


<< 今度は実家から      朝一のひかりで >>