Ethos-Annex

tanbi3.exblog.jp
ブログトップ
2006年 12月 19日

色々と微妙

次々と帰ってくる答案に一喜一憂・・・。思ってたよりはマシなのが救いとはいえ凹みます。
しかし金曜日の打ち上げが18時から翌朝5時までという辺り、やはり世界が違うなあと。

前回の更新、雑誌全体へのコメントが抜けてましたね。グダグダな日常の証左のような。


【MAGAZINE BE×BOY 1月号】 大増ページでもスルーや中身が無いのが増えてはね。
〇:草間さかえ『夢見る星座』: 興味が無意識に一線を越える辺りの切取り方が上手い。
   神葉理世『愛人★淫魔』: キャラ立てやネタが良いから読めるけど話が無いよね?
△:本庄りえ『銀蝶奇談』: 受以外のキャラはまともだから良いけど、この設定はどうよ?
   志野夏穂『倉科先生の受難』: テンプレとネタの絡め方は良いが、為にする続編は。
   青色イリコ『恋は隣に住んでいる』: くっつくまでの描写は厨っぽいけど悪くもないが。
   水樹カナ『ココロとカラダはデキている』: これってキャラ立てが出来ない事の逆手?
▽:如月弘鷹『ウチの探偵知りませんか?』: 画面は派手だが描写が少なく説得力ない。
   ねこ田米蔵『神様の腕の中』: キャラの行動も話も支離滅裂。普通にポルノ描けば?
   真田和史『夢の日々・・・(?)』、阿倍あかね『How are you?』、
   直野儚羅『晴れた夜の灯』、カワイチハル『いぬとねこ。』
×:ヤマシタトモコ『へヴィ・シュガーの嫌がらせ』、フジワラモトヨ『恋愛的指導』、
   氷栗優『学園ヘヴン』、みなみ遥『JUNK!BOYS』
スルー:山葵マグロ『ロリポップドラグーン』、蓮川愛『恋愛操作』、水上シン『件の狐』、
     御影椿『怪盗ドラッガーズ!』、藤崎こう『キング&プリンス』、
     遙々アルク『ビター×スイート』、梅太郎『あの日僕らは校庭で』
[PR]

by bonniefish | 2006-12-19 23:59 | 漫画感想 | Comments(0)


<< 離京が近い筈なのに      雪崩をうって >>