Ethos-Annex

tanbi3.exblog.jp
ブログトップ
2006年 11月 05日

虚声に踊れ

なんだか「最低3日おき更新」というのが自分の中で最後の砦となっている気がしますが。

ライトノベルの文庫を読み終えるのに1時間以上掛かり己が読書速度の減衰ぶりに愕然。
801小説でも速度が落ちていることは前から自覚していたのですが、老化ですなあ・・・。


【BL Style vol.1】 アクアとの最近の妙な相性の良さ&せのおあきが目当てで購入。
            執事喫茶レポにもにょる感覚は女性がメイド喫茶に対するのと同じ?
〇:せのおあき『サイレン』: 小ネタは良いが話や設定が微妙。せめて受攻逆なら・・・。
△:吉杜玖美『暁回帰浪漫譚』: 苦手な時代設定だし恋情もなく萌えもないが疵もなくて。
▽:石丸博子『秘唱の恋』: どうしても話も絵も古いなあと思ってしまって。
   黄河洋一郎『執事調教カリキュラム』: いくらなんでも調教中の変化が唐突過ぎかと。
   天堂まひる『愛の前にひざまづけ!』: ノリの軽さ的にショタかお馬鹿系向けでは?
×:不破桐子『執事とお仕事』: メイド姿で仕事って・・・。
スルー:島崎刻也『恋はいつも嵐のように』: ごく一時期は好きだったが・・・。連載だしね。
[PR]

by bonniefish | 2006-11-05 23:59 | 漫画感想 | Comments(0)


<< イベント続き      『もう一度別れの歌を』 >>