Ethos-Annex

tanbi3.exblog.jp
ブログトップ
2006年 10月 29日

無益な焦燥

土曜日の朝には東京にとんぼ帰りしていたのですが、さすがに心身に疲れも溜まり・・・。
そもそも東奥日報の16日付の記事を見つけるや否や家を飛び出す算段を立てた辺り、
諸々の点で煮詰まっていることは確かでして、全く人格が破綻しているというか・・・。


本日の午前中は友人に誘われまして、とあるイベントに顔を出してくる予定でした。
彼は現在某最高学府に在籍して文学部の博士課程にて研究を続ける気鋭であり、
人品もすこぶる高潔にして人文科学に関する非常な博学を誇る畏友であります。

そんな彼が私を誘ったのが何と『ショタスクラッチ』というショタ系同人誌の即売会!
一応ショタ読みである私も行ったことが無い所に誘われるとは、事実は小説より奇なり。
実は彼は漫画家・ナヲコ氏の大ファンなのですが、彼女がここ10年来書き溜めていた
商業ショタ作品をまとめた同人誌がこのイベントにおいて発売されることとなったため、
その同人誌を贖うべく、同じくナヲコ氏のファンである私を誘ったという次第なのでした。

しかしお誘いを受けておきながら、全く未踏の地たるショタイベントに気後れしたのも事実。
こうしたイベントの参加者は、私と些かならず趣味を異とすると思われる男性読者層が
メインであるとの情報を入手していましたし、そもそもの自意識過剰も躊躇を募らせます。
何度か述べてきた生来のマニヤ気質により、同人誌に手を出したら止まらないおそれや、
また最近溜まっているストレスによって異常に散財してしまう危険性もありましたので。

ともあれ折角の「堅気の友人に誘われてショタイベントに行く」などという美味しいシチュ、
これを利用しない手はないと思い、待ち合わせの上そのイベントに行くこととしました。
また、以前彼にナヲコ氏のショタ作品を読ませたときの反応や、最近の彼の言動から
「実は彼は密かにショタへの親和性が高いのではないか」との疑念も生じていたため
それを煽ったり(笑)確認することもできるのではないかとこっそり考えてもいたのでした。

ところが・・・本日私は見事に寝過ごし、イベントには彼が1人で参加することに・・・。
2つかけた目覚ましを無意識に両方とも止めて寝こけるという芸当をやってのけまして。
守護霊か何かの見えざる手が働いたか、無意識下の忌避なのか、単なる偶然か・・・。
奇妙な後悔と脱力感と安堵感との狭間で、取り合えず目的の本の購入のみ彼に委託。

彼は目的の本のほかナヲコ氏の他の同人誌も入手し、ご挨拶等までしてきたそうです。
私などには思いもつかないことでして、この辺りの行動力や胆力にも敬服いたします。
ナヲコ氏のサイトの日記での謝意の中にも彼を指していると思われる節がありますし、
斯様な気配りを自然と思いつく辺りが彼の人品の尊さを表していて素晴らしいことです。
(どうも自分は必要以上に相手との間に「一線」を引きたがる傾向が強いようでして。
 歪んだプライドや自意識過剰、形式主義や馴れ合い嫌悪などの誤作動ゆえかと。)

彼に購入していただいた件の同人誌の画像は以下のとおり。掲載作の情報はこちら
f0016056_0165758.jpg
コミックガム掲載作以外は掲載誌を所有しているばかりか、自室のすぐ読める位置に
あるのですが(苦笑)、表紙イラスト、書き下ろし作品と解題のイラスト3点が初出の他、
朝比奈まりの影響があること等に触れた自作解題を読むことができたりと大満足でした。
・・・個人的には絵柄面の関連を見て取れないのですが、そもそもが私の眼力では・・・。


という訳でこれでショタの同人誌は、『THE SHOTAROH』、『籠の鳥1~4』に続き
6冊所有していることに相成りました。・・・少ないような多いような微妙な数ですね・・・。
ただ『エヴァ』のシンジものをショタに括ると一気に数が増えてしまいそうですが(笑)。


その後本の引き取りもかねて彼と麻雀にいそしんだのですが、精神的な余裕の無さが
卓上にも現れ私は散々な結果に。負けた時の反応が2人で似ているのも面白い(苦笑)。
[PR]

by bonniefish | 2006-10-29 23:59 | 801雑記 | Comments(0)


<< 私的「ナヲコ」考      発作的な私 >>