Ethos-Annex

tanbi3.exblog.jp
ブログトップ
2006年 01月 14日

転落の先は見えず

半年振りくらいで本を少し売りに行ったのですが、なぜか全ての本に値段が付いた上
その店の801系の充実振りがなかなか見事だったので、機会があれば愛用しようかと。
蔵書を減らそうと売りに行って新たに買って帰ってきては本末転倒ではあるのですが・・・。


朝丘みなぎ『パセリ1・2』: 絵柄〇 キャラ◎ ネタ・展開◎ 恋愛度◎ 好み◎◎
本人も生活感を心がけたと言う通り、地に足が付きしかも恋愛を描いている好作品かと。

鹿島田しき『ぼくのだいじな犬』: 絵柄〇 キャラ△ ネタ・展開△ 恋愛度△ 好み△+
動物ネタが多かったのがちょっと。頭の良い人だとは思うが構成が少し分かりにくい気が。

ななせかめ子『俺のキライなご主人様』: 絵柄〇 キャラ▽ ネタ・展開× 恋愛度▽ 好み▽
表紙絵で買ってしまったが前作もダメだった人だ・・・。理由付けの信じがたい浅さに絶句。

夕希はづみ『りんごとケダモノ』: 絵柄△ キャラ△ ネタ・展開▽ 恋愛度△ 好み▽
旧作の絵を受け付けられず。あと腐女子を作中に出すのは辞めて欲しいのだが・・・。
[PR]

by bonniefish | 2006-01-14 01:28 | 漫画感想 | Comments(0)


<< カウントダウン      ショタ雑想(2)『少年浪漫』追悼 >>