Ethos-Annex

tanbi3.exblog.jp
ブログトップ
2006年 10月 22日

スポンジ脳の一例

先日の記事で「居眠り運転の車に乗ったのは初めて」と書きましたが、先月の上旬に
夜行バスで富山に行った際にも上信越道で蛇行運転をされたことを思い出しました。
こちらもそう酷い蛇行等ではなく、殆んどの乗客が気付いていなかったようですが、
自分は眠れずに最前列に移動して車窓を見ていたので微妙な挙動が分かって・・・。

バスもタクシーもそう使うわけではないのにこのような目に遭うのは悪運が強いのか。
やはり深夜帯には無理をして仕事等をせずに眠るのが人として自然なんでしょうね。
・・・最近ほぼトルコ時間で生活している自分が言えたセリフではありませんが(苦笑)。


【MAGAZINE BE×BOY 11月号】 書いていて気分が荒み、全感想企画を結構後悔。
〇:まさお三月『身勝手なあなた』: 絵もキャラも結構好みで。もう少し恋情があれば。
△:北上れん『シグナルレッドベイビー』: どうもキャラのノリが学生なんだよなあ・・・。
  鈴木ツタ『この世 異聞』: キャラや「獣」の説明不足のまま唐突に展開されても。
   川唯東子『あの角を曲がったところ』: いきなり泣くなど受がご都合っぽいのが。
▽:山田ユギ『CALL ME』: 妙な脇キャラ等ではなく話自体にもう一捻り欲しいかと。
   梅太郎『あの日僕らは校庭で』: 昔はこういう雰囲気だけショートも好きだったが。
   猫田リコ『黒猫の憂鬱』: そもそもの「黒猫」の設定自体が半端なのが気になって。
   河井英槻『王子と乞食』: このタイミングとこのページ数で過去話をする必要が?
×:ねこ田米蔵『神様の腕の中』: お馬鹿が短慮で下僕になる展開はあり得んし飽きた。
   カワイチハル『いぬとねこ。』: ネタが安直だし、そもそも擬人化で萌えない質で。
  ホームラン・拳『仲神家の一族』: 設定もキャラの言動も何が描きたいのか不明で。
スルー:不破慎理『YEBISUセレブリティーズ』: 設定の厨さで引く上にこの売り方では。
    龍川和ト『追憶のビーナス!-恋愛前線注意報-』: 絵と言動がキモかった記憶で。
    亜樹良のりかず『heart throb』: 顔が駄目で読めたことが無いので。特に眼。
    瀧ハジメ『マジ恋症候群』: 話やキャラがテンプレだった頃はまだ読めたが。
    わたなべあじあ『王子様のぼく』: こういう系にへたれてる絵は全スルーなので。
    九州男児『課長の恋』: 下品なエロのテンプレだけでも辟易なのに会社でとは。
    浦コハク『愛犬ゲンキ』: 全く理解不能な設定。下品の許容に性差があるのか?
    遙々アルク『ビター×スイート』: 雰囲気は好みっぽいも眼のキモさが全て。
[PR]

by bonniefish | 2006-10-22 23:59 | 漫画感想 | Comments(0)


<< 動き出す身辺      スポンジ脳 >>