2005年 09月 22日

So wonderful

例によって開放感から遊びまわった挙句に帰省前の弥縫策と。かくも進歩のない・・・。
気が付けば10000HIT。内訳はともあれ(苦笑)ありがたいことです。

佐倉ハイジが自分的にいい感じだなあと思ったので理由を考えてみたところ、要は単に
自らの嗜好(という程強くないにしても)にそぐう形であるということに気付きへこむ。
要はスーパーエリーツに突然拉致される話を好む層と何の違いも無かったという訳。
その露呈のさせ方なり程度なりの問題はある・・・と言い訳をしたくもなりますが・・・。


【少年たちの秘めた夜】 これも最近まで気付かず・・・。クオリティ相当上がってないか?
■星逢ひろ『君影草』:▽ 多作ゆえか話が。絵のクオリティが落ちてないのは認めるが。
■鷹勢優『奥さんはかっぽう着』:〇 ・・・たまにはどぎついのがツボに来ることもあって。
■パルコ長嶋『意地っ張り』:△ 妙な設定を絡めなければ良いのに。
■一条かるね『少年博士』:〇 これも設定でやや萎えたが受がいいねえ・・・。
■宇佐美ミオ『保健室』:▽ 仕込まれた子供や救いの無い展開は好きではなくて。
■有頂天『ないしょの実験室』:△ 汁が減ってライトになってきているのは好ましいかと。
■夏木佐市『純情少年』:◎ ベタですが罰ゲーム系とかたまりませんね。
■後藤寿庵『学校をさぼって』:▽ ただエロして終わりではねえ。絵もちょっと。
■ちくま屋『ホットコックイン』:× 絵も話もなあ。同人レベルじゃないのか?
■葉月妖之助『Dejave de Love』:〇 粘着質だし線が細かいがキャラ立ってるし。


【少年愛の美学14 くらべっこ】 完全に読む人が決まってきているなあ・・・。
〇:矢間野狐『惚れたモン勝ち!』: 子供同士は大人の願望が見えないから良いのか?
   19号『パラドックス・コンプレックス』: 展開に捻りが無いが言動のリアルさは流石。
△:諸汰鎮孝『日常茶飯事』: 話が無いしやや濃密さが薄れたか。多作だしねえ・・・。
   ツヅキ真宵『エンド オブ デリュージョン』: もう少しシリアスさを押さえてくれれば。
▽:星逢ひろ『夜会い人』、nicoco『似てない兄弟』
×: かるま龍狼『絵日記』、秋緒たかみ『even』
スルー:河本ひろし『オナニーボーイズジュン&ハジメ』、柊柾葵『クーロ君vsフレン』、
     三井純『ちんバラ』、よこやまちちゃ『ぼくらーべ』、土肥けんすけ『ハリ師雀庵』

(初出:『Ethos』「やおい雑記」。本記事は2006年10月13日に転載されたものです。)
[PR]

by bonniefish | 2005-09-22 17:18 | 漫画感想 | Comments(0)


<< 朽ち果て行く日常      懶惰に流れて >>