2005年 06月 20日

惰性と未練

だけを理由に個人的な感想の羅列を五月雨のように上梓しているだけの現状ですが、
流石に下のショタ羅列がトップに来るのは避けておきたいという気もありまして(苦笑)。
801小説の購入量が往時の3分の1程に減っているので(書籍全体でも以前の6割)、
ここの感想はショタの比率が高まっていますが、それも休刊等で減りますしねえ・・・。


【LYNX  Vol.1】 ご祝儀買いのみで2巻は買わず。ルチルとの両立は無茶では?
■香坂透『お金がないっ』:スルー なんだか非常に豊満な女性の絵があった気が・・・。
■樋口ゆうり『となりに天使くん。』:× 一話だけで評価すべきでは無いだろうけど。
■宮斗カナギ『バトル ラヴ バイト!』:△ ステロが多い気がするも本書の中ではねえ。
■夏目かつら『遅咲きのはな』:▽ 受の気弱さというか女々しさがねえ。
■山岸ほくと『Wild Fangs』:スルー 異形ものは・・・。
■霜月かいり『Heaven’s Love』:△ キャラのステロさや破天荒さが抑え目なら。
■北沢きょう『そしてここには福がくる。』:〇 自分は青い話が好きなんだと再実感。
■稀井けんご『君ラ、春待チ』:▽ オチの微妙さと絵の好みの問題ですな。
■藤崎寛之丞『王子とカエルと僕』:× 古代中国ネタも変化も恋情が所与なところも。
■佐々木久美子『鈴の音がきこえる』:△ もう引っ張っても当て馬ネタなだけだしねえ。
■凪まゆこ『ディアコンプレックス』:△ 個人的に毀誉褒貶半ばする感じで評価困難とも。
■伊藤倭人『ロボ色に染まれ!』:スルー 絵とタイトルで失礼をば。
■仁木呉彦『リスク』:△ 絵や料理の仕方によってはかなり好みなんだが・・・。
■宮本果葡『R-Rain』:スルー カタカナ交じりのセリフで小人では。


【MAGAZINE BE-BOY 6月号】 表紙で買うか否か30秒迷った・・・。スルー多いなあ。
■神葉理世『愛人★淫魔』:〇 お馬鹿ノリに徹しつつエロも確保というのは凄いのでは?
■天王寺ミオ『眼鏡越しの空は…』:スルー 属性が違うのでお許しを。
■山葵マグロ『ネクラートホリック』:スルー 理解できそうにないので。
■東野裕『マニアックに愛して』:スルー 表紙だけでもダメージがでかかったのに・・・。
■石原理『犬の王』:スルー 信者の方のみお楽しみください。
■猫田リコ『少年ビューティー』:△ 絵に違和感と親和性の双方を感じてしまう・・・。
■北上れん『ひとり占めセオリー』:△ 布団くらい買うだろ。天然がデフォではねえ。
■水上シン『恋の経穴』:スルー
■小笠原宇紀『Nightmare Fortress』:スルー 濃い絵は苦手だなあ。
■阿部あかね『またの名を恋愛ノイローゼ』:▽ 若い層には受けそうだなあと年寄発想。
■藤崎こう『from701号室』:スルー
■環レン『炎の砂』:スルー ついに漫画にもアラブが伝染してきたか・・・。
■生嶋美弥『花のかんばせ』:△ ファンだが、眼の変化や不要な描き込みが気になる。
■立野真琴『Hero・Heel』:スルー
■びっけ『ロザリアン』:◎ 入信してますね。ただそろそろまともなBLを読みたい気が。
■九州男児『課長の恋』:スルー
■鈴原ひろの『そこはお伽の国』:スルー 連載化ですが・・・。


【GUSH 6月号】 文庫まで出してるけど大丈夫なのか・・・?
■桜川園子『荊の檻』:スルー このステロ話が巻頭カラー・・・。
■祐也『ろくでなしの恋』:× 眼は通すけど・・・。
■蓮見桃衣『月下情人』:× この止め絵感と脈絡ない展開は何事?
■高永ひなこ『恋する暴君』:▽ ギャグの入れ方とモノローグの多用は頂けない。
■はしだ由花里『カブキ』:スルー もーう付いていけませんわ。
■越智千文『touch』:△ シリーズ交錯&後日譚という二大地雷でも読めるんですな。
■タカハシマコ『おやつじかん』:〇 オチには笑わされると同時に若干トーンダウンも。
■小鳥衿くろ『ベリキュ!!』:スルー 乱魔猫吉の次の独自ワールド担当かと思ったり。
■金沢有倖『神の子~セブンス~』:スルー
■深瀬紅音『ポケットセンチメンタル』:〇 エピソードの切り出し方がやや変で唐突か?
■羽崎やすみ『学園ルンバ』:スルー
■月宮零時『わがままハニー』:× 天然やんちゃ受が幼馴染みにちょっと冷たくされて
                      恋情に気づいて濃厚エロ。売れ線王道ですがねえ。

(初出:『Ethos』「やおい雑記」。本記事は2006年10月13日に転載されたものです。)
[PR]

by bonniefish | 2005-06-20 03:18 | 漫画感想 | Comments(0)


<< 逃げ足の加速度      色褪せた景色・続き >>