Ethos-Annex

tanbi3.exblog.jp
ブログトップ
2005年 05月 21日

眠られぬ夜を数えて・続き

【Dear+ 5月号】 セバスチャンCDが手に入らない・・・。メイトはダメだったか。
■佐久間智代『傾国ミューズ』:スルー・・まだ続くんですか?
■二宮悦巳『猫になりたい』:〇 妙に漂流している感じが薄ければもっと良いんだが。
■高群保/原作:前田栄『JAZZ』:スルー 2つ上に同じ。
■志水ゆき『是―ZE―』:△ ばーさんネタと初Hだけなら1話で済むんじゃ?
■梅太郎『頼光くんごめん』:▽ 眼が駄目で受攻の区別がつかず高校生に見えず・・・。
■池田乾『戦う!セバスチャン』:◎ ヘイヂがユーゼフに負けるご都合感は消せないが。
■南野ましろ『明聖テクニカル猫パンチ』:〇 まだネタだけなら普通に笑えるのか。
■依田沙江美『ブリリアント★BLUE』:× だから結局何がしたかったのさ?
■門地かおり『生徒会長に忠告』:スルー どのキャラもよく震えてるなあ。
■小都恵萌『メリーゴーランド』:スルー これで32歳とは笑止千万!
■西田東『もろとも』:× 重くできる所を軽くしようとしてぶち壊しに。編集を変えたら?
■松木加斎『夕暮れソルジャー』:〇 受の駄目っぷりは中々。しかしありえないカラー。
■月本てらこ『惑性.'s』:△ 多分単行本で読まないと正しく評価できない気が。
■真山ジュン『刹那主義』:▽ イメージ先行なためか薄さやご都合感を覚えやすく。
■えみこ山『懐疑は踊る』:スルー 信者の方のみお楽しみください。
■三池ろむこ『クリーンアウト』:◎ 一人称のショートとしては上手く心情を載せていて。
■志々藤からり『カタコイ』:◎◎ 心情描写に悶絶。エピソードの選び方も流石。


『ウンポコ』の創刊号は、予想通りセバスチャンとTONO以外に見るものは無かったかと。
表紙・裏表紙に使った漫画がどっちも滑りまくりというのは一見の価値はある気もするが、
扱っている書店での山の異常な体積にはちょっと引いたり。売れなかったんだろうねえ。
第2号もセバスチャン目的&様子見で買うつもりですが、3号雑誌に留まる気も・・・。

また表紙の作者名で買ってみた『Boy’s LOVE』6月号はピアスの劣化版(!)で脱力。
カラーイラストを多用するのはいいが唯一の売りのエロが手ぬるくては仕方あるまいに。
ひたすらスルーして終わってしまいカンフルのつもりが却って興が殺がれたとも・・・。

(初出:『Ethos』「やおい雑記」。本記事は2006年10月13日に転載されたものです。)
[PR]

by bonniefish | 2005-05-21 05:05 | 漫画感想 | Comments(0)


<< 色褪せた景色      眠られぬ夜を数えて >>