Ethos-Annex

tanbi3.exblog.jp
ブログトップ
2005年 05月 06日

現状報告

五月病などにかかるような繊細な神経など一欠片たりとも持ち合わせていないのですが、
最低限の日常を回すことのみに追われ、既読本はさらにうず高く積みあがり・・・。

ネタ自体がないわけではありませんので、奇特なる来訪者の方々におかれましては
お待ち頂きたくお願い申し上げるのみです。今日の所は例によって雑誌感想のみで。
やおいではありませんが朝丘戻。の新作など、お勧めしたい本はあるのですがねえ・・・。
なお、以下のテンプレは某巨大掲示板より拝借し手を加えたものを利用しています。


【GUSH 5月号】 『ポケット・センチメンタル』のためだけに買い続けるのもどうなのか。
■蓮見桃衣『月下情人』:▽ こんなに鋭角で動きがない絵だった? 説明も少ないし。
■かんべあきら『焔の鎖』:スルー 毎回後半でただHするだけの漫画に見えるんだが。
■高永ひなこ『恋する暴君』:△ ほだしに掛かるんだろうがどうもテンプレ感が強くて。
■星野リリィ『都立魔法学園』:× この受はメスだって。今更だが都立に何の意味が?
■大和名瀬『さあ恋におちたまえ』:× 展開に見られる捻りが「おこめ券」だけってのも。
■緋色れーいち『COLD~絶対零度の恋人~』:スルー 別作のキャラまで出すとは。
■小鳥衿くろ『ベリキュ!!』:× 「方定式」ですか。設定も唐突だし恋情が描かれないし。
■えとう綺羅『相変わらずな二人』:◎ 勢いと可愛さに免じようかと。一応懊悩もあるし。
■桜川園子『荊の檻』:スル ページをめくっているだけでお腹一杯感が。
■たちばなれい『HEART to HEART』:スルー 絵に加え車道に突き飛ばす辺りで限界。
■洸/亜樹良よしかず『優しい復讐』:スルー 自宅で小説読む気力が無いかも・・・。
■深瀬紅音『ポケット・センチメンタル』:◎ ・・・初々しさに仰け反りそうです。
■羽崎やすみ『学園ルンバ』:スルー 最近おでぶちゃんとオカマちゃんネタ多すぎでは?


【MAGAZINE BE-BOY 5月号】 ここに来てのテコ入れは何を意味しているんだろう?
■志野夏穂『倉科先生の受難』:△ 大ゴマとベタネタが少なければ好きなんだけどなあ。
■藤井咲耶『Special Pride』:△ しかし警察官という設定にしてはキャラが無茶では?
■和田繭子『犬畜生の炎』:▽ 48pもあるのに場面展開が無いと流石にだれるかも。
■ねこ田米蔵『神様の腕の中』:▽ 青年だから仕方ないとはいえかなり馬入ってない?
■寿たらこ『SEX PISTOLS』:スルー
■天城れの『起業家向け恋愛マニュアル』:▽ キャラが社会人には幼すぎるのでは?
■星野リリィ『南の島の神さま』:▽ トロピカリズム等に対しては嫌悪感を拭えなくて。
■藤崎こう『from701号室』:スルー 太くて長い首ですね。
■鈴木ツタ『神も仏もないものか』:〇 男の粗忽さや受の設定の陰湿さは抑えた方が。
■河井英杞『王子と乞食』:△ 引っ張るなあ。あとこの時代だと考証の甘さも目に付く。
■山葵マグロ『ネクラートホリック』:▽ 説明不足か。口開けてりゃ良いって感じもねえ。
■野火ノビタ『君の顔に射す影』:〇 上手く収めましたが、『センチメント』の呪縛はねえ。
■ユキムラ『天然+極楽魔法使い』:▽ 余計なネタが多すぎる。あと可愛さも所望。
■ホームラン・拳『仲神家の一族』:× ごめんなさい全くついて行けません。
■牧芽ぐみ『欲しいのは、その真っ赤なリンゴ。』:△ 懊悩の描写等、今後には期待大。
■青海信濃『ディフェンスライン』:スルー 冒頭の歌詞羅列とアクションのくどさで。
■九州男児『課長の恋』:スルー
■浦コハク『愛犬ゲンキ』:スルー

(初出:『Ethos』「やおい雑記」。本記事は2006年10月13日に転載されたものです。)
[PR]

by bonniefish | 2005-05-06 03:02 | 漫画感想 | Comments(0)


<< 眠られぬ夜を数えて      生きてはいます >>