Ethos-Annex

tanbi3.exblog.jp
ブログトップ
2005年 04月 15日

生きてはいます

時が経つのは早いもので昨日で引っ越しから丸一年。何とか進級も済み新学期ですし。
物理的には忙しくも無いのですが、最近憑き物が落ちたように気力が無くていけません。
一応801は今までどおり読んでいるのですが、既読本の山は高くなるばかりでして。
正直今後については考えざるを得ないかなあとも・・・。取りあえず雑誌へのコメントで。


【Dear+ 4月号】 表紙の絵も色もなあ。しかしセバスチャンCD、買うべきか・・・?
■真山ジュン『刹那主義』:△ 初回とはいえ色々盛りだくさん過ぎてお腹いっぱい感が。
■梅太郎『頼光くんごめん』:△ 高校生には見えない。良くも悪くも目が強い絵だなあ。
■池田乾『戦う!セバスチャン』:◎ 「完全無欠のバイッ」ですか。さすが大旦那(笑)。
■高群保『JAZZ』:× 完全に一時代前の午後のメロドラマだよなあ。寒流風というか。
■西田東『もろとも』:△ 結婚ネタや憎まれキャラの嫌さがが妙にリアル過ぎる気が。
■二宮悦巳『猫になりたい』:◎ 小ネタは笑えて良いが駆け足気味な進行が惜しい。
■門地かおり『生徒会長に忠告』:スルー 似た話が多くて識別できないんだよなあ。
■一之瀬綾子『スタンバイ。』:〇 途中の思わせぶりなだけのシリアスが不要では?
■南野ましろ『明聖テクニカル猫パンチ』:△ ネタは取りあえず笑えるがどうなるやら。
■のはらみき『素直な君が』:× 主人公がボケの域を超えて白痴になってないか?
■三池ろむこ『きのう きょう あした』:〇 恋情に気づくのがこう唐突じゃなければなあ。
■高橋ゆう『本当は彼が』:△ みんな暴走しすぎでは? 高校生らしいとも言えるけど。
■たかなぎ優名『コクハク日和』:△ 男にも白痴美という概念は当てはまり得るが・・・。
■那州雪絵『とまどうライオン』:▽ 話的に微妙絵も歪み気味。展開自体は上手いが。
■こいでえみこ『唇に甘い毒』:スルー この受?の眼が駄目なんだよなあ。
■えみこ山『懐疑は踊る』:スルー 月刊誌でずっと夏休みの描写が続くのも凄い。
■ひむか透留『Imitation Contact』:スルー この系統の絵でヒゲ描かれても・・・。

(初出:『Ethos』「やおい雑記」。本記事は2006年10月13日に転載されたものです。)
[PR]

by bonniefish | 2005-04-15 02:56 | 漫画感想 | Comments(0)


<< 現状報告      脳髄が鼻から流れ出そう・続き >>