2005年 04月 01日

脳髄が鼻から流れ出そう・続き

【GUSH 4月号】 羅列する度に切るべきかなあと思うのに毎月買っているなあ。
■大和名瀬『さあ恋におちたまえ』:× 転がし方としては王道だがワンパターンに思えて。
■水野透子『スイート・ハニー・パパ』:スルー 獏って・・・。
■高永ひなこ『恋する暴君』:△ これでほだされてしまうとやや安直か?
■祐也『ろくでなしの恋』:▽ とにかく眼が。キャラの独りよがりさも趣味ではないし。
■宮越和草『ゴールド・フィンガー』:× 話の焦点が見えない。続編なのか?
■深瀬紅音『ポケット・センチメンタル』:◎ 今回はご祝儀? コメントに笑いましたが。
■かんべあきら『焔の鎖』:スルー このキツネ眼が良いのかねえ。
■天城れの『青春男子手芸クラブ』:△ マッチョ向けの絵ではないよなあ。
■日の出ハイム『それもこれもが恋ってもんだろ』:◎ 攻がご都合だがこの懊悩こそが!
■桜川園子『荊の檻~いばらのおり~』:× こちらは小頭化ですか。しかし安直な脅しだ。
■洸/亜樹良のりかず『優しい復讐』:スルー 絵で読んでいない気もしてきた・・・。
■羽崎やすみ『学園ルンバ』:× 一例があればホントなんですかそうですか笑止千万。


【MAGAZINE BE×BOY 4月号】 この厚さはどうよ。表紙での出産ネタもあり得ない。
■鹿乃しうこ『次男上等』:▽ 好きな人は好きなんだろうけどどれも同じに見えてしまう。
■こうじま奈月『祐治叔父さんとサギリくん』:△ 読める上に分かりやすく王道なので。
■小笠原宇紀『Nightmare Fortress』:× このマッチョさと巨根で乙女ぶられても。
■川唯東子『O/D』:× 一番肝心の恋情の理由を描かずに元の鞘に戻られてもねえ。
■蓮川愛『恋愛操作!!』:▽ 眼のぼかしがなあ。クール向きではない絵とも思うが。
■亜樹良のりかず『My Gothic angel!』:スルー 絵的に好みでなく受け付けず。
■阿部あかね『負け犬コロッケ』:〇 キャラと絵の好みを除けば秀作と言えるのでは?
■不破慎理『マーキナ・アンゲルス~天使の温度~』:× 設定が先走り過ぎてウザい。
■草間さかえ『恋愛恐怖症』:〇 相手の登場や惹かれ方が急で読んで消化不良気味。
■Rino『異国恋愛方式』:△ こんな所まで寒流(誤字に非ず)。受のキャラありえんぞ?
■山田ユギ『CALL ME』:△ 電話でほだされる要素がまるで示されていないのがねえ。
■池玲文『アップアップUPSIDE DOWN!』:× ページ数のせいか展開が飛ぶのが。
■藤原基央『なかなか素直になれまセン』:〇 絵や展開にぎこちなさは残るが悪くない。
■天王寺ミオ『眼鏡越しの空は…』:▽ ベタだし受の心情描写がフェミニンすぎかと。
■水上シン『恋の経穴』:スルー シノワズリ?
■神葉理世『愛人★淫魔』:〇 漸く設定と話が上手く繋がりだした感じで笑えるように。
■ホームラン・拳『仲神家の一族~眠れる王子と死の宴~』:▽ ・・・ギャグなんだよね?
■志野夏穂『倉科先生の受難』:△ 人多過ぎだがショタ向き絵と分かったのは収穫か。
■立野真琴『YELLOW-EX-』:▽ ただエロするだけではねえ。
■門地かおり『計算違い』:× リーマンを描いても青さが活きないし話は理解困難だし。
■寿たらこ『SEX PISTOLS』:スルー いくら分読んでないんだろう・・・。
■香々『メガネのせい?』:△ メガネ美人だけではなあ。掛けてるときから強い眼だし。
■ねこ田米蔵『神様の腕の中』:〇 小ネタだが実は逆狙いというあたりは悪くないかと。
■九州男児『ネコ侍』:スルー
■九州男児『課長の恋』:スルー 単行本を買ったのも遠い思い出だなあ・・・。
■鯛田エイジ『旬なおじさん』:× ひねりが無いからなあ。4コマのオチだろうこれは。

(初出:『Ethos』「やおい雑記」。本記事は2006年10月13日に転載されたものです。)
[PR]

by bonniefish | 2005-04-01 00:58 | 漫画感想 | Comments(0)


<< 生きてはいます      脳髄が鼻から流れ出そう >>