Ethos-Annex

tanbi3.exblog.jp
ブログトップ
2005年 03月 21日

なんともはや・・・

【Dear+ 3月号】 1月遅れ・・・。しかし安心して読めるがいまいちカラーが掴めない気も。
■梅太郎『頼光くんごめん』:△ キャラの性格や展開がご都合で整合的でない気が。
■麻生海『君の愛 僕の愛』:▽ コミック化したメリットがどこにも見出せないんだが・・・。
■志水ゆき『是―ZE―』:▽ 敵に救いが無いし、妙なオチ付けるし、身内受けの匂いも。
■二宮悦巳『猫になりたい』:◎ あざとい気もしたが、首筋を愛咬するシーンには悶絶。
■月本てらこ『惑性.'s』:〇 こういう展開ならこの能天気さは素直に笑えて良いと思う。
■南野ましろ『明聖テクニカル猫パンチ』:× 『月と専制君主』の頃が懐かしい・・・。
■依田沙江美『ブリリアント☆BLUE』:スルー ていうかあんた本当に何がしたいのさ?
■一之瀬綾子『スタンバイ。』:△ 展開が急すぎ。キャラも派手だし受けるとは思うが。
■珠莉朱夏『てのひらシンパシー』:◎ 王道ながら安直に陥っていない点はなかなか。
■吹山りこ『チェリッシュ スピリット』:〇 キャラの脳内感がなく読めるが受が乙女過ぎ。
■高群保『JAZZ』:スルー なんか受がタカラヅカめいて見えるんですが・・・。
■こいでみえこ『唇に甘い毒』:× 顔のバランスは改善されているようにも見えますが。
■松本花『がっこうのせんせい』:△ ベタだし細かい突っ込みどころが多い気が。
■えみこ山『懐疑は踊る』:スルー 第18回ですか。どこまで続くのやら。
■藤田いちか『若草の誘い』:スルー この絵はないでしょう・・・。
■右往左往『近くても遠くても』:△ 肝心の恋愛部分の描写が無いとねえ。
■杏庄由衣『glow』:スルー これも目が・・・。


【ルチル Vol.8】 最近季刊誌を読んでいなかったのでペースが掴みきれない感じも。
■木々『ラヴ ミー テンダー』:スルー 全くの趣味の問題ですな。
■さかもと麻乃『シークレット ガーデン』:〇 恋情が募る様があればなお良いかなと。
■有間しのぶ『青い芝生と甘い水』:〇 4コマを通してのストーリー展開が上手く好み。
■街子マドカ『ハッピーエンドの約束』:▽ 出会い方もオチの付け方も唐突過ぎで。
■田中鈴木『転校生・神野紫』:スルー 目は通しているのだがやはり話に入れない。
■富士山ひょうた『ディア・グリーン 瞳の追うのは』:△ やはりキャラも展開も独特だ。
■花田祐実『恋におちたら』:▽ 絵に動きがない気が。平面的な展開もちょっと。
■テクノサマタ『草の冠 星の冠』:△ いきなり過去話は・・・。単行本買って読むか。
■あきよし菜魚『水面に三日月』:△ 初回なのでまだ判断が付きにくいというか。
■シマダマサコ『69』:〇 かわいい系で好きなんだが絡んでくるキャラなどがなあ。
■吹山りこ『コイ、フワリ』:▽ 泣いて甘えて駄々こねる21歳男って繊細で可愛いか?
■一ノ瀬綾子『ゴーゴー僕たち』:〇 ナース服ですか。しかしハイテンションな・・・。
■秋葉東子『秘書の恋』:〇 小ネタがテンポ良くまとまっていてよろしいかと。
■福山ヤタカ『こうそく日和』:スルー この目では・・・。
■藤崎一也『I NEED THE SUN.』:△ ビニールハウス作って終わりですか・・・。
■星野リリィ『ハートのダイヤを奪取せよ』:▽ 唐突な話だが番外編なのか?
■吉田もろへ『いつもとちがうかえりみち』:◎ こういう何気ない一コマはツボでして。
■南野ましろ『真綿の王国』:△ やはり独自色が強いとは思うが、これは楽しめるなあ。

(初出:『Ethos』「やおい雑記」。本記事は2006年10月13日に転載されたものです。)
[PR]

by bonniefish | 2005-03-21 04:43 | 漫画感想 | Comments(0)


<< 脳髄が鼻から流れ出そう      いやはや・・・ >>