Ethos-Annex

tanbi3.exblog.jp
ブログトップ
2004年 12月 08日

頽落

ついにツケを支払わされまして、分相応に玉砕と相成りました次第であります。
「狼少年」と言われ慰めも得られないのは自業自得ですが、やや釈然としない向きも。

そうこうしているうちに801も10冊、その他を入れれば40冊以上のストックに。
取り急ぎ読み感想を上げますが、冬休みも忙しく、消化できるのはいつになるやら・・・。


【好色少年のススメ 7】 一番無難なアンソロだが、ある意味一番たちが悪いのかも。
■虎向ひゅうら『animal life #final』:〇 正統派ライトギャグ系エロですから。
■機械田零士朗『リップテイル』:〇 妙に萌えるんだがファナティックだよなあ。
■鷹勢優『なまいきエプロン』:▽ 実はものすごく病的な気も。遠慮が無いからか?
■ジェームスほたて『Teach me it』:△ 今回はネタ切れ的だし萌えも少ないかと。
■RT.『ナマイキなあいつ』:▽ 脳内すぎてクラクラ。独特のエロさはあるが。
■諸田鎮孝『そんな休日の昼下がり』:× 量産で絵もネタも磨り減っているのでは?
■上連雀三平『ANAL×ANAL』:▽ この人も病的。絵は性器以外妙に改善されたが。
■ほしのふうた『プールの仲』:▽ こんなに女性を漁色的に描かなくても良いのでは?
■きりがくれたかや『空はどんなに高くとも』:▽ 妙に救いが無い話が最近多いが?
■中ノ尾恵『貢くんのショ体験(笑)』:〇 微妙だし古いが今回はうまく嵌まった感じで。
■T.K―1『セクハラ先生さん』:× 絵も設定も話も微妙に好みとずれているので。
■有頂天『あまえてもいいよ』:△ エロいんだが妙に説明過多だし叫びすぎというか。


【GUSH 1月号】 好きな漫画の単行本化を待ったほうがいいような気もするが・・・。
■越智千文『breath』:▽ なんだかなあという展開。あとみんな顔が六角形・・・。
■葛井美鳥『熱愛コンプレックス』:▽ こんなマイペースな攻も泣き虫な受も嫌・・・。
■タカハシマコ『ドーナツ通信』:◎ こういう切ないなりにお馬鹿なのもツボだなあ。
■千歳ぴよこ『恋する君へのプレゼント』:▽ あり得ない話でもエロで人気なのか?
■はしだ由花里『カブキ』:スルー なんだか話についていけなかった。
■星野リリイ『都立魔法学園』:スルー 本当に人気あるよなあ・・・。
■羽原ちより『Ⅰ WISH…』:△ 絵も展開も微妙だがラストのエロとオチに免じて。
■かんべあきら『焔の鎖』:× 相変わらず妙に自陣過剰で思わせぶりで自己完結。
■七唄あむ『イノセントフラワー』:× エロを入れたいのは分かるが展開が突飛過ぎ。
■いわさき砂也『お仕事しまショ!』:◎ アニメ絵もお馬鹿な主人公もたまりません。
■深瀬紅音『ポケットセンチメンタル』:◎ 心情がリアルでその若さに萌えますなあ。
■羽崎やすみ『学園ルンバ』:▽ キレが無いよなあ・・・。
■鳩村衣杏『絶対に負けない恋愛』:スルー 来月号が出たら一気読みするので。

(初出:『Ethos』「やおい雑記」。本記事は2006年10月12日に転載されたものです。)
[PR]

by bonniefish | 2004-12-08 02:11 | 漫画感想 | Comments(0)


<< 露見する馬脚      走るは師のみにあらずして >>