Ethos-Annex

tanbi3.exblog.jp
ブログトップ
2004年 10月 28日

心身の風邪

要はセルフコントロールが及んでいないだけなのですがねえ。いやはや。
小説は6冊読みましたが感想はこのささくれが治まってからものさせていただきたく。
ストレス故か買い溜めた分もまだ8冊ありますしねえ。いつ片付くやら。

今のところ本サイトに辿り着くためには原則として検索サイト経由になる訳ですが、
どうやら小説より漫画のタイトルや作者での検索中に辿り着く人が多いようでして。
ところがご覧の通り漫画については場繋ぎとして始めた1行コメントがあるに過ぎず、
一応のメインは小説の個人的感想な訳ですから、ある意味詐欺だなあとの思いが。
時間や手間や私の批評眼の欠缺のせいですので仕方無いと開き直ってはいますが。
・・・でもけなしたり嫌っている作者名で検索して来た方には妙な罪悪感も感じたり。


【Dear+ 11月号】 なんでセバがないの? 単行本4巻の書き下ろしに忙しいのか?
■一之瀬綾子『スタンバイ。』:△ 初回なのでとりあえず。絵が雑に見えるが気のせい?
■志水ゆき『是―ZE―』:▽ 人が多いし展開もキャラの登場も唐突でついて行けない。
■蔵王大志『僕たちは明日に向かって生きるのだ』:× 話の脳内度はさすがですな。
■月本てらこ『惑性'.s』:▽ これも訳が分からないかも。前の話を覚えていないし。
■高群保『JAZZ』:▽ 展開にひねりがないし曲などの小道具がどうもダサく見えて。
■門地かおり『生徒会長に忠告』:▽ 要素要素は面白くない訳ではないが意味不明。
■カトリーヌあやこ『SLEEPER』:スルー 完結したら読み返そうかという気もするが。
■藤田いちか『ラストゲームは私と』:スルー 絵でアウトなのに話でも目が滑って。
■小都恵萌『CANDY GANG』:〇 絵に躍動感が全く無いがノリやオチは好きなので。
■こいでみえこ『唇に甘い毒』:× クールにもやんちゃにも見えないんだってこの絵じゃ。
■楢崎壮太『やればできるさ3』:▽ ただすれ違ってあっさり解決というだけではなあ。
■西田東『影あるところに』:× キャラも話も壊れてきたしこの絵で雑だしもう十分では?
■えみこ山『懐疑は踊る』:× 話は進まないし絵は雑で白いし、同人誌レベルでは?
■松木加斎『夕暮れクラクション』:◎ 攻の安直化や兄のステロさはあるが味があって。
■やまかみ梨由『太陽のロマンス』:× 散々引っ張っておいてやはり最後は奇跡ですか。
■志々藤からり『Choose me?』:◎ 相手の設定はどうかとは思うが上手く纏めたなと。


【GUSH 11月号】 ついに某所にテンプレが登場しなくなったか・・・。確かに微妙だが。
■はしだ由花里『カブキ』:△ メインキャラの絵がどれも安定していないってどうよ?
■扇ゆずは『浴びる純情』:スルー 絵がとにかくダメで。話も一人称で見えにくいし。
■越智千文『breath』:△ 無難に進む話。しかしエロは妙にみんな筋肉質っぽいなあ。
■裕也『ろくでなしの恋』:▽ キャラが皆脳内ステロだし全然劇団っぽさが無いし。
■日の出ハイム『梅の谷桃源郷』:◎ どぎつめのエロも味かなあと。ただ設定は微妙。
■ホームラン・拳『ぼくとアクマと魔法のことば』:▽ やはり訳が分からぬまま終わった。
■宮越和草『ゴールド・フィンガー』:▽ 攻の言動が微妙だし話もステロ。絵もうるさい。
■桜川園子『花もいばらも!』:スルー 性格設定も外観も全てがありえなさ過ぎて。
■氷室桜『異文化恋愛事変』:〇 展開が唐突でベタだが絵やエロがツボなので。
■金沢有倖『逆らえねェよ!』:スルー 名前を見るだけで絵が浮かんでしまい鬱。
■深瀬紅音『ポケット・センチメンタル』:〇 話がどっちつかずで中途半端なのが惜しい。
■羽崎やすみ『学園ルンバ』:▽ ネタ切れ感が強いなあ・・・。


【少年嗜好 6】 やはり休刊ですか。各作家に好き勝手をやらせすぎだったからなあ。
△:カスカベアキラ『リリー・マルレーン』: ナチネタ×だし少年兵にしては幼すぎだが。
▽:鬼窪浩久『夢色お勉強会』、かげちん『真琴』、星逢ひろ『ハチガネとレン』
×:Macop.『幸福追跡機』、諸汰鎮孝『奏でられる音』、みにおん『アニマ』、
   田倉まひろ『ふれあいわんわんSCHOOL』、蒼隆行『バイブでいこう』
スルー:鬱之宮鸞侍楼『ゆらゆら』、坂本ハヤト『雑誌廃刊男ハヤト』、


(初出:『Ethos』「やおい雑記」。本記事は2006年10月12日に転載されたものです。)
[PR]

by bonniefish | 2004-10-28 00:32 | 漫画感想 | Comments(0)


<< エスケープ病      賽の河原の石積み・続き >>