Ethos-Annex

tanbi3.exblog.jp
ブログトップ
2004年 10月 10日

I got no rule

以下はコミック系。またテンプレ自作ですよ奥さん(?)。ダメダメ過ぎ・・・。


【ショタみみLOVE 4】 一定の画力で纏めた辺りは老舗の貫禄か。ただ話が微妙・・・。
●かたぎりあつこ『シネマチック★キス』:〇 この人の頑張ったエロを見てみたい気が。
●秋緒たかみ『猫吏』:▽ 時代設定に意味が無いしこのキャラは何? エロも長いだけ。
●nicoco『うさずきんちゃん』:△ エロとほのぼのだけなのに読めてしまう自分に驚愕。
●水龍玲太郎『うさぎ』:▽ 前半引っ張った意味もなく唐突にエロに入るのはどうよ。
●BENNY’S『食え!! 猪名ブー』:▽ だからこのキャラとタイトルは何のつもり?
●犬丸『ジャングル・ファナティック・ブギ』:△ こんなネタ続けず普通の話描けないの?
●水内繭子『夏と君、君の瞳』:▽ 受のエロさが唐突過ぎ。襲われるのも無茶では?
●カメイ与五郎太『白栲のしおり』:△ 今回は話が進んでおらずついていけたので。
●牛乳リンダ『お見舞でえと』:▽ ここまで第三者を絡ませる必然性がないのはお見事。
●星逢ひろ『失恋の国』:× キャラ描き分けられてないし設定は意味不明で脳内っぽい。


奥田七緒『隣人をアイそう』:△ 全て互いの好意を前提とした話なのは正直どうかと。
                    お約束やネタの処理には独自性も見られ悪くないが。
木下けい子『君とハルジオン』:△ そんな程度の関係だけで未成年を引き取るか?
                      雰囲気は秀逸だが話の内容が薄いのがなんとも。


アマゾンで出てくる「本のおすすめ」の内容が毎度かなり的外れなのに脱力気味。
新刊を買い逃したものや作家買いで買うときにもアマゾンを使うことが少なくないため、
801本を紹介される(この時点でかなり嫌・・・)のだが、それがまたひどくて。
なぜか普段「金を貰っても読みたくない」と思っている漫画家や小説家の作品が
お勧めとして紹介されることが多く、怒りというかやるかたない気分にさせられてしまう。
使わなければいいのだが、この機能で好きな作家の新刊発行を知ることも少なくなく、
まさに痛し痒しという感じで。でもリーフとか紹介されたらもにょりますよねえ・・・。

(初出:『Ethos』「やおい雑記」。本記事は2006年10月12日に転載されたものです。)
[PR]

by bonniefish | 2004-10-10 01:11 | 漫画感想 | Comments(0)


<< 百代の過客      Is it joking or... >>