2004年 09月 29日

O Pastor

秋休みも残り僅か・・・。


【Dear+ 10月号】 一番水は合います。×の話でも読めなくはないし。評価は厳しめ。
■志水ゆき『是-ZE-』:▽ 出来上がったホモカップルが多すぎるし話は安直だし。
■高群保『JAZZ』:× ひたすらすれ違いだけか。サックスくらいまともに描けよ・・・。
■松本花『がっこうのせんせい』:〇 でも何でこの雑誌に載っているんだろう?
■池田乾『戦う!セバスチャン』:◎ 多少品がないですが安定して黒く笑えますな。
■えみこ山『懐疑は踊る』:× 主人公はこのヒゲの親父だよね? 違うの?
■吹山りこ『Organic Romeo』:× こんなホストに金落とす女はいないって。
■蔵王大志『僕たちは明日に向かって生きるのだ』:×× 無神経だし頭悪過ぎで。
■南野ましろ『タカトリキングダムキングス』:▽ 意味不明だが小ネタで笑えたので。
■南野ましろ『うさしくん』:△ これも何で載ってるのかねえ。 今回はあまり良くない。
■ネオ・スナオ『君のトナリ』:〇 ガキっぽさがうまく出ているなあと。ちょっと電波?
■高橋ゆう『挑発∞』:△ まあこういう受の懊悩はツボだけど他がひどいからなあ。
■日の本也『無情ロマンチスト』:▽ ページ倍にしてうまく弄れば結構面白そうなのに。
■瀬名ミチカ『一生オレについてこい!』:△ ノリは好きだが足より小さい頭ってどうよ?
■こいでえみこ『唇に甘い毒』:▽ 目がでかくて頬が広いから不気味で不気味で・・・。
■西田東 『影あるところに』:△ くっつけるにはややエピソードが弱いか。あと絵がね。
■久我有加『カッコ良くてカワイイ君』:× 何がコラボだか。関西弁しかないのはデフォ。
■朝丘みなぎ『過感傷』:◎ ただ教師や彼女は後味良く処理できたはず。何の意図が?


以下801漫画をいくつか。いつの間にか五段階評価がついてるなあ・・・。
芳本茂珈『恋の味、蜜の味』:〇 ご都合なショタエロではあるが、まあそれはそれで。
あらなが輝『ちびっこ倶楽部』:▽ 以前ドツボな作品を読んで以来押さえてはいるが。
深瀬紅音『ポケット・センチメンタル』:◎ 各キャラの青い懊悩に悶絶。誘い受だし。
村上左知『俺の気も知らないで』:△ 前読んだ新作と比べ目がちょっと。あと話が浅め。
九条AOI『ラブ・シェア』:△ 絵が古臭いなりにも進化はしていることが分かって驚愕。
藤成ゆうき『隣のおにいちゃん』:〇 微妙だがエロが好みっぽいので。業よのう・・・。

(初出:『Ethos』「やおい雑記」。本記事は2006年10月12日に転載されたものです。)
[PR]

by bonniefish | 2004-09-29 23:38 | 漫画感想 | Comments(0)


<< O Fim da Estrada      得られない年甲斐・続き >>