Ethos-Annex

tanbi3.exblog.jp
ブログトップ
2004年 09月 14日

人は易きに

今月に入ってからの更新ペースはまさに笑止としか言いようも無く。

発作的にくおん摩緒を2冊とねこ田米蔵の同人アンソロをネットで購入し読む。
考えずに読めるエロが欲しくなったのだが、やはりストレスからか知らん。
あと心を癒すため個人的バイブル、鷺沼やすな『その日、僕たちの爪と歯は。』再読。
この話は何度読んでも文体と話に引き込まれ、共感し、余韻にたゆたうことが出来て。

最近小説を読む余裕がないのはご周知の通りですが、そもそも読む本が無いですね。
購入意欲をそそる本が本当に少なくなってきている気が。年のせい? 趣味の問題?


くおん摩緒『たのしくなかよくやさしくしてね』:◎ ・・・我ながら業が深いなあ・・・。
くおん摩緒『Blurry Moon』:△ 心理描写なんてできるわけないよなあ。漫画でも。
『AP THE BEST山田・D・米蔵』:〇 エロ目当て。ただ何一つ元ネタを知らない・・・。


【BE×BOY GOLD 10月号】(テンプレはおなじみ某所より) やはり微妙だ・・・。
■新田祐克『ハーミット・クラブ』…▽ 巨頭だしエロが動物的だしキャラも自意識過剰。
■中村春菊『Hybrid Child』…△ 死なせる理由も状況も安直だしオチと繋がりないし。
■ふくやま省子『誘惑メニュー』…〇 微妙な古さからかつての801の懐かしい香りが。
■やまねあやの『ネイキッド・トゥルース』…× 話が浅くただドエロなだけ。絵は綺麗か。
■みなみ遙『花色バージンソイル』…△ ここまで突き抜けるとまあそれもありかと。 
■夜桜左京『ラブ、ライン、ゴーゴー。』…〇 すれ違いものだが楽しめた。絵に歪みが。
■鳥人ヒロミ『饒舌な試着室』…△ キャラの癖が皆嫌な感じで。雰囲気はあるが。
■富士山ひょうた『悪態は吐息とまざりあう』…△ まともなキャラも見たいなあと。 
■宮本佳野『手をつないで、空を』…▽ いやだよこんな高校生。絵もなあ・・・。  
■西村しゅうこ『舞い降りた恋人』…▽ 絵がB4向きじゃない気が。中身もないしなあ。
■本仁戻『DOG STYLE』…〇 絵は△だがエロに悶絶。自分に本仁ツボがあったとは。
■阿川好子『俺様な旦那様』…× 幼時からの主従ありがち過ぎ。エプロン好き向け?  
■杜山まこ『甘いゆらめき』…△ 悪くないが無難というか印象に残らない。画面白いし。
■かゆまみむ『アンド+センチメートル』…スルー 信者でもいるのか? キモいだけ。
■みささぎ楓李『オヤジ回廊へようこそ』…△ 折角なんだしちゃんと萌えを語れよ・・・。

(初出:『Ethos』「やおい雑記」。本記事は2006年10月12日に転載されたものです。)
[PR]

by bonniefish | 2004-09-14 00:10 | 漫画感想 | Comments(0)


<< hopscotching      懶惰の窮み >>