Ethos-Annex

tanbi3.exblog.jp
ブログトップ
2004年 01月 29日

後処理

下の日記に誤字があったのであちこち訂正・・・。ダメダメ・・・。


火崎勇『もう一度キスして』はどこかでで既読だったようだ。続編は記憶に無いが・・・。
例によって微妙に固く説明過多な文章で、機械的に書いているのかと思ってしまう。
特に続編の冒頭で状況を説明するあたりは本作に限らずどの作品でもノリが同じで
10ページくらい読むまで初読だと気付かなかったくらい(笑)。
ありがちな互いの心情のすれ違いなのはともかく何でこんなに言い訳臭いんだろう。
あと突然登場して悩みを打ち明ける友人というのもパターン化していてどうかと思う。

まあハーレクインのように定番パターンを望むファン層が多いことを考えれば、
自らの築いた地位やイメージを崩さず量産している点はお見事なのかもしれないが。
でもこれっていわゆる「萌え」から最も遠くなるような気がしなくもないのだが、
売れている点から見れば萌えている読者もいるのかも知れず、仮にそうだとすると
分からないなりに私が持っている「萌え」のイメージが違うという事になりそうだ・・・。


そういえばまた801板の消えてスレで鷺沼やすな女史が話題になっていたなあ。
確かにお金の人との合同同人誌の話を聞いた時は激しく驚いた記憶がある。
まあ話題となっていた「昔からの発言」とやらを全く知らないので何ともいえないが、
ちょっとした言葉尻を捉えて小馬鹿にしてるだけという気もするが。場所も場所だし。
プライベートで至らない点があっても作品の質とは直接的には関係しないとも思う。
まあ私は間違いなく鷺沼信者なので、目が曇っている部分もあるんだろうなあ。
稀有な作家だと思っているので、ああいった場所で名前を見てしまうと気になる。
いろんな読者がいるのは当然だから聞き流せれば良いんだろうけどねえ・・・。

(初出:『Ethos』「やおい雑記」。本記事は2006年10月12日に転載されたものです。)
[PR]

by bonniefish | 2004-01-29 16:49 | 小説感想 | Comments(0)


<< エネルギー低下      「もにょる」 >>