Ethos-Annex

tanbi3.exblog.jp
ブログトップ
2004年 01月 28日

「もにょる」

これも私の趣味がばれそうな語彙ですが、意外と便利なんですよねえ・・。
週末はプライドを捨てるためのあがきに忙しかったので更新せず。いやはや。


あまり801を読む時間も無く、3冊しか読んでいないのだがどれもねえ・・・。
まずはせんとうしずく『恋の逆襲ゲーム!』はネタが・・・。
昔いじめられっ子だったキャラが二次成長で一気に男前になって元いじめっ子を攻める
というのも非常に良く見るパターンだがまあそれはラピスだから仕方ないとして、
作中で受がいきなりBLゲーをやってハマり出すというのにはついていけなかった。
まあ受はエロゲー自体やったことがないという設定だからあり得ないとは言わないが、
そんなものを題材にされた時点で個人的には萎えまくってしまう。何がしたいの・・・?
他はラピスとしては感情の動きとかをそれなりに書けている気はするけどねえ・・・。


麻生雪奈『ろくでなしHearts』は微妙。自分が年を食ったことを実感させられた。
設定も悪くないし筆力もある作家だし、『制服』はよく読み返す数少ない本の1冊である。
でもなんか妙にキャラが理屈っぽいというか説教くさい感じで、読んでいてイライラする。
キャラや地の文がが正論を吐きすぎで、青臭いと言うか入り込めないものを感じたし。
要は私がひねていて正論を真正面から言われてもくさすしかないということなのだが、
BLでやられてもしょうがないと言うか萌えにくいと言うかとにかくやりきれない。
この本も悪くないんですよ。受や攻のそれぞれの葛藤とかそれを克己する様とか。
まあ攻の行動がとっぴ過ぎるのと受があっさりそれを受け入れてるのはご愛嬌ですが。
あばたもえくぼ、「運命の出会い」にケチをつけるほど野暮なことも無いでしょうて。
とにかくもっと恋愛話を素直に書いてくれないかと切に願う。作者のメッセージ性強すぎ。

つうかこういう作家としては他に火崎勇やたけうちりうと辺りが思いつくけど、
なんで筆力あるのにわざわざそれを壊すような地の文をつけるんだろうか・・・。
やはり恋愛譚以外の言いたいことがあるんだろうなあ。それは良くわかる。
だったらサイトの日記とかでやってくれればいいんだが。作中人物の口を借りずに。
もちろん作中人物がメッセージを吐くことは全く構わないし好ましいとも言えるけど、
あまりにも多すぎたり恋愛との関連が薄すぎたりすると流石に萎えるなあ・・・。


嶋田まな海『ここが僕らのお城です』も微妙な感想。
ホモに溢れる男子高学生寮と言うネタの割に主人公へのブラインドのかけ方がうまく、
また軽いトラウマから来るホモへの嫌悪感と言うのもそれなりに料理できているのだが、
肝心の恋愛感情を育む部分が致命的に薄い。というか殆ど書かれていない。
暴走した攻から言い訳として「好きだ」と言われ、謝られてそれを受け入れる過程で
少しは受として心中を整理した描写はあるものの、そこから攻を受け入れるまでが
あまりにもあっさりしすぎ。しばらく過ごしてたらいきなり「好き」とか言い出してるし。
もとから潜在的に好意があったのはわかるが、一応トラウマや嫌悪の具体例まで描き
それで一旦関係をこじらせたあとの処理としては、あまりにもなおざりな気がする。

もう一本別カップルの話があるが、これも「気付いたら相思相愛でセックス」と言う感じで
どのようにお互いの感情が恋愛へと踏み出していったのか殆ど書かれていない。
「男は当然男にほれる、女って何?」という801ワールドな世界観なのだとしたら
(その可否はともかく)まだ判らなくもない展開だが、この本はそこまで行ってもないし。
(つうかそんな世界観の本だったらそもそも手に取らないし読むのに耐えられないけど。)
前半ぐだぐだ悩みを書いた癖にあっさり相思相愛になってHと言うのにも萎えてしまう。

あと別カップルの話はいきなり寮生が一致団結して、受けと敵対する義兄や父親を
やり込めるのだが、この辺りが誠に単純に処理されているのにももにょってしまった。
そんな簡単に親子関係が片付くかと、どんな世界かと、ご都合もいい加減にしろと。
まあ801ワールドの話なんでこんなところに突っ込んじゃいけないとは思いつつも、
作品の想定する読者レベルに照らしてそれなりにうまく処理してくれよと思ってしまう。
まあナンバランとかこうじまが好きな中高生には丁度いいんだろうなあ・・・。

実家からここ書くときはいつも酔っている気がする。筆が滑る滑る(笑)。
うかつにこんな底の浅い難癖をUPしてはいけないんだろうけどねえ・・・。

(初出:『Ethos』「やおい雑記」。本記事は2006年10月12日に転載されたものです。)
[PR]

by bonniefish | 2004-01-28 02:38 | 小説感想 | Comments(0)


<< 後処理      偏在と同定・続き >>