Ethos-Annex

tanbi3.exblog.jp
ブログトップ
2006年 07月 06日

残業か飲みかで

その日のうちに帰宅することが殆んど無い状況というのはいかがなものか・・・。

昨夜未明我が家のまさに目の前で捕り物劇があり、パトカー数台と警官十数名が出動、
見事に住居侵入犯(若い女性宅に入ろうとして見つかった男)を捕まえたそうなのですが、
ビール→芋焼酎ロック→冷酒のゴールデンタッグの後だったためまったく気付かず爆睡。
庭に犯人の遺留品(靴)が残っていて、両親とも事情聴取されたほどだというのに・・・。

あと関係ないですが、母校のOB会報に『国家の品格』からの引用があって激しく鬱に。
この本に関しては私の敬愛する佐藤亜紀女史が止めを刺してますが(翌日の記事でも)。


【Dear+ 7月号】 段々薄くなってくる辺りに不安が。特集なぞ要らんからセバを・・・。
◎:三池ろむこ『オーロラ レイルウェイ』: 青春の切なさ系が全開でたまらないなあと。
                         ただ恋情への高まりがやや弱いのが惜しい。
   月本てらこ『惑性.'s』: 雰囲気に流されたとの述懐は△だが後朝シーンにただ悶絶。
〇:窪スミコ『メリー・ゴゥ・ラゥンド』: 攻が30代には全く見えない辺りがねえ・・・。
   一ノ瀬綾子『姫式家族計画』: 切れ物らしきキャラが多すぎるせいで話が見え難い。
△:夏目イサク『だから今もこれからも』: 悪くは無いけど単行本のオマケのネタだって。
   西田東『天使のうた』: 描きたい物を描いていれば読ませる何かはあるかなあとも。
▽:立野真琴『マティーニ攻略法』、橋本あおい『東雲荘物語』、
   梅太郎『愛シイコトバ』、鳥人ヒロミ『彩おとこ』、依田沙江美『よるべなき男』
スルー:志水ゆき『是-ZE-』、南野ましろ『はちみつ光線大作戦』、
     秋月杏子『桐屋ブックセンター美男坂店』
[PR]

by bonniefish | 2006-07-06 23:54 | 漫画感想 | Comments(0)


<< 人格と品性が疑われる話      怒涛の注文 >>