2006年 06月 19日

断罪前の弛緩

過去の結果、今後の勤務先のいずれにも危険な情報ばかり入り鬱は募るばかりですが。
さいたまドライブで深夜豪雨の中の県道を爆走しても生殺しの憂さは晴れませんでして。

とりあえず今週中にマガビーには手を付けておきたい所です。折角発売日に買ったのに。


前回深瀬紅音の感想にも書きましたが、受が女性週刊誌の恋愛特集や占いを見るのって
結構良く見かけますがどうなんでしょうかねえ。自分だって男なのになぜ女性誌を見る?
男性の恋愛対象となる点での共通性は分かりますが、女性向けに編集された記事より
自分の心情の方がまだあてになるんじゃないかと。異性という彼岸では無い訳ですし。

まったく精神的には女性で身体だけ男性というキャラなら納得できる行動ではありますが
そうではない受の行動としてもまま見ますし(そもそも上記のような受は傍流系でしょう)。
この辺の「受」と「女性」との微妙な距離感のようなものに以前から関心はあるのですが、
(おそらくセクシャリティーも絡むでしょうし)業界にコンセンサスがあるのかも微妙そうで。

書き手・読み手共に諸々の事情がある中で無理に共通項を括っても意義は薄いでしょうが
「受」を男女間のどこに位置づけるか(実軸)、及び概念に虚構性をどの程度含むか(虚軸)
この2点で数値化して、複素数平面上で表してみると面白いかなあと最近考えています。
まあ心理面と肉体面の2図が必要になりそうですが(苦笑)。何せ801穴やら裏向きやら。

ちなみにそれぞれの値が-1から+1までレンジを取るとすると、昨今の801の標準像は
肉体面が1/3+iくらい、心理面が-1/2+3/4iくらいかなあと思われます。進む虚構化。
個人的には肉体面が3/4+1/4i、心理面が1/2+1/2iくらいな感じが好みかなあとも。
[PR]

by bonniefish | 2006-06-19 23:59 | 801雑記 | Comments(0)


<< 執行延期      翻弄される日々 >>